人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2006 年の瀬
思えば2000年から、私の激動の人生は始まった。

まず2000年、彼と出会い、過去のちょっとしたモロモロを一掃し、新しい職をゲット、2002年この梅ヶ丘に移り住み、転職しステップアップ、2004年妊娠発覚、うーんっ、と考えた末、結婚、出産、親になるという大事業を成し遂げ、2005年復職、したかと思ったら1年後に予期せぬ第二子、出産、そして、なんとなんと三姉妹で育ったこの私が二人の王子(プラスでっかい王子)の、母になった、2006年。

すごい、なんかこの数年で、すごいことになってる。

自分はとてもラッキーな人間だと思う。
こうやってスゴイ数年を過ごしてこれたのは、周りの人たちのおかげ。
全てのきっかけを作ってくれた彼に、いかなるときも私の強い味方でいてくれた家族に、母になるという人生最大のチャレンジを与えてくれた、二人の息子に、いつも話しをきいてくれた友達や暖かい言葉をかけてくれた近所の商店街の人たちに、本当に
ありがとう
を、言いたい。

あと。
自分に。
えらいぞ、自分!
よくがんばった。

ということで、やっぱ最後には一番自分を褒めてあげたいと思います。
来年もがんばろう、愛しいこいつらのために。

e0068103_1554541.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2006-12-31 15:54 | その他 Others
ファミリーパーティ
年の瀬、28日。
彼の会社の仕事納め。
このご時世に珍しくファミリーパーティなるものを、この会社は開催するらしい。
なにせ我が家は1ヶ月未満の王子がいるから、無理じゃない、参加は、と言ってみたが、それで納得するようなダーリンではない。
なにしろ産後一か月は外に出さない、というのはオカシイ、と頭から決めつけて、大洋を生後二週間で散歩に(勝手に)連れてった奴である。
最初は渋っていた私だが、しつこく説得され、場所が目黒雅叙園、というのにも惹かれ、タクシーで行けばいっか…と、何を血迷ったか行く気に なってしまった。
これも二人目の母の図太さかしら。
しっかり、タクシーは事前に予約までして、途中授乳することも考えて服を選んで、ばあばに早めのお迎えをお願いして、準備万端。

e0068103_2050469.jpg
e0068103_20501562.jpg当日、彼と待ち合わせして会場につくと、スゴイ人。
想像以上。
彼も実はほとんどの人を知らないと言う。
出がけにしっかりおっぱいを飲んだ海流はグッスリすやすや、会場に着くなりウンチをかましてくれた大洋のおむつ替えを済ませ、乾杯後はまず食べに徹底。
彼の会社のパーティだから、がっつく訳にもいかないだろうな…という期待を見事に裏切って、特に知ってる顔もないというのでちゃっちゃか食べに走った。
腹ごなししてから、彼の知ってる顔ぶれに合流。
そしてビンゴ大会。
その間、海流爆睡。
大洋は大はしゃぎで暴れまくり。
8時近くなりようやく海流がお目覚め、ぐずりだしたところで、ママ、ビンゴ!

なーんてすばらしいタイミングなんでしょ。

大洋つれて部隊にあがり、ローラアシュレイのテーブルクロスをゲットした後、海流を連れて授乳に走る。
場所を探すのは面倒なので、トイレの中にあるお化粧コーナーの椅子に陣取り、おっぱいタイム。
満足した海流はまたそこから爆睡…。
ホントに親孝行だな、こいつ。

1ヶ月の赤ん坊、二才の暴れん坊を連れてくる(しかも新入社員の)オクサンなんて、そうそういないんだろうね、皆、驚いてました、ハイ。
図々しくお邪魔して、いっぱい食べて、ビンゴであたって、おみやげのお菓子まで大量に頂いて、いやいや、ほんとありがとうございました。
タクシー代払って行った甲斐がありましたわ。

ちなみにビンゴの景品は、日々お世話になりっぱなしの実家へ行く予定。
ちびっ子のいる家庭でローラアシュレイのレースのクロスは、とってももったいなさすぎるのでね。
来年またね、と彼の同僚に言われたけど、そうね、来年も彼、ここで働いてたらね…。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-30 20:56
1ヶ月検診
なんと。
早いものです。
第二王子の誕生から、もうすぐ1ヶ月が。
気づけば年の瀬。
元旦がちょうど1ヶ月にあたるので、一足早めに一ヶ月検診に行ってきた。

海流を連れて、初めて二人きりの外出。
前回聴力検査の際は、甘えてばあばにつきそってもらったのだ。
これからはどんどんこうやってでる訳だから、ちゃんと一人でやらないとね。
スリングにすっぽりとくるんで、だっこで出発。
先日保健センターからきた新生児指導員の人に習った、スリング縦抱っこをにトライしてみる。
ぐぐっぐ、うう。
な、なんだかうめいてるけど、大丈夫なのかなあ?

抱っこで歩き始めてたらスグに寝入ってしまった海流、病院についても起きる気配なし。
確か大洋のときは十分におっぱい飲ませてこなかったから、待合室で大泣きされたっけなあ。
もちろん今回は、でる前にたっぷり飲ませて(そしてシッカリうんちもして)きた。
ということで、なんの問題もなく、のハズであるが。
心配事が一つ。
それは数日前にきた、その指導員の人が体重を測ってくれたときに発覚したこと。

海流、体重が思ったより増えていないのである。

新生児は最初の一ヶ月に、少なくとも450グラム、多ければ1㌔くらい体重が増えると順調、と言われている。
初の子育てで母乳が足りているか心配ばかりしていた大洋は、1㌔近く増えていた。
が、今回。
最初から母乳もでてたし、グビグビのんで長時間寝る、この海流はなんの心配もしていなかった。
が。
なんと400グラムも増えていないというではないか!
ええええええ〜。

保健士さんも、不思議顔であった。
まあ検診もすぐだから、そのときにまた測ってみて下さい、と言われてきたのだが、しかし、新生児でおっぱい飲んで4時間とかぐっすり寝ちゃうっていうのに、足りてないなんてことがある?
空腹ならピーピー泣くだろう。
おかしい。

病院での検診の結果、4520グラム。
410グラムの増加、であった。
ホントに、思ったより増えてない…。
こう数字で示されると、急に不安になる、やはりまだまだ初心者の母。

医者もうーんと不思議顔であったが、なにしろもとが巨大である。
ので、そんなに心配することもなかろう、ということになり、回数を少し増やしてみては、ということになった。
が、寝ちゃうんだもんねえ。
起こしてまで授乳するのも…。

いや、気にするのはやめやめ。
だって元気だし、ぐびぐび飲んでるし、おしっこもウンチも順調にでてるんだもん。
増えが少ない、といったって、4520あるんだもん。
普通の子の、1ヶ月よりでかいんだもん。
きっとあまりに急激にでかくなったら、ママが大変だろう、と少しペースダウンしてくれているのだろう。
それに、ものすごーい動くから、脚とかバタバタっと、きっと消費しているのよ、飲んだ分!(ということにしておこう。)

いわゆる「目安」って、時にこうやって不安の材料になるわけですね。
あくまでも成長は「個人差」だ、と。
ちなみに、検診後はりきってイッパイ飲ませよう、と、長々吸わせていたら、そのあと4時間以上爆睡してしまった海流。
回数増やすどころか、減っちゃうよ、これじゃ。
でもこの飲みっぷりと、幸せそうな寝顔、足りてる足りてる、そうに、違いない。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-29 18:37 | 海流
不器用じいじの愛
実家サポート、というと、まあメインはやっぱり母なのだが、今回は父、”じいじ”も大活躍してくれた。
これもひとえに、娘への愛。というよりは、孫大洋への愛、であろう。
(あとは、妻への愛、か?)

じいじの役割は、得意な掃除、そして大洋のお迎え。
ぼーっとすることができない彼は、私と母のようにノンビリお茶しながらしゃべる、という時間はやや苦痛らしく、何か用事はないのか、と常にスタンバイ状態である。
勤勉でまっすぐな彼、しかしどうにもこうにも不器用、なのを再確認してしまった。

なにって。
ベビーカーの扱いである。

大洋は今いわゆるB型というバギータイプのを使っていて、なんのことはない、レバーをひいて開く、もちあげてたたむ、片手でもポン、なんてウリのものなんだが、これがじいじには至難の業らしい。
じいじが大洋をお迎えに行き戻ってくると、まず大洋が入ってきて、そのあとじいじは一人ドアの外でベビーカーと格闘、なかなか入ってこない。
その間大洋は、
「じいじは?じいじは?」
と、何度も玄関のほうを見ながら聞く。

そんなことを繰り返していたら、ついにベビーカーを歪ませてしまった、じいじ。
どうやら無理矢理たたんだ、結果のようだ。
まだ使えるが、タイヤの向きが平行じゃない、らしい。
あちゃー。
いやはや、バギーとはいえこの固いフレームを歪ませるとは、なかなかどうして、マッチョなじいじである。
悪戦苦闘している姿を思うと、思わず笑ってしまうが。

いえいえ、責めているのではありません、感謝してるのです、ホントに。
大洋もじいじの愛に応えて、昨夜はじいじが雨のなか帰ってしまったあと、何度も
「じいじは?」
と聞いておりました。

よーし、じいじばあばのお家に「一人でお泊まり」まであと一歩か!?
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-27 13:30 | 大洋
ダメ母の友
ついに3週間、実家のフルサポートの期限が切れた。
いわゆる「産後3週間は床上げせず」というやつで、一人目のときもだいたい3週間、平日は毎日実家から母や父が通ってきてくれたのだ。
で、ついに終了。

もろもろマイナーなガタはきているが、基本的に回復が早く元気な私は、どうみてももうサポートなしで十分やってけるだろ、と誰もが思うハズ。
実際新生児の世話に関しては一人目に比べて数段ラクだし、退院した翌日から朝6半におきて朝食の支度とかしてるし、区役所に出生届なんかも自分で出しに行ったし、商店街のお顔見知りは私の元気な姿に驚くほど。
が。
が、なのである。

何を手伝ってもらうより、何より、誰かが毎日来てくれる、というのが、なんとも心のよりどころであったのだ。
朝起きて彼と大洋を送り出し、洗濯して掃除して、海流が起きる頃にベビーバスの仕度して、何の苦もなくちゃかちゃか動き回っていたのであるが、昼近くなり母が顔を出すのがヒジョーに楽しみだったわけである。
で、買い物してもらって、お昼食べながらずーっとおしゃべりして、その後はちょいとみててもらって、外に空気吸いにでたり、昼寝したり、で、また3時には甘い物でお茶。
なんてゴクラクトンボな生活なんだろう。
それでも大洋が帰ってきてから寝るまでの数時間、たった数時間でイライラして疲れきっていたこのダメ母、どうする、今日からぜんぶオマエ一人でやれ!ってなったら!
そ、想像できない。

それを察してか、とりあえず年内は夕方のお迎えだけきてあげるよ、と、どこまでも心の広い実家のお二人。
(いやもしかして、この駄目な娘のイライラで大事な孫がいじめられたらかなわん!と思ったのか?)
まだほとんど寝るのが主なベビー海流と二人、夕方救世主が現れるまでどうやって過ごすかな。
朝掃除もしたし洗濯もしたし、こんな天気じゃベビーつれて買い物にもいけやしないし。
そうか、スカパーなんてよいものがあったじゃないの。
パチン。

ということで、自分勝手な彼のバースデーに加入したスカパー、このままでは自分勝手な私の昼間の友になってしまいそうです。
あーした天気になーあれ。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-26 12:57 | 海流
Merry Christmas
2006年もあとわずか。
今日はクリスマスイヴ。

e0068103_8451119.jpg
昨日は友人宅のホームパーティに、生後3週間の海流も連れてお邪魔した。
喧噪の中でよく寝る海流にみんなビックリ。
おっぱい飲んで、人様の家で盛大にウンチして、マイペース。
大洋は相変わらず笑顔を振りまいて、みんなにかわいがってもらって。
前夜ギグで朝帰りの疲れた体に酒を仕込んでしまったダディは、なにやら音楽で議論を交わし、あわや殴り合い!?
ふぅ、やんちゃ坊主三人を抱える母は、クリスマスといえど大忙しなり。
e0068103_8475473.jpg

e0068103_8455073.jpg




e0068103_847987.jpg
今夜は我が家でファミリーパーティ。
じいじばあば、そしておばバカ達ももちろんやってくる。
産後だから何もしなくていいぞ、といわれたけど、とりあえずローストチキンとサラダ、チーズやグリルソーセージの前菜を用意することに。
昨日は我慢したので、今日はちょっと飲むぞー!

アメリカのママから電話。
正直電話で英語、は今でもビビるので、彼がいるときはスグ彼にパスしてしまうのだが、タッチの差で彼は大洋と公園に出かけた後。
ということで、めずらしくしばらくお話しした。
慣れてかないとね、これも。
毎年莫大なお金をかけてクリスマスの用意をしてくれるママだが、今年は私たちも行けないし、弟さん夫婦も奥様の実家へ行く、ということで、今年はパパのご両親のところで過ごすらしい。
ラク、だけど寂しいって。
来年は、必ず行きます!
待っててね。

色々あった2006年、大変だけど、すばらしい年だったな。
メリークリスマス!
e0068103_8484494.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2006-12-24 15:19 | その他 Others
女か母か
ものすごく迷っている。
王子一人目を産んだときはまだよかった。
が、二人となって今日この頃。
髪、切ろうかなあ。

ここ十数年、セミロングからロングのストレート、定番であった。
特に、カリスマ、サトー美容師に出会ってからというもの、すばらしいカット術で私の剛毛が嘘のように扱いやすくなったので、これが一番ラクチンなヘアスタイルでもあったわけ。
ショートカットやパーマは嫌いな、彼の好みでもあった。

が、今、ここへきて悩んでいる。

なにせ時間との戦い。
赤ん坊がまだ動かないからいいものの、リビングに寝かせたまま慌ただしく大洋を風呂にいれ、あがったあとはローブをひっかけてあたふたと、化粧水をはたくまも惜しい、みたいな、そんな状態。
大洋にパジャマを着せて、それから支度して髪を乾かして、と、その間5分、といったところ。
で、ふと。

やはり、子持ちにショートカットが多いのは、うなづける…。

ドライヤーをつかう必要もないような、ショートであれば。
濡れた髪のまま寝て、風邪引く心配もないし。

しかし、なあ。

と、こんな風に悩みつつブログ書いてる間があったら、髪くらい、どってことないんじゃない?
だよね。
はあ。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-22 21:41 | 美容と健康
年賀状
ダーリンの重い尻をたたいて、ようやく我が家の年賀状が完成。

うわー…

っていう感じ。

力作、確かに。
でも、
「我が家に新しい家族が誕生しました!」
的なイメージを描いていた私、は、こ、これ…?って、ちょっと思惑が。
しかしデザイナーに文句は言えない。

ブログで公開するのは、元旦のお楽しみにしようっと。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-21 20:13 | その他 Others
すくすく育児日記
こちらは第二王子の海流。
生後そろそろ3週間になり、やや、目のあいている時間が長くなってきた。
これは嬉しい、反面、面倒。
要は、泣くという赤ん坊の仕事に目覚めたともいえる。
退院後1週間はほとんど寝る→起きておっぱい→寝る、の繰り返しだが、ここからはおっぱい後起きてる時間がでてくるわけで。

e0068103_10225791.jpg

月曜日は退院後初めての外出。
といっても、病院だけど。
産まれたときにひっかかた聴力検査の再検査に行ったのである。
スリングにいれて電車で行ったが、タブン誰もこの子が一か月に満たない赤ん坊とは思わなかっただろう。
検査は無事パス。
異常なし。


e0068103_102315100.jpg

目を開けている写真をとろうとがんばってみたが、なかなかどうして。
ベビーのナイスショットって、至難の業だわあ。
かわりにこんな顔がとれてしまった。
ま、いっか。

しかし二人育児ってやっぱキツイ。
特に夜になり疲れがでてくると、イライラモード全開な私。
カルシウム不足か?
あー誰かイライラしない方法を教えて!
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-21 10:29 | 海流
ジングルベル♪
最近寒いせいか、保育園で外遊びの時間が、どうやら、減っているとみた。
エネルギーが余っているのが明らかにわかる。
なかなか寝ず、それがまた、このダメ母をイライラさせるわけで。

で、今日は、ツリーを点灯しろとせがまれたので、ついでに音楽もクリスマスにして、親子3人でクリスマスムードにひたることに。(ベビーは寝てるだけだけどね)
カントリーミュージック風のノリのクリスマス音楽をオン。
気が向いたので、踊ってみた。
これには王子大喜び。
はしゃぎまくって、もっともっとーという。
e0068103_10165128.jpg

こんな感じ、ブレまくり。

今日もダディは遅い。
どうせ遅いならいっそ寝てから帰ってこい、と思うが、これまた中途半端な時刻に帰ってくるに違いない。
まったく、「仕事」という大義名分を得た男は、こういう時役立たずである。
[PR]

by mizuhonn | 2006-12-21 10:20 | 大洋