人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

夢追い人
また喉が腫れてきたらしい。やばい。
前回みたいな大惨事をさけるため、せっせとうがいをし、
C1000タケダを飲み、VC3000タブレットを口に入れる。
食べ過ぎて、舌が痛くなってきた。(おばか)

今日から彼が家にいる。といってもずっとではないけれど。
先週末無事に退職を果たした彼は、これからある意味フリーターになるのだ。
これはなかなか楽なことではないし、妻・子供を持つ父親としてどうなの?と非難する人も少なくない。
が、夢追い人の彼は、自分の意にそぐわぬ会社務めがほとほと嫌になったのだった。
もちろん最低限の収入を確保するため、先生やったり、ネットに記事をかいたり、そんなこんなで食いつなぐ予定なんだけど。
当面、私は一家の大黒柱(エッヘン)みたいな、気分なのである。いや、実際そうなんだわ。
そう、病に倒れている場合ではないのだ。

そもそもこの病は、いつものごとく大洋から送られてきたもの。
二日ほど前からまた咳して鼻水たらしている彼は、夜になると鼻が苦しいために何度もおきてぐずる。
私たちのベッドに進出してきて、暴れる。
その結果、大洋は私の枕を占拠して、ぐうぐう寝て、私は落ちそうになりながらベッドの端で寝たのか寝ないのかわからない夜をすごす。
今朝まだ少しだるそうな大洋を彼に病院につれてくように頼む。
こういうときは便利だ。フリーターのだんなって。

by mizuhonn | 2005-10-31 16:32
ベリーダンサー?!
ダイエットしなくては。昨日、今月何度目かの決意をした。
久しぶりのジム。体調を崩していたので二週間ほどごぶさたしていた。
体重もだが、なにがって体の線がめちゃめちゃくずれてるじゃないかっ。
この腹…こればかりは妊娠出産の勲章♪と、笑っていられない。
母乳をあげていたら太らない、と調子にのるのもいい加減にしないと、
気づいたら恐ろしいことになっていた。

やばいよ、絶対ダイエットする。
何度聞いたかわからないこの言葉に、彼はうんざりしたように言う。
You don't need it. 必要ないって、なんでさっ。
アメリカではママというものは大きい、もとい、太っているのが当たり前。
日本の妊婦が体重を気にしたり、産んだ後にすごいダイエットしたりするのがわからない、おかしい、と言う。
私なんてそこからみると、まだまだやせっぽちだそうな。
でもここは日本で、アメリカのbig mamaになっちゃ困るんだって!
もともと彼はガリガリが嫌い。平らなお腹、より少し脂がのってるくらいが気持ちいい、ととんでもないことを言うのである。
でも私がイヤなの!というと、誰のために?僕がそっちが好きだっていうのに、痩せる必要がどこにある?
うー…だから自分のためなのだ。自分が服がはいらなくなったり、たるんだお腹をみるのがイヤなんだって、といってもなかなかわかってはもらえない。

こうありたい、と思うのは、果たしてかれ、ダンナ、のためなのだろうか?
自分で満足していたいからなのではないだろうか?
わからん…
そして腑に落ちない顔をしていた私に彼がとどめをさした。
You can be a great belly dancer!
な、なりたくないってばー!それって腹がでっぷりしてるってことじゃないのっ!
ちくしょー。

by mizuhonn | 2005-10-30 21:49 | 美容と健康
初ブーツ
今日この冬初ブーツをした。
9センチヒールのすごいヤツ。
妊娠中、そして去年もほとんど登場の場がなかったこの娘たち。
今年はまたがんがんお世話になることでしょう。

e0068103_20124541.jpg


by mizuhonn | 2005-10-28 20:12 | ファッション
男親の気持ち
旧友にあった。
彼は7月に父親になったばかり。
6年ほどつきあっては別れを繰り返した彼女と、ベビー誕生を機に結婚に踏み込んだクチ。
そう、うちらと同じ。

話題の90%以上はベビーの話である。
彼は気兼ねなくベビーの話ができることが、嬉しくて仕方ないのだという。
結婚してない友人、していても子供がいない友人には、そんなに話ができないと。
そのキモチはよくわかる。人の赤ん坊の話など、実はそんなに面白いものではないのだ。
写真を山ほどみせられても、かわいいね、以外の何がいえよう。
同じようにコドモをもつ場合は、話題が共通であり、また自分の話も聞いてほしいから相手のがきんちょの話も聞くわけだ。

しかし彼のベビーは、ほんとにママ似だった。
私は正直に言った。
もちろんベビーの顔は日々変わるので、だんだんと彼にも似てくるだろう。
が、この段階では、彼女のミニチュアみたい。
彼の友人は気をつかって、彼ににてるところもある、と言うそうだが、彼は自分はどこも似ていない、と認めている。
それでもわが子はどーやったって、かわいいから不思議なのだが。
男の人はでも、ナントカ似てるところを探したいんだろうな。
そこが、自分の体から実際でてきた女の人と、ちょっと違うかも。

ちなみにうちのボーヤも、いまんとこどっちかという私。
彼に、「このへんっ。このあたまの、つむじのあたりとかソックリだよ!」
と言ったら、がっくり肩をおとしていた。
でも本当に、似てるんだもん、そこが。

by mizuhonn | 2005-10-27 16:34 | その他 Others
歩く歩く、転ぶ、そして歩く
一歳一ヶ月を機にいきなり歩き出した大洋。
普通は歩き出して、しばらくは家の中だけで歩いて、
靴をはいて外を歩けるには間がある、という。
が、大洋はそれまでにためておいていきなり爆発する形をとったのか、
家の中で歩くようになったらスグに外でも歩くようになった。
靴もいやがらない。
まずは手を引いてデパート内からはじめ、今ではちょこちょことではあるが
一人で道路を歩いたりする。
(多分車の運転してる人からみると、すっごい嫌な親子の図)

歩く速度が徐々に速まり、ぼてっと転ぶ。尻から転んだときは
むっくとすぐに立ち上がり、また歩く。
時に顔から転ぶ。このときはさすがに泣く。
見てるこちらもはらはら。顔から石段にでもつっこんだら大変だ。
横で手を出し声をだし、ほんの50メートルの間にこっちが疲れてしまう。

今朝も散歩にいき何度も転んだ。
でも手をひこうとすると振りほどく。
転んでもいいようにグローブでもはめるか?
これも皆が通る親ばかの道なんだろうか…。
e0068103_17151461.jpg


by mizuhonn | 2005-10-23 17:16 | 大洋
顔は…
さて、ようやく病は回復の兆しをみせた。が、腫れはなかなかシツコイ。
何故顔、なんだろう?リンパ腺が腫れているのだから当たり前だが、
顔が腫れるということがこんなにも嫌なものだとは。
自分は見るに耐えない不細工とはいわないが、絶世の美女でも
モデル並みでもない。人間外見じゃないさ、と思っていたわけである。
それがどうだろう、こんなにも見かけに執着していたということに、
気づかされる。

二日ほどはかなり腫れて、痛みもあり、熱もありで辛かった。三日目になり
熱は下がり、痛みも薬が効いてさほどでもなくなった。
が、しかし、である。
腫れている。オタフク風邪といったほうがよさそう。
ある日起きたらいきなりものすごいデブになっていた、という感じ。顔だけ。
そんな状態で仕事にも行かなくてはいかず、まあ休めないこともなかったのだが、
強がって出勤した。
電車の中でもオフィスでも常にうつむき加減。
見知らぬ人には、私普段はこんな顔じゃないんですっ、と言いたい気持ちになり、
同僚の無理しなくてもよかったのに、といういたわりの言葉が、
そんなヒドイ顔で出てくんなよ、と聞こえる。
ああやっぱり家にいればよかった、布団かぶってひたすら寝ているべきだった!

体がラクになっているにも関わらず、精神的にすごく塞いだ二日間。
まだ腫れは完全にはひいていない。
自分の隠れた脆さがまた発見された。
美女は美女なりに、普通は普通なりに、不細工は不細工なりに、
やっぱり顔は女の命。自分の中でベストな状態でいないことには。

リンパ腺の腫れがひいたら、エステでもいってこよう。

by mizuhonn | 2005-10-23 17:06 | 美容と健康
母の休暇に愛の手を
数日間すごいことになってた。
どっかで(たぶん先週末友達と飲んでたとき?)
悪いウィルスをもらい、リンパ腺にはいりこまれてしまい、
ぼわわーんと腫れた。
腫れるというか膨らむというか。
そしてもちろんイタイ。熱もでる。
オタフク?と思ったけどそうではないという。
でも見た目は完全にオタフク以外の何者でもなし。
まさに、オタフク。自分が10キロ太ったらこんな顔です、と
証明された。
二日間会社を休んで病院にいき、ひたすら寝た。
寝ても寝てもまだ眠い。
疲れがでてくるころですよ、と医者はわかったようなことを。
そんなの自分でもわかってるよー。が、そんなに休んでもいられないのだ。
即効効く薬をくれ!

どんなに病んでいようと、会社は休めても母親業は休めない。
パンパンに顔を腫らした私にうれしそうにとびつく大洋。
(わーマミーも僕とおんなじ顔になってるー、と思っているに違いない)
夜も泣いては私のほうにすりよって、ときにはそのかわいい手でパンチしたり。
抱っこができないほどの病ではなかったので、結局ゴハン食べさせたり
寝かせたり、普通に世話することになる。
ああ、何も考えずにひたすら寝ていたいなー…
と、自分の母も何度思ったことだろう。ゴメン、肩をたたいてあげるよりも
買い物に行ってあげるよりも、なにより一日ほっといて寝かせておいてあげるということを
してあげればよかった。

そう、世のなかの皆様、今からでも遅くはありません。
疲れたハハオヤを寝かせてあげましょう。

by mizuhonn | 2005-10-21 14:04 | その他 Others
Tazからの料理バトン
おおー得意分野とは言いがたい。
しかも今までの足跡みるとすっごい面々。
私はとにかく自己流の王様なんだよー。


○レパートリーの数は?
不明…どこまでがレパートリーと呼べるものなんだろうか?
20?30?お菓子もいれたらそのくらいはいくかな。
パスタを種類ごとにわけたらもっとかな。ずるいって?
お客様料理はラザニアと箱寿司かな。

○最後に作った料理は?
ゆうべの彼ようのゴハン。豚肉のしょうが焼き。うっ、あまりにも定番だなー。
あ、違う、朝ごはんだ!両目玉焼き!大洋くんのパンケーキ!

○最後に買った食材は?
昨日買い物した豆腐と卵。豆腐は最近ほぼいつでも冷蔵庫にある。

○思い出に残る自作料理は?
よい思い出→ブラウニー   人間じゃない!と思うくらいの量を彼が食べたほど絶賛
悪い思い出→ティラミス   バレンタインに作って持ち歩いてたから、食べるころには溶けててお菓子つくり史上初、イマイチな味だった

あ、両方お菓子になっちゃったな。
あとはフライパン三枚分焼いて全部なくなった手作り餃子。

○好きな店を3つ挙げてください
●恵比寿のCardenas   
   誕生日につれってもらった。とにかくおいし~!今まで行った中でもピカイチだ。

●原宿のSoho's
   ここは婚約した思い出の場所だったりする。味というよりは雰囲気かな。

●代々木上原のカーサベッキア
   気軽なイタリアンで、お店の人が二重丸。あ、もちろん味も。特に常連のにーちゃんと行く私は優遇されてデザート盛とかもらっちゃうもんだから、もうタイヘン。

最近のお気に入りといえばこんな感じかな。他にも色々あるけど、番外編でいえば下北の汁べえ。居酒屋だけどおいしいし安いし。我が家のお気に入り。

バトン、だれがやってくれそう?
nicoちゃん、料理はどうだい?よだっちは他の料理バトンやってたな、確か。
あ、chika~~~!受け取って。

by mizuhonn | 2005-10-21 13:42 | グルメ
二人のダーリン
雨の合間に散歩した。
最近歩きはじめた大洋にコンバースをはかせる。
ちょっと歩いては疲れる大洋を彼がだっこしたり肩車したり。
私の二人のだーりんとの、ささやかなひとときだ。
e0068103_2133597.jpg


by mizuhonn | 2005-10-16 21:02
ビッグリボウスキ
久々に遠方の女友達と夜遊びする計画をたてた。
千葉からえっさえっさと愛娘をおいてきてくれるから、飲んで踊って騒ごうっ。
と言ってたけど、クラブのリストはイマイチ。
んじゃ表参道あたりでかっこ良く飲む?
という案も、結局居酒屋に落ち着いた。
飲み放題で飲まなきゃソンソンとばかりにグラスを空け、その後どうしよう、と
言って外にでたら雨が降ってる。
ウチで大洋を寝かせているハズの彼に電話したら、なぜだか変なガイジンの声。
なんだっ、と思ったら友達のGくん。I'm sitting next to your hus & son!って
おいおい、まだ起きてんのっ?
スーパーでビールかって、これから映画をみるという彼らに合流することに。
のんびり買い物して帰ったら、パジャマの大洋が喜んでかけよってくる。
ね、寝てない…。
かくしてそっから30分かかって、私は大洋を寝かしつけ、私の友達は彼が汚したキッチンをせっせと片付けてくれた。これだからオトコっていやっ!

映画上映会。
ビッグリボウスキ。彼は何度もみたというお気に入り。
ビールやらおつまみやら散らかして、みんなで寝転びながら見る。
映画は…微妙。
好きだか嫌いだかわかんない。ストーリーはシリアスのようなただのギャグのような、そんな感じ。多分見た人はわかると思う。
好きな人はこういうのすっごい好きだろうな。
やっぱ私は指切ったり人が死んだりのユーモアは、そんなに好きじゃないかもだ。
んでこの映画で何を思ったって、ブシェミが若い!すげー若者。

by mizuhonn | 2005-10-16 21:01 | その他 Others