人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
町医者のいい分
まったく、素人には判断がつかないので非常に困る。
大きな病院を信じるべきか、それともいわゆる開業医のほうが経験豊富とみなすか。

先日聴力検査にいき、検査が終わってから中耳炎と診断され何もかもやり直し、となった海流王子。
鼻水がずるずる続いたかとおもうといきなり発熱、しかも39度。
薬は飲んでるし、このまま様子をみるべきか、いやしかし39度だからなーとりあえず耳鼻科へいって中耳炎が悪化してないか診てもらおう。

駅前のかかりつけの耳鼻科へ。
ここの先生はどっちかというと『ダイジョブダイジョブ』派である。
私は結構好きなタイプ、が、子どもには嫌われるらしく(顔がゴッツイせいか?)大抵の子は大泣き。

事情を説明すると、ハテ?という顔。
「中耳炎?別に中耳炎の耳じゃないけどなーこれは。」
といいながら小さな海流の耳を苦労して掃除してくれ、なんともまあ、でーっかい耳あかをゴロリ。
「こんなんだよ。」
…もしや、このせいで聞こえが悪かったのか…?
海流の耳は人一倍狭い、ので、家ではなかなかキレイにできないのである。(←言い訳じゃなくて、ほんとに医者も苦労するのだ)
先生曰く、右はちょっとそのけがあるが、左は中耳炎ではない、よってネツは中耳炎からくるものではないとのこと。
今飲んでる薬をそのまま飲ませて、熱があがったら解熱剤でいいんじゃない、とそんな感じ。

ちょっとまてー、このあいだは両耳中耳炎、しかも1ヶ月後治ってなかったらCT とって、鼓膜チューブなる特殊な治療をしないと治らないかも、と言われたのよ?

「あーチューブね、あそこはすぐ切りたがるんだよなー。チューブとかいれると、後が大変だよ?」
と言うではないか。
そう、そうなのよ、いっつもこんなかんじ。
大体大きな病院の医師と開業医って、ちょーっと反目し合ってるっていうか…まあ治療方針が違うのよね、そりゃ仕方ないけど。
「後が大変って?」
「定期的に、しょっちゅう診てもらわないといけないし、今の状態ならチューブなんてすることないよ。」
とな。
だったらしたくないぞ、そんな処置。

2月頭に診察があるといったら、そのときに自分の名前だしていい、と先生は強気。
どうやら、うちの担当の医師と知りあいらしい。
(というか、後輩とみた)
難しいのは、中耳炎でなかったとしたら、やはり聴力は弱い、のか、それともあの巨大な耳あかのせいなのか…ふうむ。

とりあえずその日は解熱剤を使って、翌日には熱は下がっていた。
鼻水は相変わらずまだすごい、薬、きいてんのかね。
あの異常に強いアメリカの薬が、ちょっとだけ恋しい今日この頃である。
[PR]

by mizuhonn | 2008-01-18 13:46 | 海流
<< 16.5% GET >>