人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

Hawaii免許にチャレンジ
アタクシのウィークポイントの一つ、それは。
運転。

ペーパーゴールドドライバーになって久しい。
私の人生に運転なんてもんはなかった、東京に住んでる限り。
子どもが2人いようが、雨が降っていようが、I love trainであったのだ。

が、しかし。
アメリカにきたらそうもいってられないのが現実。

なにせ買い物に行くにも車がなければお話にならない。
ワイキキに住んでいればFood Pantryというめちゃ高いスーパーで買い物する手はあるが、ワイキキ出たらおしまいだし。
2人つれてバスで買い物、なんていうのは拷問にちかいことも発見したし。

で、とってまいりました、とりあえずPermitとよばれる仮免。

違うなあ、と思ったのは書類を書いて受付にいき、お金払って『テストルーム』なるとこへいくと、はいどうぞ、と答案用紙と問題渡されて勝手にすわって勝手に開始。
終わったらさっさと受付に提出して、その場で採点して『はい合格、あそこでお金はらってPermitもらってね』と、こんな感じ。
日本であれば時間が決まっていて、教室にみんなだはいって同時にスタート、しばらく待たされて発表があって、とこんな風であろう。
いやーいい意味でいい加減だ、やっぱハワイだ。

ロードテストもいい感じでいい加減ならいいんだけど…こちらはそうもいかないらしい。
まず日本人嫌いの教官にあたったらオシマイ、ときく。
わざと早口の英語で指示をだし、しかも急に右折だ左折だといい、それが実行できないと『英語を理解してない』とみなされたり、してもいないミスをしたとされ、減点されたり。
逆にラッキーだとたった10分の運転で『合格』となる人もいるらしい…。
あーこれじゃ運試しじゃないか。

早速、練習を始めました、ン十年ぶり?の運転、しかも左ハンドル、右側通行(あたりまえじゃ)、しかもしかも、後ろにはかわいい我が子が2人!こえええ、コワすぎる。
隣ではダーリンが『なんでとまるんだ!いけいけ!』とか言うし、それじゃオチルッつーに!
ていうか、まずハンドブレーキおろさずに発進しようとする私…ここですでに、You failed!
そして『あれ、アクセルってどっち?』と聞くワタシにだーりん、顔色悪いかも?

10分かからないSafewayまでの道のりが長いこと長いこと。
後ろでは海流がずーっと大泣きしてました…やっぱしコワかったのかしら?

今日で3度目の練習。
まだ一度もぶつけてない!
この超狭いガレージでも(めちゃめちゃ時間かかってるけど)ちゃーんと5階までぶつけずにいけました!(レンタカーをニ度ぶつけただーりん、みたか、ワタシの実力!)

それにしても。
カムリ、でかいんですけど…ていうかワタシが小さい?
シートをいくら調節しても、高さが足りないのだ、前方が非常に見にくい。
ガレージの狭い通路で首をひょっこりのばして、お尻を浮かすようにしないと、見えないのよ。
そして…シートベルトの位置、高すぎて首にかかって苦しい…これにはだーりんも爆笑だった。

アメリカのトヨタ車って、日本のよりでかいの???

さてさて、ロードテスト、何回落ちることでしょう…。
だれか教官にコネがある人いないかなー。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-29 17:13 | Hawaii 情報
今、イロイロ思うこと、したいこと、欲しいもの
先日ブログにのせた5quartサイズのアイス↓
ハワイで節約
コレを5日間で食べきったアタシはやっぱしビョーキだ、さすがに自分で心配になってきました。
わかっていながらやめられず、夜中にパソコンに向かって海流の社会保障ベネフィットのオンライン入力をしたり、調べものしたりして、朝は5時起きオッパイ、昼間はウルセエ大洋王子のリクエストで公園やビーチ、そして2人かかえてバスでアラモアナへ行き、帰って『お腹すいたー』の声に慌てながら夕飯の仕度、アイスくらい食べてもいいだろ!と思っていたら、ついにバケツアイスにたどり着いてしまった次第。
太る、だけでなく、これはカラダに支障をきたしそうです…。

ま、酒浸りよりはいいけど…。

アイス以外で今何が楽しみって、やっぱり、友達や家族からのメール、電話、手紙、Skypeのチャット。
それにこちらで少しずつできてる日本人お友達とのトーク、勇気を出して作っている日本以外のお友達とのトーク。
海流の速くなってきた動きをみることと、爆笑してる顔を見つめること。
生意気な大洋の英語にイライラすること。(むかつくけど、うれしいのだ)

したいなあ、と渇望するのはやっぱり美味しいお寿司!
美味しい野菜に日本の家庭料理〜(作れよって?)!
温泉ー、湯船につかりたいー。
マッサージ、あ、これはハワイでも行けるか、金さえはらえばっ。
子ども預けてワインでも飲みに行きたいなあ。
そしてそして、日本にいる家族や友達との延々と終わりなきトーク…。

どこでもドア。
今一番欲しいもの。

ハワイにきて最初の1ヶ月は嘘のようにあっという間だった。
そして2ヶ月目、なぜだろう、ちょっと長く感じるのは。
一日はあっという間なんだけどな。
来月日本から1人友人が遊びにきて1週間ほど滞在する。
以前日本にいるとき彼の友人が『滞在』というと、『めんどくせー』と思ったものだが、今は『いらっしゃいませーお泊まり下さいませー』って。

部屋が狭いのでゲスト1人が限度だけど、しかもリビングで寝るし朝っぱらからキッズに起こされるけどね。
チャレンジしたい方は是非…お待ちしております。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-29 02:29 | その他 Others
WIC訪問
アメリカにきたら、生活費稼ぐことと諸手続きやら面倒なものは全てだーりんまかせ♪
って、思ってたんだけどね。
これが結構な誤算。
『僕は働いてるんだぜ』
と、言わんばかりのヤツの態度、ここ電話して、といってもなかなかかけてくれないし。
昼休みに同僚とピンポンやってるヒマがあったら電話しろよ。
(なぜか彼の会社には、卓球台があるんだと)

まかせておくといつまでたっても。
ってわけで、結局電話とかかけまくり、調べてアメリカ政府からもらえるものはふんだくる、と気合いいれてるのがアタクシ。

その一つとして、今日はWICに行ってきました。
WIC=Women, Infant, Children
所得が十分でない妊婦、それに授乳中のママ、ベビー、そして5才までの子どもをサポートしてくれる機関なのです。
先日のブログで書いたけど、ここでは中途半端な収入のある家庭が一番キツイ。
政府のサポートが受けられず、かといって高い家賃に教育費、食費とはらっていたら赤字決定。
このWICももちろん所得制限があり、我が家の場合微妙。
が、今働き始めたばかりのだーりんが給料をもらうまでは、私たちにも権利があるのだ。
そう、早く行かなくては!給与が出る前に!
ってことで焦ってアポとって行って来たというわけ。

e0068103_13342491.jpg
ワイキキからバスで20分、と書いてあったけどThe Busにて結局40分くらいはかかるかな、移民局や政府のビルがある一角にある、ヘルスセンター。
そこで面接をして登録をするのだ。


アポは9時半、1時間ちょっとかかります、そのつもりで、と書いてあったが、全て終わったのはなんと12時!
まずWICとはなんぞや?というビデオをみて説明をきいて、登録の面接をして、栄養士とあって子ども2人分の身体測定をして。
その間待ち時間もあり、腹をすかしたキッズにおやつをあたえ、遊ばせて、ぐずる海流を抱っこして、ようやくWIC小切手をもらったときには『やったーーーーーーー』、妙な達成感であった。

この小切手、どんなものが買えるかというと。
牛乳、卵、チーズ、シリアル、などなど、いわゆる日用品。
もちろん買えるブランドは限られてるし、牛乳などは安いもの、と限定されてるんだけど、量はかなり。
しかも我が家は2人分頂いたので、1ヶ月ではとても飲みきれない分の牛乳の割当が。
ありがたやありがたや。

時は金なり
が、今は金は金なり、なアタシたち。
2時間半かかったけど、ゲットしてまいりました、アメリカ政府から!
来月のアポで給与明細が出ていたら、もう駄目かな…。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-28 13:42 | Hawaii 情報
海流Evaluation
なんだか昼間まったく時間がない上、夜になるとネットの接続が悪く、パソコンに迎えず、これがまたストレス。
ネタたまっちゃうじゃない。

23日、Easter SealsによるEarly Intervention海流バージョンプログラムをくむべく、状態のチェックに2人のセラピストとコーディネイターのJasonがやってきた。
待ってましたよ、ちゃっちゃとやって、早くセラピーをスタートしたいんだから!

前回このJasonに会ってからすでに3週間ほど経過している。
その間に海流は結構な成長を見せているのだよ、すでに、セラピーなしでも。
お座りがかろじてできるようになったし、かなりズリばいのスピードがあがってきたし、スパウトで水が飲めるようになってきたし、車を1人で押しながら『ぶうううううう』とか言うしね。
ハワイの空気が良いのかこちらにきて一度も薬のお世話になっていない。

セラピストの人たちは私に質問しながら交代で海流と遊び、海流の状態をチェックしている様子。
いつもならコンピューターかTVを見たがる大洋が、彼らが持って来たおもちゃがめずらしいのか、それとも自分も混ぜてほしいのか、セラピストに話しかけて邪魔ばかり…。
ま、結果的にそれはよかったらしく、海流が大洋のまねをしようとするのはとてもよいことなんだって。

1時間ちょいと経過。
結果レポートをまとめるのに2週間ほど必要というので、次回のアポは2週間後。
やっぱり色々時間かかるのね。
とりあえず今日の感じだと、大体12ヶ月くらいの評価だろうという。
セラピーをすることにより、もちろんその遅れは縮まることが期待されるんだけど。
おそらくフィジカルセラピーと、言葉などの促進、それから栄養関係のセラピーがくまれることになりそうだ。

私がいつも不安になるのは、一体何をしてあげるのがいいのか、彼にとって、もっと厳しくトレーニングする?それともとにかくハッピーであるように優しく抱きしめてあげる?常に注意をはらって、遊んであげる?
セラピストの彼女達が言うには、私たちが今までやってきたことをやっていればよく、こうしなければならない、とか、何時間トレーニングをしなければならない、ということはない、それよりは短く頻繁に遊ぶという感覚で相手をしてあげるのが大事なんだとか。
ま、それはわかっているのだが、それが難しかったりするのだわ。
新しく提案されたのがベビーサインをつかってみること。
海流は人の動きをじっとみてまねするのが好きなようなのでサインはとても有効だろうという。
確かに、それはいい案かも。
そしてアイコンタクトがとても大事だということ。
話しかけるときは必ず目と目をあわせて。

海流1才6ヶ月。
おすわりとずりずりハイハイができるようになりました。
チェリオもそのまま食べられるようになりました。
マグで水分がだいぶ飲めるようになりました。
『まーままままま』と、意味はわかってないかもしれないけど、ママらしき言葉を発するようになりました。

セラピーの開始が待ち遠しいわ。

e0068103_16124393.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2008-06-26 14:01 | 海流
Hanauma Bay
今日、なにする?
ビーチでしょ。

金のないファミリーが週末を過ごすには、ビーチ、これしかない。
が、いつもワイキキでは飽きる、ノースまでいくのは面倒、ということで、ハナウマベイにふらりと行って来た。

e0068103_1652360.jpg

おおーやっぱりキレイ!
心配してた駐車場も、到着が遅かったので逆に入れ替わり時間でよかったのか、結構スンナリと。
しかしさすがに観光地化、駐車場も入場も金がかかるのだ。
ま、駐車場は1$、そして入場は、ハワイ在住は無料。
観光客は5$。
そしてそして、入場するのに10分ほどの説明ビデオをみなくちゃいけない、これが億劫、なんだけど一度みれば1年間はみないでいいそうな。
ということでもちろん名前を登録、次回からは顔パスで入場できちゃう!

入場してまた驚くのが、ここでも金かせぐかハナウマベイ、ビーチまでの坂道をトラックが走っていて、下り50セント、のぼりは1ドルとるんだと。
いやぁセコイ商売してるわ。
でも抗えない、下りは歩いたけど、帰り坂道を登るのは結構キツイ。
我が家も結局乗ってしまいましたよ。

e0068103_16571277.jpg

久々にダディと遊べてご満悦の王子2人。


e0068103_16575180.jpg

水がちょっと冷たかったけど、海流もゴキゲンで水遊び。

ワイキキと違ってここのビーチは禁煙、そして食べ物もビーチでは販売なし。
持込は規制されてないのだが、買う場合は入場前に、でないと、坂道を何度も行ったりきたりするハメになる。
私たちは(節約ファミリーだからね)お弁当持参!
おにぎりやらサンドイッチ、スナックに果物をシッカリ持込み、本日の出費は1$の駐車場と、2$のトラック代。

帰りの車中はキッズのお昼寝タイム…運転手ダディと世話役マミーは、もちろん寝るヒマなしで。

『今日はリラックスデーのハズだったんだけど…』
ダディはお疲れモードですが、ま、キレイなビーチで遊んだだけで十分リラックスでしょ!

ちなみに、そんなおつかれのくせに、またディナーあとビーチまで散歩してサンセットみよう、と言い出したのはダディです…。
ハワイは旅するとこで住むと飽きる、と言うけれど。
まだしばらくは飽きずにいけそうだな。


e0068103_1754183.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2008-06-24 17:10 | Hawaii 情報
Hawaiiでヨガ!
ある意味エクササイズ中毒になりかかっていたワタシが、ハワイにきてからまーったくマトモにエクササイズできていない。
朝起きてヨガしてると大洋とか起きてきちゃうし、そうすると『お腹すいたー』と始まるし、ダディも使8時出勤なので7時半には出ないといけないので、しっかりヨガするためには5時とかに起きないと間にあわないのだ。
日中はキッズがかわりばんこに手を焼かせてくださるので、じっくりヨガ、とか腹筋ビリーなんてやってるヒマなし。
もちろん2人を連れて公園にいったりビーチにいったり、エネルギーはかなり消費しているのだが、『エクササイズ』とはちょっと違うんだよな…。

そんなに疲れてるのに、まだエクササイズしたいのかって?
ええ、しますとも!

ネットでちょこちょこ探して感じたのが、犬もあるけばジムにあたる東京と違って、ナイ、あまり。
ホテルについてるジムを別にしたら意外といわゆるスポーツジムっていうのもないし、ヨガスタジオもいくつか固まってカイムキエリアにあるくらい。
あとはワイキキのビーチでやりましょう、みたいなサークルっぽいのがある程度。

で、試してみたのがここ、その名も Yoga Hawaii
あまりにストレートな名前で、ちょっと笑えるわ。

カイムキまでバスでイケナイことはないが、非常に遠回り。
自転車が理想だが、まだ買ってないので、とりあえずダディに車で送ってもらう。
まず金曜日の夕方、フリートライアルを受けてみて、スタジオの狭さにちょっと驚く。
年季のはいったビルの二階、受付もなにもありゃしないのだよ。
なにせ東京のスタジオって、結構大きいとこが多いし、きれいだし。
レッスンはトライアルの紹介クラスなので軽いレベルだったけど、まあまあかな、ということで、実際のアシュタンガヨガクラスを試してみることにした。

初めてのクラスは、ハワイレジデントだと5$で受けられる。
二回目からはシングルチケットが15$、回数券のようなものを買うと4枚で48$、一回12$で1ヶ月有効。

アシュタンガは、私が東京でやっていたパワーヨガにポーズが結構似ていて、それをもっと一連つながった動作にした感じ。
生徒のレベルは様々。
Half Primary というクラスを受けてみたが、私のカラダであればついていくのに全く問題はナシ、Fullのクラスでもいけそうだな、でもまあ、まずはこっちから、しばらくここに通ってみようかな。

まずは週に一度だけでも。
ようやくエクササイズ道の一歩を踏み出した!
そのうち自宅でヨガストレッチクラスを、または訪問レッスンなんてのをやります!
いつになることやら…。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-22 14:56 | Hawaii 情報
ハワイで節約
ここのところ政府のサポート機関や公共のプリスクールシステムもどきに電話して、わかった。
私たちファミリーは中途半端に貧乏でもリッチでもない、という事実。

そう、サポートを受けるには、だーりんの給与が(ちゃんと全額もらえれば、のハナシだが)限度額を超えている。
が、サポートなしで物価高のハワイで家賃をはらって食費はらってプリいれて、なんてしていたら完全に赤字。
ちくしょーこれだからサラリーマンって、ごまかしがきかないのよね?
でも、まだ給料の1ドルももらってないのに、どうやって所得を計算するんだ、と思ったら、何かオファーレターとかのようなものから、日割りか時間給で計算するんだとか…。
そしてこの限度額、東京の都営住宅申し込みを思わせる、なかなかに厳しい限度額なのである。

そんなわけで、アテにしていた大洋への補助金や、Head Startという安いプリスクールは期待できそうにない。
果たして月700ドルのプリ代を出して、日に日にあがるガソリン代をはらって車をキープし(まじで、1ヶ月ですでに5セント以上の値上げ)、家賃が1700ドルとかしちゃう2ベッドルームを目指して引越しなんて可能なのか?

ぜーったい無理じゃんよ。

ま、とりあえず、ここでできる節約するしかなさそう。
12月までお世話になるこのお部屋を少しでも快適に、お金をかけず。
e0068103_2284264.jpg
15箱届いた荷物は、アタクシの実力で無事全てどこかに納まった。
泣く泣く処分してきた成果で、この私の靴も数箱のみ(笑)!
キッチン横の棚は食料庫から靴箱、ベビーカーまで収納して大活躍。


e0068103_2305336.jpg
クローゼットも余裕。
小さいタンスが一つあるだけなので、買わないとかなーと思ったが、とにかく今家具なんて買ってられない、かけられるものはかけて、あとは畳んで棚に積んでみたり。


e0068103_2322650.jpg
そしてお得意の段ボール活用術。
本棚やバッグをいれるケースに早変わり。
こうしておけば次の引越しもラクチン。
もちろん残りの段ボールも全て捨てず、たたんでベッド下に。
半年後にはまた引越し(うまくいけばね)なんだから。



買わなくちゃと思っていたフライパンや鍋も、とりあえずあるもので我慢することにして、まな板とタッパーを数個、それにお湯を沸かす小さなポット(11$なり)、最低限の調味料を購入。
一番高かったのはキッズ用のWサイズお布団、100ドル。

ちなみに、いくら節約しなくちゃといえど、ストレス発散のもとはかかせません。
だーりんにとってはビール、そしてアタクシはもちろん。


e0068103_2373360.jpg

先日みつけたバケツサイズアイス、買ってみました!
SAMSで、4,7リットル、6ドルちょっと…ハーゲンダッツとかドライヤーズに比べて節約かも!

…味も、節約味でした…そりゃ、そうだろ。
やっぱりここで節約はしちゃいけない、と実感。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-22 02:39 | Hawaii 情報
これも成長?
誰も教えてないのに…
e0068103_17145140.jpg

こんなこと、覚えた。
むにゅううううう。
私たちが爆笑したら、大ヨロコビで自分も爆笑。

お座りは未だにいやがってあまりしないけど、SAMSのカートは気に入った模様。
e0068103_17163734.jpg

2人のっけて押すと、まるでワークアウトだよ…。

大洋がデカイので並ぶとちっちゃいけど、去年大洋がきていたTシャツやパジャマを、実はもう着てる。
ママ、背中や腰が痛いハズだ。

e0068103_17204994.jpg

うつぶせもいいけど、ハイハイとかたっちもね…。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-21 17:21 | 海流
アメリカ紙事情
ハワイにきて、なんでもかんでも高いけど、何が驚くって。

ティッシュペーパーの高さ。

12月にきたとき一箱3ドルという、人生最高値のティッシュを買った記憶があるが、今回WalmartやSAMSに買いにいっても、やっぱり高いのだ。
クリネックスブランドは、3箱で6ドル、ノーブランドのものでも、3箱で3ドル80セント、これがたぶん一番安い、いまんとこ。
よくよくみたら、トイレットペーパーとかも高いじゃん、12ロール8ドル???
なぜだ、オムツとかはそんなに変わらないのに。

街でティッシュを配っている東京、そのティッシュを送ってくれ。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-20 14:02 | Hawaii 情報
小さなBig Brother
ちょっと疲れている、そのせいか、些細なことでホロリ。

ズリバイもはじまり、お座りもなんとかちょっとの間するようになったとはいえ、まだまだ自分から動いたり座ったりしない海流。
ほっとけばいつまででもゴロゴロ、怠け者。
今日は出かける際に、すぐだっこしないで玄関まではってこい!とやってみた。

が、うごかねえ。
『あーああああ』
手をふって、こっちにコイコイ、とよぶ。
おまえがくるんだよっ。
『かいるーおいでー』と、アタシ。
『かいるくーん、おいでおいでー』と、大洋。

が、うごかねえ。
遊んでるとでも思ってるのか。
段々イライラしてきた私は、『じゃ、いこう、大洋』と置いていくフリをしようとした。
すると。
『駄目だよ!まだちっちゃいんだから、泣いちゃうよ!』
…なんだか、ジーン。
はっ、感動してる場合じゃないって?

海流はちょっと前進してはとまって、ほんの1メートルがなかなか近づかない。
私が一瞬目を離したすきに、大洋が手をひっぱって動かしていた。
e0068103_13441266.jpg


そのあと公園で、新しいお友達をゲット。
大洋より小さいのだが、一緒に滑り台をしたり走ったりするだけで、とても楽しいらしい。
自転車を貸して、後ろから押したり、見事なBig Brotherぶり。

海流が一緒に走り回れるようになるのが待ちどおしいね、大洋。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-20 13:45 | 大洋