人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
WIC訪問
アメリカにきたら、生活費稼ぐことと諸手続きやら面倒なものは全てだーりんまかせ♪
って、思ってたんだけどね。
これが結構な誤算。
『僕は働いてるんだぜ』
と、言わんばかりのヤツの態度、ここ電話して、といってもなかなかかけてくれないし。
昼休みに同僚とピンポンやってるヒマがあったら電話しろよ。
(なぜか彼の会社には、卓球台があるんだと)

まかせておくといつまでたっても。
ってわけで、結局電話とかかけまくり、調べてアメリカ政府からもらえるものはふんだくる、と気合いいれてるのがアタクシ。

その一つとして、今日はWICに行ってきました。
WIC=Women, Infant, Children
所得が十分でない妊婦、それに授乳中のママ、ベビー、そして5才までの子どもをサポートしてくれる機関なのです。
先日のブログで書いたけど、ここでは中途半端な収入のある家庭が一番キツイ。
政府のサポートが受けられず、かといって高い家賃に教育費、食費とはらっていたら赤字決定。
このWICももちろん所得制限があり、我が家の場合微妙。
が、今働き始めたばかりのだーりんが給料をもらうまでは、私たちにも権利があるのだ。
そう、早く行かなくては!給与が出る前に!
ってことで焦ってアポとって行って来たというわけ。

e0068103_13342491.jpg
ワイキキからバスで20分、と書いてあったけどThe Busにて結局40分くらいはかかるかな、移民局や政府のビルがある一角にある、ヘルスセンター。
そこで面接をして登録をするのだ。


アポは9時半、1時間ちょっとかかります、そのつもりで、と書いてあったが、全て終わったのはなんと12時!
まずWICとはなんぞや?というビデオをみて説明をきいて、登録の面接をして、栄養士とあって子ども2人分の身体測定をして。
その間待ち時間もあり、腹をすかしたキッズにおやつをあたえ、遊ばせて、ぐずる海流を抱っこして、ようやくWIC小切手をもらったときには『やったーーーーーーー』、妙な達成感であった。

この小切手、どんなものが買えるかというと。
牛乳、卵、チーズ、シリアル、などなど、いわゆる日用品。
もちろん買えるブランドは限られてるし、牛乳などは安いもの、と限定されてるんだけど、量はかなり。
しかも我が家は2人分頂いたので、1ヶ月ではとても飲みきれない分の牛乳の割当が。
ありがたやありがたや。

時は金なり
が、今は金は金なり、なアタシたち。
2時間半かかったけど、ゲットしてまいりました、アメリカ政府から!
来月のアポで給与明細が出ていたら、もう駄目かな…。
[PR]

by mizuhonn | 2008-06-28 13:42 | Hawaii 情報
<< 今、イロイロ思うこと、したいこ... 海流Evaluation >>