人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

オリジナルこいのぼり
晴れわたる青い空の下、我が家のこいのぼりがようやくベランダに設置された。

ダディ取り組むことおよそ30分。
その間大洋はものめずらしげにベランダで作業を鑑賞。
疲労困憊のマミーはベッドで休憩。

できた!Check this out!
と誇らしげに叫ぶ彼の背後には。

おや?
なんか違うぞ?
何が?

e0068103_16473520.jpg

我が家のこいのぼりは、コドモが真ん中に泳いでます。
ま、いいんじゃない、これも。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-30 16:46 | その他 Others
Tokyo Disney Land!
前夜の悪天候はどこへやら、絶好のお天気に恵まれて行ってきました、Tokyo Disney Land!

何故かみんなしっかり早起き。お弁当を作ってラッシュの電車へ乗り込むメイワクファミリー。
東京駅嫌いな私たちは地下鉄で木場まで行くルートをチョイス。混雑もそこそこで大正解だったのだが、大洋は朝っぱらからぐずりまくり。どうやら朝食をあまり食べなかったので腹が減ったらしい。仕方なくスナックを与えてると途端に上機嫌。

e0068103_11371515.jpg

じゃーん、到着ぅ。いやしかし、混んでる混んでる。平日とは言え学生やらファミリーですでに大賑わい。
大洋はディズニーランドを見ずに、電車のほうばかり見て「でんちゃ、ばいばーい!」と手をふっている。こっちだって、こっち。
はいってすぐ、プーさん発見!わぁあああい、写真撮らなきゃあ!と興奮するも、すでにそこには長蛇の列。ちっ、ガキ連れはみんな早起きだなあ。でもこれを逃したらシャッターチャンスはないに違いない。大洋は別にプーのファンでもなんでもないのだが、親の勝手で「やっぱりプーさんでしょ」と並ぶことにする。

e0068103_11381222.jpg
およそ40分経過。ようやくプーさんの前へたどり着くと。「ほら、大洋、プーさんだよぅ、ひとつといっぱい、のプーさんだよー。」(注:ひとつといっぱい→ぷーさんの絵本、これは大洋の超お気に入り))
ところが。抱きつくどころか後ずさりする大洋。あああ、やっぱし?危惧してはいたのだが、コイツでっかい着ぐるみを怖がるのではなかろうかと。今まで絵本の中でみたちっちゃなプーさんがいきなり巨大になって現れ、しかもうごいているのにびびったらしい。近づこうとせず。だっこして側によると今にも泣きそう。係りのおねーさんたちが一生懸命大洋を笑わそうとしてくれるが、固まったままニコリともせず…。ま、いっか…。

乗り物にも興味は示すが楽しんでる様子が見えない。がーん、やっぱちょっと早かったのかなあ。
とにかく歩くのが楽しいらしく、園内をテクテク歩いているほうが楽しいらしい。自分のベビーカーを押しながら大喜びで歩き回る。これだったら近所の公園でもいーじゃんね。



e0068103_11384893.jpg
とりあえずスモールワールドに乗りランチをすませ、第一回目のパレード鑑賞。おお、ここでようやく夢中になる王子が!パレードカーから手をふるデイジーダックに必死に手を振り返す大洋。よかった!







それからダンボやメリーゴーランドにダディと乗る。ママが一緒でないのがバレて、大なき。ダディは一人ご満悦。アンチディズニーの彼が、今回一番楽しんでいたように思うのは、私だけだろうか…。
懲りずにプーのハニーハントも制覇。カリブの海賊やジャングルクルーズは真っ暗になるとママにひしとしがみつき、うごく乗り物自体への恐怖はないらしい。ダディと乗ったカートはかなり楽しかった模様。
夜のパレードまでしっかり鑑賞して最後の最後で王子はこらえきれずにZZZ.....
このまま寝ちゃうかと思いきや、途中で朝食用にとドーナツかってホテルに向かうと、ぱちっとお目覚め。ナゼわかったのか、ドーナツの袋をがさがさがさ。夕飯が足りなかったらしく、夜の10時にダディと一緒にドーナツを平らげた王子なのであった。

e0068103_11392974.jpg
e0068103_11394069.jpg



次回はディズニーシーも。二日間のパスが必要だね、とナント彼が言った。やはりディズニーの魔力にコイツもやられたらしい。
ディズニーランドもっとがんばれ、は、レストランだな。どうも子供だましっていうか、高いだけでちっともおいしくなく、量も少ない。シーのほうはもちょっとヨイらしいが…

今回のお泊り先は東急ベイ。ホテルでかしてもらったパジャマがヤケにかわいかった。しかし大洋が暴れてママは眠れなかった…添い寝ってダメだ、やっぱし。
e0068103_11401985.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2006-04-29 20:36 | 大洋
どどーんっ
ここのところ、ついているらしい。

このあいだ友人に頼まれたレイブチケットの抽選、見事一番よいエリアに当選。
大層感謝された。
ここで2006年の運使い果たしたか、と思ったが、本日巨大な箱が我が家に届けられ、そんな危惧を吹っ飛ばした。
彼からのメール,What is this huge box?
は?なんだ?
と思いきや。
コレ。
どどーん!
e0068103_1052645.jpg


パンパのバイク!
やった!あたってしまったぁ!
パンパースを買っているとクーポンがついてくる。それを貯めるとパンパグッズがもらえるのだ。
が、貯めればもらえる、のは、ビデオだったりぬいぐるみだったりで、パンパの人形なんていらねー、と思った私は、どうせ当たりなどないだろうと思い自転車の抽選に応募したのだ。かれこれ数ヶ月前。
確か4口分ほどの応募であったが、まったく小指の先ほども期待していなかった。
こういうの、ちゃんと当選するもんなんだな…。
ちょっとまた大洋には早いのだが、早速試乗。
e0068103_106156.jpg

このあと30分ほど乗っては降り、押しては引き、の繰り返し。
風呂にも入りたがらず、困ったもんだ。
大洋の背(脚?)が伸びるまで、バルコニーに隠しておこう。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-25 21:04 | 大洋
Disney デビューに備えて
ここ数日、寝込むほどではない、というやけに中途半端な体調不良に悩まされていた。
おかげで大洋とともに寝る=9時就寝、驚くほど健康的な睡眠スケジュールであった。
しかしプチ夜泣きで何度か大洋の襲撃にあうため、深い睡眠は不可能。
よって体調不良はまだ続いている。
喉の腫れと胃腸の消化不良。意地汚い私はそれでも食べるので悪循環である。
なんとかして回復せねば…金曜日にはなんと王子のディズニーランドデビューが控えているのだ!

このプランはなんと昨年クリスマスに遡る。
アンチDisneyの彼と付き合ってから数年、とんとご無沙汰でディズニーシーも未体験。
こうなると結構どうでもよくなってしまうのが人間である。
ところが昨年クリスマス、そんな彼からのプレゼントはTokyo Disney Landと書かれた封筒。
なんじゃこりゃ?
「今年はキミが絶対予想できないもの!」と言っていただけある。確かにかなり予想外。
一年有効のパス二枚であったのだ。
ん?二枚?
なんだよ、自分の分も私へのプレゼントにはいってんのかよ。なんかちょっとズルいな。
ということで、大洋が一人で走り回れるようになるのを待って、今回のデビューとなったのである。

しかしディズニーキャラクターに全く興味を示さない王子。
プーさんの絵本は好きだが、別にプー自体はどうでもいい感じ。
こんなんでいっても、楽しいのかしらん。
自分よりでかい巨大プーが襲ってきたら、泣くかもしれないわ。
さてさてどうなることやら。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-24 20:31 | 大洋
痛い痛い
最近"痛い"という言葉を覚えた王子。
公園で転んで顎を打ち、いたいいたい~と泣いてたときは確かに痛いのだろうとおもうが、なんでもかんでも"イヤ"なときに"痛い"ということに気づいた。
風呂にはいるのがダイスキだったのに最近は洗い場で遊ぶほうが楽しいらしく、風呂桶に入れると「イタイイタイ~!」(そして何故か洗面器に湯をはって、そこにオシリをいれて喜んでる。マイ・風呂?)
外から帰って玄関にはいると、玄関にむかって「イタイイタイ~!」
洗面所で遊んでいる王子を下に下ろすと「イタイイタイ~!」
そーいや前にママ友が、子供がどこにいってもイタイイタイと叫んで、まるで自分が虐待しているかのようで困る、と言っていたのを思い出す。コレか!
ご近所の方、ウチからイタイイタイ~と大声を聞いても、幼児虐待ではありませんので、あしからず。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-18 20:32 | 大洋
失敗?
王子の髪があまりにも伸びてきたので、洗面所で遊んでいるところを背後から襲ってみました。
が、ハサミを興味を示してもぎとろうとするので至難の業。
とりあえず前髪をガチャン!と潔くいったら、こんなんなっちゃった。
e0068103_11582673.jpg


なかなかファンキーでしょ。
暴れだしたので続きはまた今度。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-18 11:58 | 大洋
限界
体とアタマがどろどろな感じ。
月曜日からキツイ。
これは先週1週間の体調不良plusだーりん不在に加えて週末金曜日の送別会&土曜日の同窓会、そしてトドメの日曜日筝おさらい会を強行突破した故に他ならない。
9時に大洋を寝かせ30分もしないうちに自分も倒れこむようにベッドへ。
にもかかわらず、どろどろ感倍増な朝であった。
こんなときに限って仕事も忙しい。
インドからのビジターやらボスの出張手配やら。
おまけに午後イチには部全体会議なんぞあって、眠いのなんの。思わずカクっといっちゃいそうだ。
そしてランチで食べたサブウェイは疲れた胃にどっかりもたれてしまった。
疲れからリンパ腺が腫れていたいし、このまままた大洋お迎えラブラブイブニングコースを過ごすかと思うと倒れそうである。

ナニも考えずにひたすら寝たい。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-17 16:56 | その他 Others
病は気から
いつものごとくダッシュ帰宅をすると、仕事に行く前に彼がピックアップしてくれたため王子はすでに家で待っていた。その大きな愛くるしい目から、なにやら白い物体がゴロゴロゴロ…ぎゃ、ぎゃーなにっ?
昼寝のあとからいきなり目やにがすごくなったらしく、保育士さんから明日病院に寄ってきてくれとのメモ。
しかしその書き方がむかつく。「結膜炎でうつるものかもしれませんので、集団生活ですのでよろしくおねがいします」って、んなことわかってるわよ、っていうか、集団生活だからうつったんじゃないのっ!
とにかく保育園はウィルスの宝庫。しかも今回は園庭がある。それはそれは非常に嬉しい点なのだが、反面砂いじりなどしてばい菌が入ることも多かろう。仕方ない。子供はウィルスと戦って強くなってゆくのだ。
しかし目が人一倍デカイので、その目からボロボロでてくる様はなんともカワイソウ。拭いても拭いても。しかし本人はそんなに不快でないらしく、目の周りに白い物体をためつつ、フツーに遊んでいるではないか。はて?
うつるものだと厄介なので、なるべくペーパータオルでマメに拭いてやり、それが手に付かないよう気を配りながらゴハン。風呂でキレイに洗い流してやると、やや治まった模様。
が、悪夢は朝であった。

朝目覚めると…うわ~!
大洋の睫毛は私よりはるかにながく、多い。女の子が地団太踏んで悔しがるほど見事な睫毛。
その睫毛がびっしり固まっているではないの~!バリバリっと目を開ける感じ。
こりゃあ重症だ。
蒸しタオルで拭いてやるといやがっておお泣き。しかし蒸しタオルでも取れないほど頑固に凝り固まって、下手すると睫毛が抜けそうなので後は医者に任せることにする。
まったく、美貌が台無しだわ。

結局伝染性のものではなかったらしく、目薬をもらって保育園に行くことができた。
春の埃のせいだろうか、新しい保育園の雑菌のせいだろうか。
どうでもいいが、「ボクの目もおかしい!」と、彼。
子供や私が病になるたびに自分もかかるのは是非やめて頂きたい。
「うつったに違いない」という思い込みは恐ろしい。実際大洋のが伝染性ではないと聞いた途端、「なんだ、自分のもたいしたことない」と思ったようだ。
子供が病気だから自分がしっかりがんばらないと!と思う母とは正反対である。もっとがんばれ、父。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-14 12:46 | 大洋
快挙!
快挙である。
昨夜大洋王子はずっと自分のベッドでおやすみになられたのだ!
寝入りばなは咳き込んで苦しそう、こりゃ今夜も眠れぬ夜か…と水のボトルを傍らにおいて寝たのだが、そのまま朝まで。
しかしママは気になって夜中何度も目が覚めてしまった。もったいない。
目覚まし音楽がなるまで、キチンと自分のベッドで寝ていた。ぶらぼー!
目覚めるとともに、シマッタ!とでも言わんばかり、こちらのベッドに突進。かわいいやつだ。
このままマイベッドで眠るくせをつけて頂きたい、是非。

ちなみに写真最近のお気に入り、バーバパパのスリッパ。
ママとおそろい。



e0068103_11344352.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2006-04-12 08:10 | 大洋
ママのグチ
久し振りに王子が発熱し、新しい保育園から初のお呼び出しがかかる。
運悪く我が家のフリーターは仕事が入っており、私が会社をフライングしてそのままお迎えに行くことに。
スーツにパンプス、とまではいかないものの、一応通勤着そしてヒールだったので雨の中歩くだけでも気が滅入る。心配して駆けつけると王子はいたって元気。まだ慣れない保育士の膝には座らず、一人で部屋のはじっこで遊んでいた。まだ1週間だが、迎えにいったときに大洋が保育士に抱かれているのを見たことがない。保育士はいつもベソベソと泣いている子供をずっとダッコしているようだ。前回の保育所でも実はあったことだが、泣いてないからといって放っておいていいというものではない。まあまだ1週間だから、しばらく様子みてからにしよう。文句いうのは。

かかりつけの小児科に寄ると先客が二組。どちらも男の子であった。一人は注射を打たれたらしく、おお泣き。もう一人はかなりお兄ちゃんで病人とは思えない元気さである。大洋も負けずと元気で、二人して待合室で吼えあって大騒ぎだ。なんだよ、こんなに元気なら電話してくんなー、保育園、と思わずため息。
一時は毎週通院で薬をやめるとまた熱、を繰り返していたものだが、ここ数ヶ月大洋はいたって健康であった。だからか、久し振りに頂いたピンクの水薬がどうやら嬉しかった模様。先生の手から奪い取るようにして、お喜びで家までしっかり握って帰った。家でカップにあけてやるど「ジュー、ジュー」(注:ジュース)と言いながら一気飲み。そして「more more」と薬のビンをさしてせがむ王子。ジュースじゃないって…
やはり万全の体調でないため夕飯の量は普段の半分ほど。それでも元気に遊んでお風呂もはいって機嫌よく寝た。しかしまた夜中に何度も目覚めるだろうが。
アレまくったリビングを片付けながら、そういやここ数日熟睡してないんだよなーと。
こっちが病気になりそうだ。はぁ。
[PR]

by mizuhonn | 2006-04-11 12:13 | 大洋