人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

みそぱん
食べ物に執着してる場合じゃないって、臨月妊婦のくせに。
でもコレ、なかなかのヒットだった。

下北沢、知るヒトぞ知る”アンゼリカ”。
一番の売れっ子”みそぱん”。
これが焼き上がると、ガラスのところに
「みそぱん焼き上がりました」
って、張り紙がでるのね。
ずっと気にはなっていたのよ。

ようやく買ってみました。
ふむふむ。
周りがカリっと、中はふんわり、適度な甘みの、なんていうかなあ、素朴な食感。

やみつきになる味だ、これ、確かに。
やられた。
下北へ散歩に行くひには、みそぱん求めていっちゃいそう。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-30 08:11 | グルメ
母ばか?
むくっ。
王子が起き上がって、おもむろに私たちのベッドへやってきた。
時は午前2時半。
いつもはベッドから私を呼ぶのに、今日は自らこちらへ侵入。
そうなると彼もさすがに目を覚まし、しかしこのまま3人で寝るにはまだ朝は遠い。

いつもは私が大洋のベッドへうつって寝かせ、また戻って、というのを繰り返すのだが、彼はそれをよくない、と言う。
じゃあアンタ寝かせてね、とばかりに、彼にまかせることにした。
彼は大洋を自分のベッドに抱っこして連れ帰って、
you are big boy, you can sleep byyourself, right?
と諭し、なんとか寝かせようとする。
が、もちろん二歳児にそんなことが通用するワケはない。

泣く泣く。
暴れる。

そのうち疲れたのか泣き止んで、ベッドにうつぶせに転がった。
寝たのか?と思ったが、そうではないらしい。
布団もかぶらず突っ伏している様子。
そんな大洋を放って、彼は隣で鼾をかきはじめてるじゃないの。
ちょっとー。
風邪引いちゃうよ。

結局、ソロリソロリと様子を見に近づいてみると。
ぱっちりお目目をあけて、でも泣きはせず、じいっと私を見る。

だめーこんなの放っておけない。
ママの負けです、ごめん、もっと早く来てあげればよかったよ。
私が顔を近づけるとにこぉ〜っ笑顔になり、目をつぶった。
それからシッカリと手を握り、私が隣に横になるまでもなく、ウトウトとしはじめる。

寝不足でツライ、とついつい彼にグチるので、あんなことするからだ!と言われてしまうのだけど、でもこの顔みたら、だめだなあ、やっぱりまた今夜から、せっせとベッド遠征をしちゃいそう。
これって親ばか?母ばか?
新生児のうちから赤ん坊は別室、のアメリカ的考えからすると、甘過ぎ?
なんだろうなぁ…。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-29 09:43 | 大洋
Christmas Tree 点灯式
アメリカではサンクスギビングが終わるとクリスマス、である。
日本のデパート並み。
ということで、我が家もそれにならって、クリスマスモードに入ることに。

昨年は仲良しの花屋で生のツリーを買ったのだが、やはり夏を越せなかった。
ので、今年は実用的になろう、とニセモノで我慢。
とはいえこの狭い家で150センチのツリーは、なかなかどうして、立派にみえるもんだ。

e0068103_872785.jpg
まずダディが組み立てて、ライトを設置して。
こういう飾り付けは、我が家では彼のオシゴト。
私は手も口も出しませぬ。
だってウルサイんだもん。




e0068103_882332.jpg
王子参戦。
予想通り、下のほう、同じ場所に同じ飾りが…後ほどダディの修正が必要なり。



e0068103_893382.jpg


じゃーん!
これから一か月、我が家の電気代はうなぎのぼり!
きゃー!
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-27 08:10 | その他 Others
まだまだ
金曜日は院長の検診、と知っていたんだけどね。
王子を出産した病院は親子二代でやってる個人病院。
ちょー古くて小さな病院なんだけど、先生の人柄と家庭的な雰囲気が気に入って、今回もそこで出産することに決定。
で、先生、そう、人柄、いいんだけど、院長のほうはもうかなりなお年。
ということもあり、普段は副院長の診察日に通っていた私。
しかし今回たまたま木曜が祝日、土曜は彼が仕事で王子をみててくれる人がいないので、あえて金曜に検診にいったわけだ。
まあ実のところ前回王子をとりあげてくれたのはこの院長の方だったし、一度くらいいっか、と。

しっかし。
まったくもっていい加減なこの院長、いいのか、こんなんで!
まず計測を忘れて看護婦さんに指摘。
「いや〜ついつい忘れちゃうんだよね、最近お腹のおっきな人はみんな副院長のほうへいっちゃうからさ。」
って、オイオイ!
超音波検診で普通は頭の大きさやら手足の長さやら測って推定体重を出すのに、それもなし、顔も探してくれず。
その前にお腹の張りを調べる30分の検査をしていたから、赤ん坊がきちんと呼吸してることは確認できてるけど、顔くらいみせろよっ。
「まだまだだねー、全然陣痛もきてないし、あと1週間は何もないよ。」
とな。

診察もそこそこに、
「カレンダーあげたっけ?」と聞く。
この院長、写真が趣味で、この齢にしてアフリカやタンザニアへ旅して動物の写真をとってくるのである。
「はあ、もらってません。」と言うと
「あれ、ほんと、おかしいなー、もうみんなにあげたとおもったが。」
自分の写真で作成したリッパなカレンダーを下さった。
あ、ありがたい…で、でももっと診察シッカリしてくれよ、とは言えなかったけど。

オモシロイ人なんだけどね。
彼は英語も大好きなので、わがだーりんと会うのを、結構楽しみにしているらしい。
私が一人で行ったから不満だったのか。
ちなみに超音波でみてくれたのは、なぜか頭と、お尻だけであった。
「性別きいてるっけ?」
「男の子だそうですが。」
「あーほんとだねー、これだよこれ、でっかいねーいやーやっぱアメリカ人だからか。」
…どーでもいいっつうの!

どうやら”産まれてみたら女の子”という私の淡い期待は、見事に打ち砕かれたようである。
まだまだ産まれる気配無し、お昼寝してる場合じゃないわ、もっともっと、歩かなくては。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-26 14:39 | 海流
さんざん Thanks Giving
そういえば昨年もゴタゴタあったっけな、サンクスギビング。
11月のこの日あたり、そして12月彼のバースデーあたり、なぜか彼の周波数がいまいち、というパターンらしい。

e0068103_8401769.jpg
今年はたまたま祝日。
ここのところリーマン生活で、そして週末は彼が遊びに出かけたりで、もっぱらキッチンに立つのは私の役目であるが、サンクスギビングディナーをしよう!→ボクが作ろう!と言う彼。
ターキーは日本ではあまり手に入らないので、チキンで代用ね、それにマッシュポテト、グレイヴィー、クランベリーソース、ボイルしたお野菜にパンプキンパイ、で、私がコーンブレッドを焼く。
午後3時間もギターの練習でスタジオに行く、と勝手に決めていた彼に、いつものごとく(かなり)ムカっとした私だが、ここは気をとりなおして、と、午前中に買い物し、コーンブレッドを焼き、彼の不在中は王子と遊び、お昼寝させ、5時頃練習の終わる彼を二人でお迎えに行くと言うすばらしいツマであった。

が、ここから。
日々の仕事の疲れもあるだろうが、ギターだのワークアウトだの自分のことには労力を惜しまない彼、とにかく疲れがたまっていた、らしい。
グレイヴィーが近所のスーパーで手に入らなかったといったら、絶対必要だとワザワザそれから下北まで買い物に行き、その間、結局料理するのは…私。
チキンをオリーブオイルとガーリック、ハーブなどなどにつけこんで、ジャガイモの皮むいてマッシュポテトを作り、お野菜をゆでて、って、オイオイなんだよっ、オマエが作るんじゃなかったのかー!!!
王子は「ゴハンゴハン!」とせかすし、ようやく帰ってきた彼は、いつものグレイヴィーが結局手に入らなかったと文句をいいつつ、それからパンプキンパイ(インスタントなんだけどね)作りにかかる。
そこでまず冷凍のパイシートがうまくのばせなくて癇癪。
ぶつぶつ言い、道具もがっちゃんがっちゃん、手荒な取り扱い。

そんなつかれてんなら、パイなんていらねーよ。
ていうか、THANKS GIVINGなんてしなくていいよ!

という言葉がのど元まで。
めっちゃ小さい声で、日本語で、実はささやいてたり。

そしてパイをなんとかオーブンに入れたところでディナー開始。
王子は待たされたあげく、いつもと違うメニューに(タブン彼の雰囲気も手伝って)出された物に手をつけない。
「いらない、いらない」を連発して皿をおしやって、彼の逆鱗にふれてしまった。

あーあ…
一体何のためのお祝いなんだろう?
結局私が料理して、しかも片付けも、でっかいボールやら何やらもすべーて私が洗ってしまって、それでもってこの険悪な雰囲気ってば。
王子はヨーグルトやら果物やらでディナー終了。
その後はいったん気を取り直して彼と王子でお風呂にはいったりしたのだけど、なんとなく彼の発する一言一言がヤケに嫌みったらしい(私の妄想か?)ため、いつまでも気まずい雰囲気が続いていた。
e0068103_8413120.jpg
かくして、悪戦苦闘のパイは手をつけず。
何やってんだろうね、我が家は?




王子を寝かせてキッチンの後片付けしてほっと一息。
疲れた、を連発していた彼に
疲れたのはこっちじゃ!
って、声を、大にして、言いたい。

平和なTanks Givingが訪れるのは、いつのことやら…。
e0068103_8415575.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2006-11-24 08:42
秋の風景
e0068103_15511398.jpg


いいお天気なので、お散歩に精を出してみた。
代々木八幡で電車を降りて代々木公園へ。
中をぬけて原宿、表参道へ向かう。
調子にのって外苑前までずうっと歩いて、およそ45分間の道のり。

ちなみに、臨月妊婦とは思えない、結構なスピードで歩いた、はず。

でもたんまりとランチを食べたので、消費した分上乗せかな…。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-23 15:51 | その他 Others
アンパンマンとイチの力
すごい、偉大です。
アンパンマン、そしてイチ、我が家の美容師!
またもお世話になりました、親子そろってね、ダディと王子。

イチの顔をみると
あ、チョキチョキの人だぁ〜!
と覚えてしまったか、最初はちょっと泣いた。

e0068103_21464066.jpg
が、ケープをあきらめて毛だらけ覚悟で切り始めると、なんのなんの。
もちろん、アンパンマンビデオも協力な助っ人。



e0068103_21482986.jpg

ますますハンサム君に変身しましたぁ〜。
ママはシャンプーがラクになるのが、一番嬉しかったり。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-21 21:49 | 大洋
ヨシ!と思えば…
ウンチ!
元気に王子が申告してくれた。
ので、おむつ替えようとしたら、あれ、でてないじゃん、これからか、もしかして?
ということで、トイレに座らせてみた。

でないよーと言う王子であるが、ここであきらめてはいけない。
鵜呑みにして風呂にいれたら、風呂場でされたのは数日前のこと。
もうちょっと待ってみようねー、と言っていると、おおおおお、でたじゃん!
できたじゃーん、トイレでウンチ!

変な顔をしている王子だったが、
「すごい、できたよ、えらいねー!」
と褒めたたえてみると、えへへ、と笑顔になった。
まぐれのようなものであるが、でもこうやって一歩ずつ前進してくのよ!

上機嫌で二人で風呂に入り、いつものように体を拭いてやって、さあおむつもっておいでー、と王子をリビングに送り出した私。

おしっこーでたー!

な、なに、な、なんて言ったあああああ?

リビングのカーペットで、誇らしげにおしっこしてるし…!
そーじゃないだろっ!
ああああああああ。

怒ってはいけない、と思いつつ、やっぱちょっと怒っちゃいました。
未熟な母でごめん。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-21 21:38 | 大洋
しまじろう
e0068103_18461065.jpg

友人が送ってくれたシマジロウのサンプルビデオ。
早速ハマってしまった王子、が、残念ながらハマったのはトイレトレーニングのところではなく、ダンス、手遊びのとこでした…。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-19 18:46
入院に備えて?
妹と久々にラブリーなランチをしたあと(実はラブリーからほど遠い、ビュッフェ形式ランチで死ぬ程食べた二人だったり)下北をぶらぶらしていた臨月妊婦。
さっさと帰って昼寝でもしろよ、というところだが、思わず目が釘付け。

まつげパーマ初回1050円

や、やっすくない?
ヤバイのかな、これって、安すぎ?

なぜ、かというと、そう、もう臨月ね、もうすぐ入院するわけ。
それがどうした、っていうと、入院中化粧とか特にしないじゃない、それで、妊婦の掲示板で「入院前にまつげパーマをしておくだけで、顔の印象がだいぶいい」とあったわけ。
実際産婦人科で入院中のママたちが検診で診察室におりてくるのをみかけるけど、ぼーっと疲れた顔で髪もぼさぼさ、なんだよねえ。
ま、十何時間の大仕事の後だし、当然のことなんだけど。

そうか、ふーむ。
写真もとることだし、いいかもしれない。
と、思って、1050円お試ししてきました。

安いだけあってちょい怪しげな、どはでピンクに飾られたサロン。
厚化粧のお姉さん(ていうかおばさん?)が一人でやっている模様。
ベッドに横になり、目の周りをコットンでパックしつつ早速開始。
しきりに「長いねーまつげ」を連発しながら(タブン皆に言ってるんだろう)意外や手際よくやってくお姉さん。

かかった時間はおよそ40分ほど?
何が辛かったって、仰向けで寝ていること…何しろ臨月妊婦だから。
こ、腰が…!

が、我慢した甲斐あって、パッチリ仕上がっておりました。
いやこれでスッピンの顔がそんなに見違えるものか?というと、疑問であるが、もともとビューラーが嫌いで使っていなかったので、マスカラをつけてみたらこりゃあ違うわ。

持続はだいたい1ヶ月だそうな。
予定日より遅れちゃったら、もたないじゃん。
やっぱ早く産まないと。
[PR]

by mizuhonn | 2006-11-18 10:22 | 美容と健康