人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Specialの意味
言葉ってホントにむずかしい。
でもだからこそ、言葉によるコミュニケーションって必要だし、大切なんだと思うのだけど。

今日会話の中で、ふと『特殊学級』という言葉がでてきた。
そうか、そういえば日本ではそういよね。
で、こちらではSpecial Needsという言葉を使う。
あと、例えば障害者という言い方、こちらでは例えばDisabilityとか。
海流の場合はどちらかと言うとDevelopment Delay、かな。

Specialという単語を日本語訳すると、特殊、確かにそうだ。
だけど特殊学級って、今この立場になって聞いてみると、なんだかあまり素敵な響きではないことに気づく。

特殊ってなんだ?

Special Needsがいいというわけでも決してないんだけど、Kids with special needs、なのか、障害者、とか知恵おくれ、とかいう言い方、どちらが聞きやすいだろう。

話は変わるけど、昨年日本に一時帰国した際、実家の近所であった母の知りあいのオバチャンに、
『あら、このこ、あれでしょ、あれ、あいのこ!
と言われ、かなり、ひいた…あ、あいのこってさ、アンタ…何時代からきたんだよ?
あと、友だちの子に『おばちゃん』と言われることに未だに抵抗のあるアタシだけど、Auntyとかだと、ま、いっかって。

今海流は、ちょっと成長が足踏み状態の模様。
ハワイにきてぐーんとのびたかと思ったら、ちょっと立ち止まっているみたい。
ここでママが焦ってなんになる!と思いつつ、『ほら〜Walk walkだよ〜』と毎日無理矢理?歩かせたりして。
本人は至ってマイペース、きょうも公園で歩服前進しまくって、洋服を真黒にしてくれました…。

大好きなセラピスト、ジュリーと楽しみながらセラピーに励む海流。
今月末でセラピーも6ヶ月になる。
またぐーんとのびる時期がきて、いきなり歩き出す日はいつかなあ。

e0068103_16302130.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2009-01-15 16:33 | 海流
<< Go Go 大洋! ニッポンの優れもの! >>