人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

Moon Day
今日はフルムーン、満月。
フルムーンとニュームーンの日は、本来アシュタンガヨガは練習しない日、とされている。
なぜって、ムーンデーは通常より体や心のバランスが崩れていて、事故や怪我がとても多い、そしてその日に怪我をすると、治りにくいともいわれているのだ。
そういえば、満月はお産も多い、っていうよね。

ということで、今日は朝ちょこっとかるーい練習をしてオシマイ。(←って、してるじゃん?)
ほんとは明日のレッスンに備えて、CD聴きながらプライマリの練習したかったんだけど。

代わりに、というか、今日はゆっくり、友達とランチしておしゃべりを。
仲良しの一人が来週から日本へ長期帰国しちゃうので、寂しくなるな。
ハワイ在住かなり長いんだけど、私のお気に入りの一軒Bogarts未経験というので、そちらにご案内。
私はいつものアサイボウル、そしてあと2人はオムレツとハウピアのパンケーキをシェアで。
私もちゃっかり頂いちゃった〜いやいやおいしかったね、しかし食べ過ぎ、すっごいお腹いっぱい!
(またまたYogi失格じゃ〜)

きれいな満月をみようとおもったのに、強風と厚い雲に覆われて、今夜は真っ暗な夜です…がっかり。

さて、明日はまた大先生と一緒に、夜のレッスンを担当です。
忙しい一日になりそう。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-31 16:13 | YOGA
Musical BD Party
海流のお友達、Lくん3才のバースデーパーティにおよばれ。
Lくんとはダウン症の会主催のランチで知り合った。
アメリカ人のダディと日系ローカルのママで、子供達の年齢も近くて意気投合。
自宅がWahiawaとちょっと遠いのでしょっちゅうは会えないけど、お互い近況報告しあって子供の成長を喜び合う仲。

e0068103_12523161.jpg

自宅でパーティ、いいなあ、庭がこのくらい広いとね…。

LくんはOhana Musicクラスに通っている。
今日はその先生を招いて、ちょっとしたクラスをやってくれるというので、とても楽しみ。

e0068103_12535767.jpg

踊ったり
e0068103_12542386.jpg

ボールを転がしながら歌ったり
e0068103_12545048.jpg

楽器も登場して、大洋もおおはりきりで
e0068103_12563060.jpg

海流は人一倍楽しんだ様子。
ダディ、海流もこういうクラスに通わせよう!って。

e0068103_12573464.jpg

恒例のピニャータ。
e0068103_12575950.jpg

うりゃーーーーー!
大洋、ちびっこが多かったので、今回おとさせて頂きました…。

Lくん、お誕生日おめでとう♪
楽しいパーティでした〜。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-31 12:59 | 海流
Bye Bye Grant!
Uncle Grant、帰国。
大洋は前日からNO! He should stay more more longer! (←間違い英語です、はい)と寂しさを隠せず。

最後の夜はダディとグラントで美味しいディナーを作ってくれ、そのあとキッズと遊んで、キッズが寝てから3人で飲み飲み飲み。
ワイン3本あけた…そして酔った勢いでアイスクリームもたんまり食べたし、これぞ暴飲暴食。
(Yogi失格じゃ〜!)

翌朝はキッズに起こされ、ダディのリクエストでパンケーキを作ってあげ、みんなで空港へ。

e0068103_951180.jpg

I miss you!!!
大洋は寂しいから、なかなかハグをしなかったほど。
6月日本に帰ったら会いにいくよ〜。(ていうか、大洋だけ置いていこうかしら 笑)


e0068103_9532171.jpg

今回はマウイへいって、その魅力にやられたらしい、またいつでも帰ってきてね。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-30 09:54 | Family
ラニカイビーチ
Uncle Grantが日曜日には日本へ帰国、最後に大好きなLanikai Beachへご案内。

まずは腹腰らえ?
友達2人から薦められたデリカフェに寄ってみた。
e0068103_7191938.jpg

Kalapawai Cafe&Deli

ベースボールのポットラックでから〜く食べてはいたのだけど、ダディとグラントはもちろんまったく足りてないので、サンドイッチを、そして私はキッズとシェアでマフィンを一個。
お値段はワイキキ並み…ダディのクラブサンドは8.5ドル!
うーん、その割にはボリュームが少ないかな、でも味はGOODだそうな。

いつもより人が多めのラニカイビーチ。
でもやっぱりきれい〜。
e0068103_7224217.jpg

かなりでっかいカニを発見!
大洋は近づきたいけどこわいらしい(笑)。
e0068103_7235785.jpg


水の透明度が違うラニカイビーチは特にダディのお気に入り。
トイレだけでもあれば、もうちょっと長居できるんだけどな。
ま、数時間でちょうどいいのかも、ヨガのトレーニング中にちょっと白くなった肌が、ここ最近どんどん真黒になってきてます…。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-29 07:31 | Family
BB with uncle Grant!
金曜日の午後、グラントがマウイから帰ってきた。

ボーイズ、特に大洋はグラントいつ帰ってくるの?と何度もきいて待っていたので、彼が坂のシタのほうに見えてくると、喜んで走って迎えにいったほど。
海流も思ったよりなついてて、それに甘えて午後のレッスンは彼にボーイズを預けて行けた、いや〜助かる。

さて、その夜は、おっきなボーイズナイト。
グラントとダディはサーフィンにいき、ワタシの用意したディナーを食べてから、遅くにチャイナタウンへ繰り出した。
帰宅はもちろん午前様…そして翌朝はもちろん二日酔い(笑)。
だけど、その二日酔いのカラダで、大洋のベースボール観戦に!
こりゃもうスッカリUncleだね〜。

e0068103_1443631.jpg

ダディの代わりにウォームアップを一緒に。

e0068103_14434178.jpg

さすがに2シーズンめになると、子供達もだいぶ板についてきた感じ。
大洋は今日もヒット続出。

e0068103_14445279.jpg

それをみて、まねっこ海流も!
もちろんなかなかあたらず…いやいや、それよりボクは↓
e0068103_14472867.jpg

こっちのが楽しいや♪って。

2人ともまとわりついてウルサイ。
明日彼は帰国、ボーイズは寂しがるだろうなあ〜でもグラントはそろそろEnough KIDS!(笑)?
あぁ、一家に一台、ベビーシッター、欲しいなあ。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-28 14:50 | 大洋
地域助け合い!
ヨガトレーニンング中、ほんっとに友達にお世話になった。
実家がないと、友達に頼るしかないのだ。
で、この金曜日もまた、お世話になった。
だってダディの会社ったら、クヒオデーが休みじゃないんだもの…。

朝もはよから、友達2組が子連れでわざわざきてくれ、コミュニティセンターオープン(笑)!

レッスンは9時から10時半、終ってちょっと話して、片付けたりして戻ってくると、子供達は仲良く遊んでました〜。
どこかに遊びにいこうと思ってたのだが、それからママたちの世間話に花が咲き(笑)、そのまま我が家でランチ。
結局いつものパキでちょっと子供達を放流することに。

e0068103_14271457.jpg

ママのお手製クッキーをほおばる海流。
最近は預かってもらってもぜーんぜん泣かず、すごくヨイコ、ママ助かる〜♪

e0068103_142898.jpg

女の子にはまだ興味のない大洋が、唯一遊びたがるJちゃん、活発だし、カワイイしね〜ふっふ。

もう1人のMくんはダディとおでかけが控えていたので公園には行けず。
ダディの休日だというのに、ほんっとにすんません、ありがとう〜。

こうして、地域助け合いにて、ワタシのハワイ生活は成り立っています。
王子達もパキではカオの常連、地域っこ。
実家がそばにないのは辛いけど、それだからこそこういう絆もできるのかも…これからもよろしくね。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-28 14:32 | Family
第2回 Sub classes
さて、本日2度目の代行クラス2本、朝アシュタンガのプライマリー、そして午後はバイリンガルヴィンヤサ、無事終了。

今日はクヒオデーというハワイ州の祝日。
そう、子供達が家にいるのだ…ダディも休みだからと受けてしまったあと、なんとダディはオフじゃないということが判明、ぎゃーどうしよう、ってことで、またまたお友達のお世話になった次第。
朝からワザワザきてくれた友人達、感謝!

スタジオについて仕度してると、な、な、なんと…私の大先生Taniaが来るじゃないの、なーんだ、今日プライベートなくなったのね、だったら私の出番なし?と、思いきや…
Can I take your class?

…は?

って、おいっ!
なんと大先生が、私のクラスを受けると言う…ありえない、これってテスト〜〜〜〜???

でも仕方ない、NOと言っては女がすたる。
私を信頼してクラスをそうそうにまかせてくれたんだもん、これはやるしかないでしょ。
そのあとも続々と見知らぬ顔ぶれ、いやーなんか緊張しそうだわー(汗)。

こういうときは、ウジャイブレス。
ゆーっくり呼吸して、度胸をきめて。

知らない人には怪我やヨガの経歴をちょっと確認して、さあレッスン。
マントラをする頃には結構落ちついて、手の震えもなし、アタシってかなりな肝っ玉?(笑)

初心者からTaniaまでレベルはばらばら。
ところどころ説明を簡単にいれたり、実際見せたりしつつ上級者のためにペースはくずさずクラスをリードしていく。
サンスクリットの名前も間違えずに(一回どもったけど)言えて、道に迷うこともなく最後まで!

You Rock!
終了後Taniaが言ってくれた言葉。
他の生徒さんからもとても楽しかった、他にどのクラスをもっているの、などと言ってもらえ、代行2度目としては満足の出来、だったかな?
英語でのリードも、先週よりは断然スムーズ、自分が受ける時に先生の言葉に耳を傾けたり、焼いてもらったCDで練習してみたり、そんな成果が出た感じ。

午後のヴィンヤサ、こちらはなんとホントのバイリンガルクラスに。
本来の先生には混ざることがほとんどない、と言われていたのに、今日に限って!
が、なんとかやりました、日本語と英語で。
ヴィンヤサは自分も動くので、もう30分もしないうちに、自分が一番汗かいてたり。
終って、この2人にもとても楽しかった、と言ってもらえ、やっぱり他には何を教えてるの?と聞かれた、こういう些細なことが、とっても嬉しい、新米かけだしのインストラクターとしてはね。

とにかく喜んでかえってもらえたのが、何より。
時間をかけて、自分も練習して、準備して、のレッスン。
でも『楽しかった、ありがとう』っていう一言で、ほんとに報われます。

明日は自分がクラスを受ける日!
あ〜ラクだ〜楽しみだ〜(笑)。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-27 14:44 | YOGA
Big Mistake!
信じられない、久々(?)に激怒。

海流のプリ、今日は先生が病欠で臨時の先生だった、まずこれがいや〜な始まり。
前回のサブの先生はとても感じがよい先生だったのに、今回はいやに厚化粧なオバチャン(失礼?だってプリの先生であんな化粧、必要ないって)だと思ったら、挨拶もなし、私が聞くまで名乗りもしない。
これってあり得ない、普通は自分から名乗って、海流のなまえとか確認するじゃん?
そしてお迎えにいくと、ノートもお弁当箱も何も用意されてなくて、ランチボックスは?と聞くと。
アシスタントの先生が、ちょっと怪しげな感じで、今日海流が食べたお弁当って…もごもごもご。

なんじゃ?

これ?海流のお弁当って?

…ちがーーーーーーーーうううううう!!!

信じられない、この人たち、私が持って行ったお弁当ではなくて、一体だれのか、しかもいつ作ったのかわからないタッパーに入ったシロモノを海流に食べさせたっていうのだ!!!
海流のお弁当はいつもちゃんとかわいいランチバッグにいれ、フォークもはいって、果物もはいってるじゃない、なのに何を間違ったのか、先生達、冷凍庫にはいっていたチキンのまざったご飯を海流にあげたらしい。

アシスタントせの先生は謝ってたけど、このサブの先生、しかも、謝りもしない。
お弁当箱になまえが書いてなかっただの、まるでこっちの責任といわんばかり。
しかもしかも、Oh you can give this lunch tomorrow このお弁当明日あげればいいじゃない?

…ばかやろーーーーーーーー!!!!

I WILL BRING FRESH LUNCH 新鮮なお弁当を持ってくるにきまってんだろ!

だって海流が食べたから、とかNOって言わないから、とかぶつぶついいやがって、いい加減にしろ。海流がまだ話せないのわかってるじゃん。
とりあえずお腹はこわしてなかった模様だけど、ほんっとに不愉快。

しかも、最後まで謝らなかった、サブの先生。
もし海流が下痢したりしたら訴えてやるっ!
ていうか、2度とこの学校にくるな。

e0068103_10395030.jpg

大好きなゴーグルトで、消毒?
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-26 10:40 | 海流
まねっこ王子
最近の王子達。

海流がかなり『大洋っこ』に。

大洋が車の下をのぞけば
e0068103_12185729.jpg

ボクも。

大洋がばあばから送られてきた塗り絵をすれば
e0068103_12193829.jpg

ボクも。
(ばあば〜、愛情宅急便ありがとう!!!私はまたまた梅園のつぶあんを頂いて、早速食べてます…あー幸せ♪って、せっかく痩せたのにまた太るな)

大洋がスナックを食べれば
e0068103_1220875.jpg

ボクも。
(大洋が食べてるのはフルーツロール、海流が食べてるのは日本からのキャラメルコーン、という違いはあるけど)

ダディと大洋がベースボールにいくときは、自分もいきたいといって泣く。
大洋がご飯を食べ終わってしまうと、自分もDONE!と手をふる。
しまいには大洋のRAZORに乗ろうとしたり、大洋のパンツはこうとしたり。

だんだん、おもちゃや洋服も取り合いになったりするのかな。

お兄ちゃんと一緒に、まっすぐ育ってね。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-24 12:25 | Family
がーん…
なんでこんなことやっちゃったのか、未だ不明。
でも、起こったことは事実、車ぶつけちゃいましたーーーーー!!!

マウイに向かうGをのせ、買物につきあい、バス停に向おうとパーキングを出ようとしたときのこと。
前にバンが停まっているのがみえ、さて、停まろう、と思った瞬間。

ぐううううううんん!!!

はああああ?

何が起こったのか、自分でも一瞬把握できない、が、どうやら…ブレーキじゃなくてアクセル踏んだ???
もしかして?
いや、そうに違いないっ!!!

ものすごい音と共に、現実にもどったアタシ…まじいいいいい?
血の気がひく…隣でGも呆然…が、さすが彼はさっとドアあけてまず現状確認。
アタシったら、なんてことしちゃったのおおおおお!

とりあえず下りるとバンの男性もわけがわからず下りてきて、車確認。
どうやら彼は自分が何か悪いことしたのかと思ったらしい、が、まーったく私の落ち度です、自分でも自分が信じられない。

なんと彼の車はかるーいかすり傷程度。
さすが丈夫な車だ。
なので、No no,that's ok, just be careful on the way home, OK?
って、思わずハグしたくなるくらいいい人でした。

で、自分の車をみると…無言。
右のライトが割れてボディもへこんでる…すげーやっちまった。
でもでもでも、相手の車がたいしたことなくて、しかも笑顔で許してくれて、それだけでも不幸中の幸い。
Gもなぐさめてくれて、バス停でおろしてまずは気を取り直して海流をお迎えに。
しぶしぶダディに電話…あー怒るだろうな。

What???
やっぱり、かなりおかんむりの様子。
そしてガレージにもっていって、見積もりをもらったら、さらにダディの怒る顔が目に浮かぶ。
だって、なんと1900ドルだって。
1900ドル???
そんなばかなっ。
フェンダーを交換するからたかくつくんだよ、といわれたけど…。
ありえん、新しい中古車かえるやんけ。

夕方公園で子供を遊ばせていると、友達はみーんな同情的。
怪我がなくてなによりだよ、とか、That's just cosmetics part!と励ましてくれる。
が、ダディ帰宅…公園でまず車をみた彼は、血が頭にのぼった様子。

すでにものすごいダメージを受けているアタシに向かい、怪我なくてよかった、なんて一言もなく、つめたーく攻撃。
このままでは喧嘩になるなーと思ったので公園から退散。
確かに悪いのは全面的私だけど、以前彼がぶつけたとき、彼が落ち込んでるのがわかったから私は一言も責めなかったのに!
(ちなみにそのときはレンタカーで、修理費用1000ドルかかったのだ)
That's just car, just money、と、アタシがいうのもなんだけど、人をひいたとか、自分が怪我したわけでもなく、ほんっとに幸運に相手にもなにもダメージがなくて、でも彼にとっては今目の前にある車がダメージを受けて、その費用が莫大にかかる、ということしか目に入らないんだな。
しかも、口論している私達を心配してきた大洋にむかってGO AWAY!と怒鳴りつけ、大洋まで泣き出す始末…最悪だ。

結局私が子供達をシャワーにいれて、ご飯の仕度をしている間彼は一人で気をおちつかせるため散歩に。
悪いのは自分だし、彼の性格はよくわかってるけど、こういうダメージを受けているとき、ちょっと一言That's okって抱きしめてくれるだけでいいのに、と思ってしまう。
私も売り言葉に買い言葉で、2000ドル私が払えばいいんでしょ!とか言っちゃったけど、お金の問題じゃなくてさ。

さて、一晩あけて今朝。
彼も謝ってきた、あんな態度をとるべきじゃなかった、とにかく車はそんなお金かけて修理する価値ないからそのままにしとく?って。
そうはいっても気の晴れない私。
せっかく誘ってくれた友達にも、今日は精神的にまいっているので、と断って、子供達を送ってゆっくりすることに。
が、たまたま寄ったSafewayの駐車場で、怪しいオトコにI can fix your car very cheap!と話しかけられ、まてよ、と再度ガレージに。
あんな男に治せるなら、ガレージの人に治せないはずはない。
交換するお金はないから、なんとかボディをひっぱってライトだけ新しくして、治せない?と聞いてみた。
Maybeと2人で相談した結果、300ドルでやってくれるという。
しかも数時間で。
なんだよーーーー、もっと早くそういえっ!

300ドルも痛いけど、1900ドルに比べたら…もちろんちゃんとは治らないけど、とりあえず『事故車』そのもの、からは、ちょっとよくなるだろう。
ダディに電話して、300ドルは私の口座から払うから、というと、NO NO!ほんとにそんなことしなくていいから、2人の車だし、ほんとに昨日は悪かった、良い解決法がみつかってよかったね、と言われ、ほっと一息。

さて、どこまでキレイに治ってくるのか…?

それにしても、凹んだ。(車もだけど、アタシが)
ぜったいぜったいブレーキ踏んだんだけどな…っていっても仕方ないけど。
でも、人間、絶対、っていうことは言い切れない、何するかわかったもんじゃない。
ぶつけちゃったバンのおにいさん(ていうか、おじさんかな)、優しい言葉ありがとう、すっごく救われました。
同乗してたG、驚かせてごめんよ〜、今頃マウイを満喫してるかな?

気を取り直して、しっかり運転します。
[PR]

by mizuhonn | 2010-03-24 06:56 | その他 Others