人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
保育園事情
『お母さん、おめでとうございます』

おっとおおおお。
ついにきてしまったか!
(ぢつは)苦手な園長から直々に、海流が保育園に受かった旨のお電話を頂いた。
区役所から通知が来るとばかり思っていたので、やや不意打ち、言葉に詰まる。
大洋のときと違って、1才を過ぎてもはいはいはおろかお座りもできず、まだおかゆの離乳食におっぱいを飲む海流を保育園に預けるにあたっては不安が拭えず、1才のときは『不合格』でホッと胸を撫で下ろしたのが、本音。
あれから3ヶ月、目覚ましい成長もなく、なおかつアメリカ行きも段々具体的になりそうな今日このごろ、保育園はやっぱしナシでしょうな、と思っていた矢先のこと、そうだよ、もう入園が決定する時期じゃんよ。

とりあえず面接の日時を決めて、ダディと家族会議。
海流の入園は辞退するにして、でも仕事はどうする?大洋の保育園は?
ああ問題山積み。

まず、ずっとお世話になってきた主任の保育士さんに相談することにした。
この先生はかなりのベテランで、自分も3人の娘さんを育てたお母さん。
去年一年間、海流のダウン症発覚から大洋に対する私の様々な葛藤を色々聞いてくれ、次第にやせ細る私をかなり心配してくれていたらしい。
『何といっても、お母さんがどうしたいか、これがイチバン大切よ』
私の迷いやアメリカ行きも含めた状況など聞いたあと、彼女はこう言ってくれた。
彼女の本心は、保育士をしているとはいえ、やはりちいさいうちはお母さんがぎゅっと抱きしめて育ててあげるのが一番、というのは、前々から私も知っていた。
なので私がそうしたい、と思うなら、海流にとってはそれがもちろん一番よいのだろうと言う。
で、大洋。
大洋は社会性もできてきて、この園でお友達がいて、自分の場所があって、というのも、彼女もわかってくれていて、私が家でできる仕事を探すか、パートを探すか、はたまたアメリカ行きか、とにかく決定するまで求職期間ということで継続して預かれるといってくれた。
なおかつ、その後もしも仕事がうまくみつからない場合は障害児を育てているということで何か考慮してもらえるかもしれない、ということも。

2人で話しているうちに先生がちょっと涙ぐんでしまったり、私も思わずホロっとしたり、この1年を思い返してしまったわ。
早速区役所にも電話をいれるということにして、大洋を連れて帰宅。

自覚していなかったけど、こういう問題が潜在意識にあったから、眠れなかったのかもしれない。
昨夜は久々に『寝た!』という実感が…はあああああああ。
これで海流が辞退したことで、選からもれてしまった子どもが1人でもはいれて、困ったママが救われるのだわ。

さて、あとは私の仕事をどうするか。
アメリカ、ハワイ行きはちゃーんと実現するのか。
まだまだ、実は問題は山積みだったりして。
いっこずつ、ストレスの根源を消していきましょ。
[PR]

by mizuhonn | 2008-02-29 12:10 | 海流
<< この笑顔のためなら あーあああーあーあー >>