人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

一歳六ヶ月
e0068103_21145521.jpg


今日で大洋は一歳六ヶ月になりました!
一歳で卒乳、を断念し、次なる目標は一歳半。で、目標どうやら達成。
まだ寝る前はちょっとだけおっぱいしゃぶってるけど、もうほとんど飲んではいないので、これはまあ卒乳といってヨイでしょう。
ママの巨乳はみるみるちっちゃくなっちゃいました。
ちょいと残念。

一歳半を祝うかのように、うれしいニュースが。
なんと公立の保育園に入選したのだぁ〜!やった!世田谷区ありがとう!
結局区議会委員やら都議会やら、そんなとこに知り合いはまったくいないのでコネもなにもなかった我が家。しかも会社勤めを辞めフリーになった彼は点数制の申し込み競争では足を引っ張る存在。ちくしょう、これで落ちたらどうしてくれよう、倍くらい稼いでこいっ!と心中穏やかでなかったのだが、これで一安心。第一希望の園ではなかったものの、歩いていける距離だし庭もあるし。ちなみに保育料がいくらになるのかは、実はまだわからない。昨年の税金から計算されるらしく、ちょっとドキドキ。今より安いことは確かだろう。

が、早速その園からお電話が。はいもしもーし、と怠慢に電話にでたが、保育園からとわかるなり態度を改める私。は?め、面接???

なんとこれは決定ではなかったのだ。入選=入園決定という図式ではないらしい。入選したので、健康診断と面接に来てください、ときた。園医による集団生活に耐えられるかの診断と(これは多分マチガイなし)、親子面談、そして入園にあたっての諸説明。しかもなるべくなら両親そろって、平日の昼間にこいという。おーい、こっちは働いてるから預けるんだけど。せめて土曜日にやってくんないかね?が、そんな融通がきくハズはない。そう、ここは公立の保育園なのだ…預ける父母の肩身のほうが狭いのだ!

今通っているのは認証保育所。いわばビジネス。なのでお母さん、タイヘンですね〜、という感じ。が、これからはちょっと違うのである。こちらが預かって頂く、立場。平日の12時半に、できましたらご両親、無理ならどちらかで結構ですが、という。うーん、両方無理な場合は?といいたいところだが、ここは大洋の人生、ひいては我が家の人生(というより家計?)がかかっているので、「上司と相談しまして、伺います」と無難にかわしておいた。

さてさて大洋王子、保育園入園なるか。ここは一発、大洋スマイルで園長先生をノックアウトしておくれ。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-28 21:14 | 大洋
家事デー
本日は家事デー。
まずは山のような洗濯。同時に掃除。
そして大洋メシの準備。
e0068103_14484454.jpg
合挽き肉約150グラム、ニンジン1本、たまねぎ一個、ジャガイモ2個、えのき半房、卵2個、食パン半分、牛乳少々、豆腐約6分の1、それにパン粉とキッズ用カレー粉で、これだけのものが出来上がり~。
e0068103_14482196.jpg野菜嫌いな王子のため、お野菜と豆腐のたっぷり入った柔らかハンバーグ。
面倒なので自分たち用には作ったことないコロッケ。王子にはやっぱり買ったものより手作り…。
そしてこれまた野菜たっぷりなカレー。大体これで3~4回分。

みんな冷凍庫で大洋王子に食されるのをまちます。


こればっかじゃありません。ちゃーんと間にお魚もはいりますよ。シャケの塩焼きやシャケうどん、ツナ、鱈などなど…。

でも何よりの好物は…チーズ。
毎晩冷蔵庫を指して、あぁ!(チーズよこせ!)とママを脅します。が、一晩一個と決めているのでそこには壮絶なチーズ合戦が!
早く学習してくれ、チーズは一回につき、一個だ、大洋。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-27 21:46 | 大洋
満喫満喫〜
雪山にはやられたが、一歩屋内にはいればこっちのもんだっ!
といわんばかりに宿の廊下を走り回る大洋。追いかけたり抱っこしたりのママは、スノボもしてないのに筋肉痛なり…
e0068103_2121149.jpg

あと数年もすればママをだっこしてくれたり…しないよなあ。








日曜日は温泉に寄って帰宅。


た、大洋がいないっ!
と思ったらここに。と、これはダディ談。お風呂はやっぱり男風呂じゃないとねえ。
風呂ぐらいゆっくり入らせてもらわないとね…

e0068103_2148132.jpg

e0068103_21471373.jpg
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-26 21:18 | 大洋
クレヨンしんちゃん
動けなくなった大洋(注12㌔)をまたもや片手でだっこし、片手でそりをひいてなんとかしんちゃんパークまでたどり着く。野原家の家発見。ウレタンでできた小屋のような物。
キラキラっ!それを見るなり王子、本領発揮。
e0068103_2175898.jpg

イキナリ眼を輝かせて動き出した。狭い小屋の中でうぉーうぉーと叫んで走り回る。ほっ。
と、したのもつかの間。10分もするとさっきのオヤツかラーメンか、野原家の中でプーをしだす王子。がー!さっき宿でやったばっかじゃんっ!おむつ替えてきたのにっ!大洋がしんちゃんにみえてくる。



無事休憩所にてオムツ替えをすませ、一滑りしたダディと合流。
ダディ、どうしても大洋をソリにのせたいらしい。ガシ!と小脇に大洋を抱え、ソリ用の小山へ向かう。
ふぎゃー!大洋の泣きながらの抵抗むなしく…
e0068103_21131117.jpg













e0068103_21134061.jpg


e0068103_21135791.jpg



このあと大洋はママの胸へまっしぐら。
ダディなんて嫌いだー!
しゃべれていたならきっとそう叫んでいたに違いない。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-26 21:05 | 大洋
雪山デビュー
三度目の正直。昨年は私のインフルエンザと大洋の発熱でダディに置いてけぼりをくった。
今年の1月大洋が胃腸炎っぽくて、またまたダディに置いてけぼりをくった。
三度目の正直、だ。

狭い高速バスに揺られることおよそ4時間。ファミリーで雪山、が晴れて現実となった。
宿に荷物をおいてイザ白銀の世界へ!じゃなくて、まず腹ごしらえ。ゲレンデ麓のラーメン屋へ直行。

e0068103_2053248.jpge0068103_20533948.jpg

すでにバスの中でおにぎりを平らげていた大洋だが、もちろんラーメンにも興味津々。持参のエプロンをつけて準備万端。ちゅるちゅる。が、食べるより遊ぶって感じ。














お腹もいっぱい。さていよいよ雪山デビュー!ダディはスノボ、大洋とママはキッズゲレンデで!わくわくっ!やっほーい、大洋、こっちだよ〜ぅ!って、あれ?
e0068103_20573659.jpg

それまで元気に走り回っていた大洋、フリーズ。さ、寒いの?いやそうではないらしい。どうやら壮大な銀世界に固まってしまったらしい。

仕方ないのでおやつタイム(また食ってる)。機嫌を取り直してソリへ。が、すぐ泣く。

e0068103_2125319.jpg


クレヨンしんちゃんパークを目前に一歩も動かない大洋王子。やっぱりコイツ夏の子かぁ?
がっくし。どーすっかなあ。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-26 20:39 | 大洋
歯医者通いはじまる
何年ぶりかに歯医者という名の高い敷居をまたいだ。
ここんとこ騙し騙しやり過ごしてきた痛みがついに神経を刺すようになってきたので。
なんと私のオフィスのあるビル内に、3件も歯医者がある、しかも、同じフロアでしかも、みな並んでいる。
これってどういうことなんだろう…
その中で一番古くて汚い医者に入る私。同僚に薦められたのだが、そうでなくてもある意味こういうとこのほうが医者の腕はしっかりしている、ということが多いのでここを選んだかもしれない。

が、受付のおばば(失礼な)をみたときには、ちょっと揺らいだ。し、失敗かも?

病院の受付というと大抵女性で若い、若しくは感じがよい、最低でも白衣を着ている、というのを想像するものだ。
が、ここは超普段着のおばちゃんがそのまま座っており、(というか昼休みあとだったので遅れて手提げ金庫もって現れた)対応も迅速とは言い難い。そして待合室にはいってくるのはじーちゃんばーちゃんばっかり…
うら若き乙女(←大嘘)は私一人。

これまた古い雑誌をめくりながら待っていると、う、うぃ、ウィリアム…ソンさん?とまあぎこちなく、でもやたらとおるテノールの声で呼ばれた。先生は50代後半から60近いかな?小柄で博士っぽいひげをはやした、なかなかおもしろそうな人物。私がここらあたりが痛い、というと、おもむろにチェックしつつイロイロと説明を始めた。
性格:話好き

結局その日は一箇所詰め物がとれてたところを治してもらい、レントゲンをとり、歯ではなく骨が減っているという世にも恐ろしい話を聞かされ、フッ素を塗ってもらって終了。痛いのはこれからのようだ。

古い病院だが歯茎専門の先生もいたりして、なかなかよかった。なにより会社の下にあるので、仕事中に通える(こら!)のが一番のポイント。

ただ受け付けは、どうなの?ちょっと考えたほうがいいと思うんだけどね。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-24 21:18 | その他 Others
ZZZ
e0068103_13371288.jpg

あまりにもかわいいので起こすかもしれないという恐怖をのりこえ、写真におさめてしまいました。
寝入った直後。あと1時間もすれば、暴れだして狭いベッドの中で真横になります。そして数時間後には立ち上がって私たちのベッドに進入してきます。
そして朝にはダブルベッドの真ん中でおっきな顔して大の字になって寝ています。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-24 13:38 | 大洋
夜散歩
e0068103_12124150.jpgだいぶ暖かくなってきた。地球温暖化は気になるところだが、寒いのがニガテな私にとってはありがたい。
Do you want to go for a walk?
大洋に散歩行きたい?行きたくない?とシツコクたずねるダディ。自分が行きたいんじゃん?
ブロックに熱中していた大洋はずっとしらんぷり。が、私がヨガに行くべく外出の支度をしだしたら、とたんに靴下とジャケットをつかんでお出かけモードに。e0068103_12125336.jpg


ということで、家族揃ってEvening Walkへ出発。




すでに歩く→走るへグレードアップした大洋。ブレない写真を撮るのが至難の業に。

e0068103_1214135.jpg



e0068103_12145112.jpg
石段にジャンプして遊ぶダディと大喜びする大洋。ママはそろそろ時間なので、二人をおいてヨガへこそこそと消えました。

ヨガから帰ると期待に反してすっかり眠っていた。お散歩効果アリ。風呂の蓋があいたまま、ダディもぐうぐう眠っていた。こちらにも、お散歩効果ありだった模様。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-23 12:16 | 大洋
買い物バトル
Sorry I did not allow myself enough to go to shopping...
な、なにーっ!
彼から、今日頼まれた買い物いけなかったよ、ごめーん、のメールが入ったのは、私がすでに家について大洋お迎えにむかうべくダッシュで着替えているとき。
時間がなかった?しかし私にはわかっている。彼が今日ジョギングにいったこと。だってウェアが洗濯物カゴにほうってあるし、バスマットがびしょびしょだから。シャワー浴びた痕跡、丸だし。それで買い物にいけなかっただと?しかもその買うべきものって自分の食料だよ?
元来粗食の好きな私は野菜に納豆、コメ、味噌汁があればいい。そして大洋のものは作りおきしてあるので、いい。なので大体毎日買い物に行かなければならない理由って、アンタなのよね…?
秒刻みで行動している私にとって、一度帰ってきてから買い物にいけなんて、狂気の沙汰なのよ!

このままシカトして、夕飯?ないよ?と言ってやろうとどれほど思ったことか。
が、心優しいヨメの私は、仕方なく大洋を連れて買い物によることにした。
そして当然のことながら、腹すかしの大洋はいきなりスーパーにつれてこられ片っ端からモノをつかんで外へ脱走を図る。生の餃子なんて食えないっちゅーの、と言ってもわかるハズはなし。片手で12キロを担いで肉やら豆腐やらをががっと放り込みレジへ。暴れる大洋をおろすとそのまま床にごろん、ゴーロゴロ。転がしておいて支払いを済ませ、そのままゴロゴロ転がして帰りたいところだがそうもいかないので担いで自転車に無理やり乗せる。お腹がすいているのと動きたいのとで、大洋は暴れまくり。2,3分の道のりが、長いこと長いこと。

5分の買い物が我が家にもたらす障害ってものすごいのだ。その5分がない、という彼(30分のジョギングはいけるのに)と、5分を惜しむ計算高子さんの私、そしてその5分を最大限利用しようとする大洋。結局家についたらいつもより20分ほど遅かった。
こんなことを繰り返しているのに、週末に買いだめをしない私たち。生協なんぞも試したけど、膨大なカタログをみるだけで疲れてしまったのと、宅配ボックスを置いておくのがどうにも気に入らなかったのとで断念。(はっきりいってすごい邪魔。みんなどこにおいてるんだろー)
今日こそ彼が買い物しておいてくれますように。いや、今週末こそちゃんと買出ししよう。
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-22 11:12 | 大洋
一滴のガマン
めちゃめちゃムカついた、けど時間がたってアタマを冷やすと、とてもくだらないことだったりする。
何って、もう書くのもバカらしいほど同じことを繰り返しているので。彼は忘れてしまうのか、覚えているけど面倒なのでやらないのか、多分後者だとふんでいる。
いちいち言うのも疲れるし、言って嫌な顔をされたり言い争いになるのはさらにバカらしい。だったらこのまま自分が慣れていくしかないんだろうか。

ある人が言う。空のコップでぽたぽたと垂れる水を受けるとする。一滴はたいしたことないけど、それがいっぱいになったらカップから水は溢れ出す。そうするとそのあふれた一滴というのは、もうどうしようもないのだそうだ。ということで、ガマンが自分の限界を超えた場合、それが一滴であろうともうだめなのだ。あと一度だけ、というのは通用しない。

またある人は愛と言うのは許すということだと言う。好きである以上、その人の全てを受容れることで、許せない過ちはないのだと。

うーん、そうすると私のカップはどのくらいの大きさなのだろうか。それともこんなことは、カップにいれるにも値しないことなのだろうか。彼がこの先一生結局このまま私のささやかな願いを無視し続けたとして、それでも好きだからいいや、と思うんだろうか。

とりあえず彼にはやんわりと言ってみた。あのさあ、もういちいち言いたくないんだけどさあ、昨日も雨ふっててお迎えとかスゴイ大変で、急いでて、ってわかってたよねえ。あと昨日の夜も、お願いしたよねえ、でもさ…oh sorry, I will try hardって、何度いわせんだよっ!ちっ、と思いつつ。
でもこんなヤツはいないだろうな。別れの理由はなんですか?彼が食器を片づけておいてくれないからですっ!
[PR]

by mizuhonn | 2006-02-21 15:30