人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

海流Pre-school Outcome
海流がプリに通い始めてもうすぐ3ヶ月。
ママがお迎えに行かなくてもまーったく泣かず、学校生活を楽しんでいる海流。
先日、海流の発達度をテストするため書類が渡された。
先生からみた海流、セラピストからみた海流、そして親からみた彼の様子をそれぞれあわせて、テスト結果がでる。

Positive Socio-Emotional Skills
これはいわゆる社会生活をどのくらい問題なくできるか、といった項目。
先生や周りの大人達との関わり、子どもたちとの関わり、決められたルールが守れるかどうか、など。
2year6month
これはとってもいい結果、入学前にたてた目標からするとCompletely、達成している、という結果。
まだ言葉は出ないながらも、周りとのコミュニケーションスキルはとても高く、先生からの指示にもきちんと対応しているらしい。

Academic/Cognitive Skills
これは理解能力、そしていわゆるお勉強の部分。
びっくり、なんと3year3month
って、これって、実年齢てことよ?
先生いわく、海流の理解度や、アカデミック部分はとっても高いのだそうだ。
これをLanguage domainとして言語によるスキルでみると2year2monthsなのだけど、それでも思ったよりは遅れてないってこと?
でもまだほとんど喋らないけど…。

Motor Skills
これがいわゆる動きの部分、これは今まででも一番遅れているエリア。
Fine motor手先や細かい身体的な動き 2year11month
これはとーってもびっくり、もっと低いかと…。
Gross motor歩く、座る、走るなど大きい動き 23month-2year
開きがあるのは、立つ、歩くに関してはもうかなり追いついていて2才児程度、ただジャンプしたりすることができないので、そこがまだ18ヶ月、といった査定になるのだそう。

ABCをちゃんと言い当てて皆を驚かせた海流、言葉が滝のように出てくるのはいつかなぁ。



e0068103_11245356.jpg

ツナミ警報で自宅待機。
お兄ちゃんの後をおっかけて遊んでます。
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-28 11:25 | 海流
Tsunamiにもマケズ…
早朝、ダディの携帯がなってる、なぜ?
今日は第3回目の指導実習、私は起きてたけど、彼はもちろん寝ていた。
その理由が、わかった。

Tsunami警報

今回のはスゴイらしい、慌ててTVをみると、ホントだ〜すっごい警戒態勢!
こんななか、あるのかクラスは?
ヨギ仲間から不安なメールもきて、Rupaliにテキストメールで確認。
すると、ワイキキにいるより安全だから、予定通りやる、とのこと。

うううううううううう〜〜〜〜
警報のなる中、チャリにのってスタジオに向かうアタシ…大丈夫なんかい?

しかし、ヨギーニは強い。
みんなワイキキから、ハワイカイから、バスにのってちゃんと集合!!!
Tsunamiになんて負けてられません、あっつい熱気で3回目の指導実習がはじまった。

今回私はトリ、一番最後はとーっても緊張する。
前回はアシュタンガだったけど、今回は、しかも、Vinyasaで自分でフローを考え、しかもノートは見ないこと、というお達し付き。
昨夜25分間におさまるよう練習してみて、でもアシュタンガと違って呼吸の数が決まってナイから長くもなれば短くもなるよなあ、とブツブツ、ま、なるようになるさ!

3人のOhanaがそれぞれ個性を生かしたレッスンをして、私。
3人とも、回を重ねるごとに緊張する、とかいって私を脅かしてくれました…が、まあいいや、ohanaだからね、失敗してもご愛嬌、ということで、まずは呼吸からレッスンスタート。
Bhastrikaというエネルギーをあげる呼吸法ではじめ、そのあと肩と胸を開くストレッチ、そして基本のスーリャナマスカーラから体を温める。
前半のポーズはみんな似たりよったり、やはりここ3週間でやってきたものをいれるので、似てしまうのも仕方がない。
後半は私はアシュタンガからバッカーサナというアームバランスポーズをいれたり、ヘッドスタンドをいれたりとちょっと強度をつけて、最後、今度はNadi Shodhanaという器官をきれいにする呼吸法で終了。

時間もばっちり、シャバーサナまでたどり着き、ほっと一息。

私はやっぱり初回が一番緊張したかな、今日は緊張はしたけど自分のやってることが客観的に見えてたきがする。

ヘッドスタンドをやった(てか、やらせた?)私に、Rupaliが『You are brave!!』だって。
ohanaからはかなりチャレンジング(笑)、でもとっても楽しいレッスンだったと言ってもらえた。

TsunamiもYoginiたちの情熱は流すことができないらしい。
ワイキキ閉鎖ですぐには帰れなかった彼女達、カハラモールにて休憩、だそう。
残り1週間、来週はアシュタンガ週間!
楽しい1週間になるといいな。
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-28 08:30 | YOGA
Meditation Hiking
毎週なんらかの『お楽しみイベント』を用意してくれている、Teachers Training。
今週は『ハイキング』、といってもただのハイキングではなくて、瞑想を自然の中で!というスピリチュアルなハイキングなのだ〜!

朝練をして、座学もちょこっとやって、1時半頃スタジオスタート。
タンタラスだって、夜景を見に行ったことはあるけど、ハイキングははじめて。

e0068103_14462397.jpg

瞑想の講師、フェルナンド。
ヨガをはじめて瞑想にたどり着き、いまでは瞑想がメインになっているらしい。

e0068103_14484679.jpg

出発前です、みんな笑顔〜♪
さて、この笑顔がいつまで続くか?

結構ほそーい道を、ぐんぐん。
こう見えても、山歩きは結構得意、虫がだいっきらいなので、ハイキング好きではないんだけど、虫がいなければ大丈夫さ。

e0068103_14482376.jpg

途中、大木群のとこで休憩、先生が木をだきしめてみて下さい、って。
Tree is your friend!
ちょっと、木の皮が痛かった…。

e0068103_1451434.jpg

途中からいきなり竹やぶ!!!
京都か〜ここはっていうくらい。
ちょっと暗くなって、気温もぐんと下がって、ハワイじゃないみたい。
道もちょいと険しくなり、ヨギーニの中には不安そうな声をあげる子も。

ようやくたどり着いたのは、クレーターの底だった場所。
そこですわって瞑想タイム。

瞑想は…草がむずむずして思ったより集中できませんでした(笑)。
大自然を謳歌できないアタシ…やはり都会ッ子か?
でも楽しかったよ〜。

e0068103_14534157.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2010-02-27 14:53 | YOGA
Smooth Move
アーユルヴェーダの授業4回、終了。
これはとーってもおもしろかった、終ってしまうのが残念、もっともっと勉強したかったわ。
これからは独学で、そして自分の体調が崩れないように気をつけてみよう。

この授業の中で、Vataというドーシャのバランスが崩れている人たちが多く、それにより便秘に悩んでいる人が結構いた。
これは旅行したり、ドライフード(スナックとかドライフルーツとか)ばかり食べていたり、とにかく乾燥により起こることが多い。
講師のマンディが通常1日でも出ないのは健康ではない、もし3日でない場合はなんらかのカタチでだした方がいい、といい紹介してくれたのがSmooth Moveというハーブティー。

私は便秘に悩んではいないのだけど、試してみたかったので皆と一緒に1つだけもらってみた。
早速試した人たちからは、するーんと出た〜という声あり、まったくきかなかったという声あり。
私は、平日レッスンの日に試すのはコワいので、週末までまつことに。

で、土曜の夜、飲んでみると。
なかなか美味しい。
入っているハーブをみるとスイートオレンジやカモミールもはいっている、が、やっぱりメインはセンナ、日本のセンナ茶と同じだね。
その夜は特に変化なし、おいしいじゃーんってカップ1杯飲みきってしまった。

日曜日。
下痢でした
ハーブとはいえやっぱりきついのね〜…きかなかった、という人もいたからナメていたけど、私にはきつかったらしい。

ま、これでクレンジングできたかも?

便秘に悩む人に、今度おみやげにしようかな。

e0068103_4591592.jpg

真ん中が講師のマンディ、ヨガもすっごーーーーーーく上手、力強くて素敵な女性♪
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-27 04:59 | YOGA
Restorative Yoga
また新しいヨガを体験。
Restorative Yoga
これは『リラックス』がコンセプト。
この忙しい現代社会で、自分ではなかなかリラックスしようとしてもできない、なので『リラックス』を強要する、というか、わざわざスタジオでリラックするためのヨガをする、というわけ。

ブランケットやブロックなどを使って、いかに体をゆるめてあげるか。
なかなか面白い。

e0068103_1614597.jpg

一見苦しそうでしょ?
股関節に故障がある場合は、脚をまっすぐにのばしてもいいらしい。
でも私はこのカタチで、思わず眠りに落ちそうになったほど…お隣さんはしっかり寝てました(笑)。

こういうのを通常のヨガの最後にちょこっと組み込んであげるのもいいな、特にビーチヨガなんてしたあとだったら、最高!

こんなにやっても、もっとヨガ!
翌日はブラジルからきたというSwathiya Yogaというのに挑戦。
先生がアクロバットでみんな感動(笑)。
ぜったいできないよ〜っていうアームバランスポーズを軽々とやってた。

まだまだ、学ぶことはいっぱい、来週終了するなんて、間にあうのかしら???
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-26 16:20 | YOGA
本来の姿
ヨガをやると痩せますか?

というのは、よく聞かれる台詞。
特に日本では『エクササイズ』としてのヨガという捉え方がまだまだ大きいのでね、ヨガ=痩せる、という方式を求める人が多い。

これにRupaliが素敵な答えをくれた。

ヨガは『自分の本来あるべき姿に導いてくれる』もの。
これは身体的なサイズもしかり、精神的なものもしかり。
余分なものをすて、あるがままの自分をみつける、これがヨガの本来の意味。

で、身体的なことで言うと、痩せるべき人は痩せ、逆に太るべき人は太る、のだそうだ。
確かに筋肉は脂肪より重いので、筋肉がつくから体重としては増える人もいるだろう。
でも余分な脂肪は落ちるので、ラインはぜったいにきれいになる、これは確か。
1年で8キロ落ちた!という人もいるし、パンツのサイズが2つ下がった、という人もいる。

さて、偉そうなことを言いながら、実は私も密かにトレーニング中に最近太った分をおとすか、と企んでいたのだけど(ダディにはナイショで)、昼間重い食事ができない分夜食べちゃうし、昼間も何かと間食してるので、特に思ったより痩せない、ガッカリ(笑)。
ていうか、筋肉ついてもしかして重くなったか?
あ、でも、このあいだ、激やせ時代に買ったほそーーーーいジーンズ、ぜったいはけねーと思ってしばらくはいてなかったのをはいてみたら、はけました(かなりきつかったけどね)ってことは、やっぱししまったのかしら。

って、スタイルのハナシじゃないんだって。
本来の自分、とは、一体どんなものなんだろう。


e0068103_15164452.jpg

こんな姿?

e0068103_1518622.jpg

それとも?


自分探しの旅、あと残り10日をきった。
悟りにたどり着くまでは、まだまだ。
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-25 15:19 | YOGA
Vinyasa day
月曜日の朝練は(朝練というと学生時代のクラブ活動みたいね)Vinyasa Flow。
私が普段やっているアシュタンガが元になってはいるのだけど、アシュタンガのようにシリーズが決まっているのではなくて、先生がそれぞれ考えた流れで色々なポーズをとっていく。
日本人にはこういったヨガのほうが、おそらく一般的。
アシュタンガの方が体力的にきつい、けれど、それに慣れてる私には逆に先の読めない流れがきついこともあったりする。
そして内容は、先生が独自で考えるので、そう、先生次第でクラスはどういう方向にも進んで行く。
先生はもちろんRupali、彼女はアシュタンガをかなりとりいれているので、レベル的にも高め。
彼女の独特な穏やかさで、意外ときついポーズもなんだか優雅〜♪

そして午後は、自分達でこのフローを作って行く、という授業。
これはおもしろそう!
既に教えている人たちもいるけど、私にとってははじめての体験。

指導実習でグループになったOhanaごとに別れ、『お題』が与えられる。
2つのポーズを与えられて、この間に5つ以上のポーズをいれて、フローを作る、というもの。
この『お題』、結構難しいものばかり!
Rupaliったら、優しい顔して厳しいんだから〜。

私達に与えられたのは、setsu bandasanaという簡単なブリッジのポーズから、trikonasa三角のポーズ。
しょっぱなからブリッジかよ、って感じだけど…さて作れるのか?

みんなで顔を突き合わせ、これはどう、これは?なんてやってたら、あっという間にできちゃった〜。
じゃんけんで負けた私が先生役…指導実習を2回やった後だからかな、思ったより緊張しないで先生もどきができました〜。

2度目はなんとヘッドスタンドから!終わりが木のポーズ。
ヘッドスタンドができない場合はこういうバージョン、と替えたものも紹介しつつ、こちらも意外とすんなり完成。

3度目は、フローに不可欠なチャトランガを入れずに、という難題。
鳩のポーズからはいって、ardha chandrasanaという片足でとるバランスポーズまで。
やっぱりこれが一番難しかった、でもなんとか完成。

それにしても、ほんの10分にも満たないフローを考えるのもたいへんなのに、90分のレッスンを組み立てるって!
しかもデモでみせるから、自分のできないポーズはいれられないしね(笑)。

毎日あっという間。
さて、このトレーニングが終ったら…なんてことを、そろそろ考え始めました。
以前このトレーニングを受けた友人が、『TTを受けたら逆に教えるのがコワくなった』と言っていたのが、なんとなくわかるような。
それに素晴らしい先生についてると、自分が教えていいのか?なんてことも思ったりね。
いやいや、その素晴らしい先生に教えてもらったものを、ちゃんと広めていかなくちゃね!
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-24 14:46 | YOGA
いくじ
ここのところ、今まで私の本業であった『母親』の部分をちょっと人に頼って楽をさせてもらってる。とはいっても、ヨガのクラスが終ったあとや週末はもちろん、ファミリー優先。
今のところ私も元気、キッズもダディも元気にがんばってくれてるので、順調。

ブログにはヨガのことも書きたいこと山ほど、なかなかすべては、という感じだけど、今日は育児、について…。

最近、こんなことがあった。
新しく知り合った人に海流のハナシをしたら『えーそれはショックだったでしょ、そんな風には見えないけど。いつ知ったの?産まれる前から知ってた?』みたいなことを聞かれ、返事に困った。
彼女には悪気はこれっぽちもなし。
それはとてもよくわかっている。
昔はこんなことがしょっちゅうで、でも知り合って時間がたってくると皆私のことも海流のこともよく知ってるからこういうことは聞かなくなる。
なので、こういうのが久しぶりだったので、おっとお、直球、きたな、という感じ。

さて、自分の子どもが産まれて、それを『ショックだった』と認めるのが、一体どんな気持ちか。

我が家の海流は産まれた時にダウン症と診断されず、4ヶ月近くにはっきりわかったケース。
その頃はとても動揺したし不安定で、改めて今『ショックだって?』と聞かれると、そうだね、正直平静でなかったことは確か。
たまに『この子はダウン症だからこそ』とか『ダウン症でよかった』という記事も目にするけど、私はそうとも言えないし、1ヶ月試験の結果を待ってる間は『どうか違いますように』と毎日祈っていたのも、事実。

その頃書いたブログ
1000分の1の奇跡

でも、そんなこともあったけど。
この子は健康だし、なんといってもかわいくてダウン症だとかなんだとかは、まあちょっとした要素に過ぎないのだ。
そう、一人一人がいーーーーっぱい持っている、『何か』という要素の1つ。
私はこの世にたった一人しか居ない、『海流』と出会えてとても幸せ。

もう1人の我家の王子大洋。
最近シッターをしてくれたお友達にとても褒められた、大洋くんはほんとに素直でいいこだね〜って。
そりゃ私の育て方がいいから、ふっふっ…じゃ、なくて!
大洋はもちろんまっすぐ、めっちゃいい子!だけど、いつもそんないい子でいるわけじゃないのよ(笑

わめくしごねるし、泣くし、ナマイキも言う。
やっぱり親の前では一番わがままになるからね、だけどママが忙しいときにこうやってお友達にみてもらっている時、いい子にしててくれるんだから、やっぱしいい子だわ、うん。
私は場所を選ばず結構厳しく叱ってしまうけど、ちゃんと毎朝ばいばいするときと、帰ってきたときはしっかりハグするし、ダディか私が必ず寝る前に本も読むし、忙しいながらも朝はちゃんとご飯つくってランチつくって、それからヨガに出動!なのだ。
一緒に過ごす時間が減っている分、カバーできるところはしておかないとね。

人の親になってほんとに思うことは、人のことを簡単に批判できないこと。
子育てにはその人のやりかたがあって、ひとそれぞれ。
虐待とかは別にして、これが正しくてこれが間違ってる、なんていうのはないんだと思う。
私は自分のやりたいこともいっぱいやらせてもらってるけど、私なりに育児もがんばってる!って思ってるし、みんなきっとそう。

そしてヨガのコースを学んでいるいま、新たに思ったこと。
『先生のことを簡単に批判しちゃいけません…』
今まではあーあの先生のクラスはイマイチ、とか簡単に言ってたけどね、教えることがどんなに難しいことか。

と、今から自分が教えはじめたときの予防線をはっておくことにします(笑)。


e0068103_131046.jpg

先日お友達のパーティでBDボーイとおにごっこ?
歩けるようになったらほんとにじっとしてない!

e0068103_1341973.jpg

海流の存在が大洋の性格を形成している部分も大きいかな?
親の私が言うのもなんだけど、まじ、良いお兄ちゃんです(笑)。
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-24 13:05 | Family
Double BD party
今日は大洋王子の仲良し2人の合同バースデーパーティ。
なんと同じコンドに住んでるので、その屋上でのBBQ、前回もお邪魔した眺めのよい屋上です。

e0068103_168234.jpg

さりげないデコレーション、かわいい〜。

BD主役の一人は、大洋の数少ない(?)ガールフレンド。
大洋と一緒に走り回ってくれるアクティブなJちゃん。
もう一人はいつもにこにこおだやかなMくん、おっと、忘れちゃいけない、このMくんのパパ、K氏も今月BDなんだって、ということで実はトリプルバースデー?


e0068103_1610536.jpg

めちゃカワイイアイスクリームケーキ、子どもに負けずでっかいピースを頂いてしまった…アイスの箱食いしてないので、ひさしぶりに『食べた〜』って。

e0068103_16114739.jpg

仲良く『ふううううううううっ』。
7才になるJちゃんと、5才になるMくん、今年の抱負はなんだろう?

e0068103_16125311.jpg

でもって、今年XX才になるK氏、子どもの相手からBBQ から大忙し。
海老もホタテも激ウマでした、ありがとう〜♪
(肉もね…でもアタシは食べれないので…)

相変わらず子供達は走り回って、大洋は大汗かいてたよ、寒いのに。
e0068103_16143917.jpg


途中少し雨が降ってきて早めに解散。
虹が幻想的にみえてました。
e0068103_16153242.jpg


調子に乗って食べ過ぎ&飲み過ぎ。
帰宅して久しぶりに胃腸薬のお世話に…こないだアーユルベーダで『食べる量は両手にはいるだけ』って習ったのにね…食べ過ぎは毒だって、反省。
でも楽しかったので…今日は特別!

Happy Birthday!
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-22 16:17 | Family
海を超えて
ちょっと遅れて、なんと日本からバレンタインデーの贈り物が届きました♪

ダディにはチョコレートの詰め合わせ、ボーイズにはキャンディー。
そして、私にも!
食べ物に関しては妥協しない、妹が選んだ一品↓
e0068103_1603725.jpg

ちょっとピンぼけだけど、あずきグラッセ。
ツボにはいりすぎです、ダディからもらったチョコレートそっちのけで食べてるよ。(ごめんダディ)

もう一箱はばあばから、大洋用のパンツ(日本でしか買えないストレッチのパンツをリクエストしたのだ)や靴下(なぜかばあばから送られてきたGAPの靴下ばかりはくので、すぐに穴があくのよ)、ハイチュウや佃煮。

子どもの衣類やお菓子なんてこっちで買えるのにね?
でもやっぱり海を超えてはるばるやってきた物には愛情ひとしおです。

いついもありがとう。
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-22 16:03 | Family