人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
魔法の手
子どもの頃、『ママの右手は魔法の手』という歌があった。
大好きな歌の一つだった。

ママの右手、ではないけど、生方先生の手はちょっと魔法に近い。

この先生、私がかつて通っていた整骨院の先生。
施術の腕はもちろん、人柄も手伝って絶大な人気だったのだが、辞められてしまい、おまけにもう1人の女性マッサージ師(私の大切なオトモダチ!)も異動になり、その後その整骨院はちょっと閑古鳥がとまっているようである。

その先生が五反田に新しくサロン兼スクールをはじめたという案内を頂いた。
ヒーリングサロン和氣
これはなんとしても一度お世話になりたい!
が、なにせ五反田…子連れママには遠い…。
と、あきらめていたら。

『往診しますよ』

というありがたいオファーが!
早速日程をあわせて、自宅まで往診して頂くことに。

当日はなんと遠隔で海流に気をおくってもらい、施術の間なんともうまい具合でお昼寝タイム。
1時間ビッシリ施術。
整骨院ではマッサージが主だったが、先生の今の手法は『レイキ』と『施術』を組み合わせたもの。
『レイキ』というとちょっと耳慣れない感じだが、まあ平たくいうと、気、ね(って、よけいわかんないか?)実際手で触っていないのに、先生の手からはほわーんと温かな熱が伝わってくるのである。
施術の間は半分眠ってしまった…痛いときもあるのだが、それがなんともイタギモっていうかね、1時間なんてあっという間。

「体はどこも悪くないですが、ちょっとネガティブな気持ちを中に溜め込んでるみたいですね、どちらかというとそっちからきてますね、この凝りは」

ということらしい。
思いあたることは山ほど(笑)。

ちなみに私はキを受けやすいタイプ、ということはやってもらうと効きがいいのだが、反面日常で悪いキも受けやすい、ということ。
(やっぱりね、感受性が豊かだからっ)

施術後、甘党の先生とお菓子とお茶でおしゃべりしながら海流のダウン症の話しなどもでて、発育不良などにもキがきくという話しから、なんとエネルギーの伝授をして頂くことに!
キというのは本来だれでも出来るもの、らしい。
しかしそれに気づかない、とか、信じない、とか、そういう違い。
そういわれれば、昔母親の手でなでてもらうとお腹が痛いのが治ったりしたものだけど、あれも一種のキなのかしら。

そんなわけで、海流を抱っこしたままエネルギーの伝授をして頂く。
なんとなーく体がユラユラっと揺れてる感覚。
先生の手からは熱気が伝わってきて、頭から足下まで、足下はなんだか冷たい感じもあったり。

さて、こっから21日間は浄化作用の期間だそうで、体に今までと違う変調がおこることがあるらしい。
だるくなるとか、便秘が治るとか、まあイロイロ。
うんうん、例えば新しい化粧品とか使うときにもこういうのがあるのよね、最初1週間は吹き出物ができたりしますが、それは悪い物を吐き出してるのです、みたいな。
そしてなんと驚いたのは、私の膝でいっしょにエネルギー伝授をうけたことになった海流が、夕方から発熱!
鼻水も増えて、ちょっと焦ったが、どうやらこれも好転反応の一種らしい。
朝にはけろっとひいていた。
子どもは敏感だから、すぐに反応するのだそうな。
なるほどー。

そんなわけで。
おっぱいあげながら海流にキを送ってみたり、眠る前はコリコリの首や肩に自分で送ってみたり。
反抗期まっさかりの大洋にも、是非。

私の手もいつか魔法の手に…なるといいな。



[PR]

by mizuhonn | 2008-02-19 21:36 | 美容と健康
<< 子どもの主張 鬼がきた >>