人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

育児バトル
これは彼がアメリカ人だからなのか、それとも単に個人の見解の違いか。
育児バトルが勃発している、今日この頃、ものすごーくくだらないことなんだけど。

例えば靴下。
彼は大洋が自分で履けないのが気になるのか、毎朝なんとかしてやらせようとする。
そしていやがる大洋は「マミーやってー」と逃げてくる。
私は足の先に靴下をいれてやって、自分でひっぱらせて「よくできたねー」とか言っちゃうんだけど、彼は「You didn't,mommy did!」とか言うし。
いいじゃん、そのうち1人ではけっから、って私が言うと、怒る。

例えば靴。
大洋は赤い靴がお気に入り、でも小さくなってきている。
で、16センチの茶の靴を、彼は履かせたいらしい。
「They are too small!」
とかいって無理矢理茶の靴を履かせるのだが、大洋は朝から大泣き。
いいじゃん、そんなに履きたいんなら、もう少し赤でも、って私が言うと、
You want your boy to wear small shoes?
とか言って、キレるし。
赤い方が履きやすいんだよーとか言っても、子供にそんな理屈があるわけない、と。

彼は基本、厳しい。
食べ物とかTVに関しても、多分私のが甘い。
でも日中保育園でちゃんと出されたもの食べてるし、TVも見てないし、私は家に帰ったときくらい、いいじゃん?って思ってしまうのだ。
それでも彼がうるさいので平日はTV見せてないし(おかげで私も夜のTVがまーったく見れない)、食事も少しでも色んなものを食べさせようとしているわけで。

靴くらい、いいんじゃない、赤いのはかせてやれよ、靴下くらい、まだ2才だし、18にもなってマミー靴下履かせて、って言ってたらキモいけどさ。

ダディに、無理矢理茶色の靴を履かせられた日の帰り道、ずーっと大洋は「ブラウンシューズやだ、はかない、赤いのはく」と言っていた。
そうよ、何か理由があるはず、茶色のはどっかあたって痛い、とか、うまく説明できないんだと私は思う。
親には親の気持ち、でも子供には子供の気持ち、があるんだと思うよ。

てなわけで、今日はダディが朝いなかったので、赤い靴を履いて行った大洋でした。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-29 20:04
ぷーる開き!
待ちに待った!
親子ともに!

保育園プール開き

去年最年少ながらいきなりワニ歩き(プールの中ではいつくばることかな、ようは)保育士達をびっくりさせた大洋。
1歳児は普通小さなビニールプールの方に入るのだが、大洋くんは大きいほうがいいみたいですねーと言われたっけ。
そして私もまってました、これ。
最近なかなか寝ない、エネルギーの有り余る王子、プールでぜひとも完全燃焼を狙って頂きたい。

そしてなぜか。
e0068103_19295893.jpg

プール帽がお気に入りの大洋王子であった。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-29 19:29 | 大洋
はつらつ食品
摂食栄養指導
タイトル通り、ほんとに「指導」だった。
海流のダウン症評価の一つである。
私は「栄養相談」のようなもの、のつもりで、今食べさせている離乳食を少し持参していってみた。

まず離乳食の「評価」。
ツブがおおい、固い、などなど、かなり駄目だしされる。
飲み込みがまだうまくできないので、あごをおさえて食べさせるとか、椅子の角度はどう、とか、回数はまだ一回でいいとか、調理に母乳使っているというと、それは粉ミルクのほうがいいのでは、とかとかとか。
でもって、ゆるゆるにのばされた果物のペーストを「食べさせてみて下さい」ときた。
歯科医と栄養士の専門家が、未熟な母親の食べさせ方をチェックすると言うわけだ。

かなーり、居心地悪かった。
気をつけなくちゃいけない、っていうのはわかるんだけど。
別にむせて咳こんでるのを無理に食べさせてるわけじゃないし。
夜も私たちが食べていたら食べたそうにするからあげてみたら、喜んで食べてるんだし。
それに、バナナを母乳でのばして何が悪いっちゅーのさ?
あげくには「母乳をあげるときの角度にも気をつけて」とな。
6ヶ月のませて来て、こうやってちゃんと飲んでるからおっきくなってんじゃんよ。

「2、3ヶ月後に、また見せてくださいね
この「指導」の効果を見せに来い、ということですか。

逆らうのもばからしいので、はいはい、と聞いてたけど、家に戻ってからなんだかとーってもイヤな気分になってしまった。
そりゃ未熟だけどさ、障害者の母としては、でも6ヶ月海流の母として一生懸命やってきたし、大洋の母としては、もう2年10ヶ月もやってきてるんだけどな。

とどめ。
飲み物にとろみをつけるもののサンプルもらって、「これで注文して下さいね」とわたされたパンフレット。
はつらつ食品ーかむこと、飲み込むことがスムーズにできない人のために
ようは、まあ、障害者とか老人の介護用の食品パンフレットである。
とろみをつけるものなんて、赤ちゃんグッズでもあるんだけど。

これも、自分のこを障害者とみたくない、親のエゴなのだろうか?
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-28 22:03 | 海流
New Baby友達
大洋のファーストラブ、かりんちゃんのママとのつきあいは長い。
母親学級でであって、それ以来ずっと仲良くしてもらっている。

さて、彼女もついに二児の母に!
うちは男の子2人、彼女は女の子2人。
世の中うまくいかないもんだ。

じゃーん。
e0068103_1422139.jpg


大きさが違うって?
だって彼女はまだ1ヶ月!
それにしても、海流の産まれたときより小さいんだから…そりゃ違うわね。

小さいけどシッカリしたお顔で将来有望の美人さん!
今から予約しとくか…ボーイフレドの座。
e0068103_14244191.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2007-06-27 14:23 | 海流
卒業!
ついにやった。
いや、まだこれから多分失敗もいっぱいあるだろう、が。
とりあえず。

オムツ卒業!
いやっほう!

フランスではまったくトイレに行かなくなり、またまたオムツ逆戻りだった王子であるが、どうやらそれは私でも落ちそうなでっかい便器のせいだったようだ。
帰国して補助ベンザやオマルのある環境に戻ると、またきちんと行きだした。
そして勇気を出して週末外出時にもパンツ実施→早速失敗、も実はあったが、それでもトイレの前までいって、たまたまオヤジが使用中で待たされ間にあわなかった、という理由であった。
そしてここ1週間ほどは、寝ている間のオムツを濡らすことなく過ごしていて、昨夜はなんと自分から寝るときもパンツをはく、と言い張ったのである。

うーん…どうする?
ダディとコソコソ相談する私。
寝てからオムツに替えようか?
いやせっかくだからやらせてみようか?

と、やや小心者の私たちは一応おねしょシーツをひいた上で、パンツで寝かせてみることに。
ちょっとどきどき。

2時頃、大洋が寝言を言いながらマミーをよぶ。
オシッコいくっ?
眠気もふっとぶ、マミー。
腰を痛めた反省から、夜中はオマルを二階にセッティングしてあったので慌てず騒がず、夜中のおしっこタイム。

じょー。

あーよかった…これで朝までもつだろ。

そうです、見事朝までパンツで布団濡らさず、マミーも腰いためず。
これをオムツ卒業と言わずして、なんと言う!

しかしこれまた、マミーの睡眠不足に拍車かけるなー。
12時に海流おっぱい、2時に大洋おしっこ、3時過ぎに海流おっぱい、で5時半海流もぞもぞ、6時にはまたおっぱいして、そのまま起床。
寝た気しねー…。

これからも当分体力勝負です、母。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-25 22:04 | 大洋
大冒険の旅
よいどれオヤジを家に残し、書き置きもせずに、マミーは勇気をだしてキッズとともに大冒険へ。
腰は痛いし、肩こりだし頭痛はするしで、絶不調の私、無事にたどりつけるのか…。

まずは小田急線。
電車小僧の大洋は、最近はぐずることもなくおとなしく窓から外を見ているので、これは楽勝。
いつもなら成城学園で急行に乗り換えるのだが、すわれないと面倒なので各駅停車でノンビリ行くことに。
すると
「あっちの電車にのるよ」
と、大洋。
「今日はこのままこれでいくよー」
「あっちに乗る!」
と、ひと悶着。
子供の記憶力はあなどれない。

無事に駅までたどり着き、じいじ達と待ち合わせのデパートへ向かう。
「トーマス!」
デパートをみるや、叫ぶ大洋。
はたまた、子供の記憶力はあなどれない。
e0068103_20272156.jpg
トーマスやら他の機関車やら、ばあばに何度もコインをもらって乗りまくり。
マミーやダディだと一度しか乗せないんだけどね。
今回めずらしく乗ったのはこれ。


e0068103_20291326.jpg

ちっちゃなメリーゴーランド、100円。
トーマスたちは2周で200円、こいつは結構まわって100円、なにやらオトク感。

それから私の姉も加わってランチ。
私が海流に授乳しにいこうとすると、
「大洋も!」
とついてこようとした大洋だが、
「大洋はばあば達とゴハン食べててね。」
言うやいなや、くるりときびすを返し、さっさとばあばの手をとる王子…はやっ!
メシと聞けばそれかいっ!
ランチ後は姉の家により、ベランダから電車をみて遊ぶ。

散々遊んで食べて、さて帰ろう、という頃に眠くなる…そーなんだよ、これが問題なのだ。
ナントカ駅までは歩かせたが、大人の足で20分のところ40分かかり、マミーはぐったり、いやいや大洋もかなりぐったり。
電車の中でもちろん…ZZZZZZ
これを予想して、駅までダディに迎えにきてもらうことにはなっていたが、さて降りるのが実は難関。
なにしろ私は腰痛女である。
まず海流をベビーカーから出してスリングに。
ここで起こされた海流が大泣き。
で、爆睡している16キロ=20キロくらいに感じる大洋をどうやってベビーカーへ…おおおお、これは思ったより難しいぞー!
ダディー、ホームまできてくれっ、ここ何両目だ?と思ったとき、神の手が。
「手伝いましょうか?」
同じく子連れのママさんが、あたたかい手を差し伸べてくれたの。
アタフタとしている私を見るに見かねて、大洋をベビーカーに乗せてくれた。
ありがたや、世の中助け合いだわ、私もこういう場面に出くわしたら、絶対に手をかそう。
おかげで無事、到着。
改札口では明らかに二日酔いのダディがお迎え。
あああああー長かった!

2人つれての初遠出、なんとかやりました!
といっても町田だけど。
小心者未熟者の私には、ものすごい大冒険。
いやー世の中の2人3人連れてるお母さん、すごい。
母は偉大だ。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-24 20:43 | 大洋
一万円の夜遊び
ひさびさに、やられました。
花の金曜日、会社の飲み会、というメッセージを最後に消息をたった彼。
もちろん先にベッドに入っていたものの、眠りの浅い私が12時、1時と起きてもまだいない。
携帯にメール。

you owe me 10,000 yen

そうです、何ヶ月か前に、連絡無しで朝帰りしたら一万円、というルールを作った私たち。
さすがに金がかかってくると連絡をきちんとするようになったので、これはどうしたことか…うーん。
2時、海流におっぱい、まだいない。
4時、えーまだいねええええ!

さすがに心配になり、電話してみるものの
「ただいま電話にでられません」
のメッセージがむなしく…。

どこかの駅で寝てるとか?
いやいや奴はでかいし外人で目立つから、からまれて何かに巻き込まれてるとか。
浮気してるとか?(いや、それはないか?)

もんもんとしていると、時間はすでに5時、そろそろ海流の次のおっぱいタイムじゃーん!

がちゃり。
がたがた。

無事に帰ってきやがったー!!!
怒りあらわに降りて行くと、おおおおおいおいおいおい。
目が据わってる…。
私の怒りのパワーも感じないくらい、泥酔状態、これまた、超久しぶりっていうか、ここまでは見たことないかも、くらい。

hi

と言った切り。
あまりにクサイのとムカついたので、「臭いから二階へくるな!」
と言ってベッドルームに戻る私。
6時頃海流におっぱいをあげて、なんと大洋も起きてしまい、眠い目をこすりながら降りていくとリビングで大の字、しかも酒くせー。
なんてメイワクな奴。

怒る気にもなれず、というか、今怒っても多分感じないだろう、ということでさっさと二階へおいやり、朝ご飯を食べて洗濯して、私たちは快晴を楽しむべくお出かけすることにした。
1人で2人連れ、の遠出は初めてなので、とりあえず無難に実家方面へ。
ちくしょーみてろよ、このツケはしっかり払っていただくわ!

昼過ぎに何度も彼から電話がはいるがムシ、ムシ。
メッセージにはめちゃめちゃ暗い声で謝罪のメッセージが。
そろそろゆるしてやるか…、私も甘いな。

しかしオトコってなんでここまで飲むか?
連絡ひとつがなぜできない?
まず酔っぱらう前にだれとどこにいるかくらい、連絡しろ、子供じゃないんだからっ!

一万円、しっかり頂きます。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-24 16:08
返り咲き、咲かず
あーんなにはりきってジムに入会した直後、今朝、やっちまった。

朝いち起き抜けに、大洋王子の一言。
「マミーおしっこぉ〜」
がば!
眠気もふっとぶその一言。
はいはいっと王子をベッドから抱っこして降ろした瞬間。

や、やった…。

腰、やられてしまいました。
これってギックリ腰い???
そろそろと立ってみると、よかった、たてる、が、いや〜な痛みが。

どうやらひねってしまった様子。
通っている整体にいってみてもらうと、軽いねんざのようなものらしい。
腰のねんざ…一体いつまで痛むものやら。
大洋はおろか、海流の抱っこもかなりキツイ、特に階段。

抱っこの出来ない母親なんて!!!

おまけに今朝は暑さのせいか海流が発熱し、予定していたママヨガはお休み、整体だけにはいかなくちゃ、とむかう途中咳き込んだ海流がおっぱいを吐きスゴスゴと引き返し、帰った吐いて気持ち良くなったか海流はゴキゲン、体も熱くなくて熱もさがってきている。
あらためて整体にでかけると激混み。
ううう、ついてない日ってこんなもんよねえ。
帰りはランチのパンを買おうとパン屋に向かうと、急病のため休み(そういえば昨日も休みだった!と後で思い出すアホな自分)。
ランチ後昼寝しようとするが海流はなぜか元気いっぱいではしゃぎまくり、なかなか寝ず。

そして今、この暑いなか、汗をかきながら海流は爆睡中なり。
もう少ししたらでっかい王子のお迎えだから、私は眠れず…ああああ。

ま、おかげで、おしっこは間にあいました、朝。
やったね、大洋王子。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-21 15:47 | 美容と健康
返り咲き
ついに、ようやく、やりました。

念願のジム再入会!

第一子のときは、なんと生後三ヶ月くらいでカムバック、平日は週に一度ばあばに面倒をみてもらい、週末はダディにみてもらうというワガママを通し、週二回のレッスンを自分に課していたものです。
が、さすがに今回は自分の体調不良もあり、2人の子のタイミングをあわしてダディに預けるのも難しく、はたまた海流の病院やら何やらでそれどころではなかったのです。

が。

ばあばもダディも「行っていいよ」と、はてしなく協力的なコメント。
ていうか、この腹の贅肉ヤバイよ、と暗に言っていたのかもしれません…ほんtの、やばい、まじで。
2人産んだからいいや、ではなくて、2人産んだからこそ、ナイスバディ!を目指して、それに気分転換リフレッシュ、ようし、やるぞ!

と、やる気だけは満々。
夏目前、ていうかもう夏?このたるみきったカラダをなんとかせねば。
がんばります、二児のママ、やります、返り咲き。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-21 09:40 | 美容と健康
隠し撮り
カメラ目線というけれど、海流はカメラを向けるとぴたりと笑うのをやめるし、動きもとまる。
6ヶ月にして、すでにカメラを意識しているのか?
笑顔とるのは至難の業。

なので、頭のほうから、カシャリ。
e0068103_12131527.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2007-06-19 12:13 | 海流