人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ガンバレ ダディ!
さて、知る人ぞ知る、われらが二年前初めて大洋王子を連れて海外にとんだときも、目的地はまずハワイだった。
(で、その後に本土で弟さんの結婚式だったのよね)
そのときにパスポートの問題であわや出国できません、ってなったのだ。
で、去年大洋と、私のおなかの中に海流、で旅したのも、ハワイだった。
そのとき大洋が前半何も食べなかったり、熱出したり、まあいろいろあったのだ。

で、今回。
海流発熱でまたまたあわやいけません!ってなったので、ダディは「ハワイには何かある、僕らはハワイに来ちゃいけないのかもしれない」と、なにやら弱気というか、迷信ぶったことを言っていた。
ちなみに私の母、ばあばによると「そんな状態でもいけてるんだから、逆じゃないの?」となる。
その通り、今回もぎりぎり前日金曜日に一応お許しがでて、無事家族そろって出発。
しかし本当に出発するまでなんだか落ち着かず、ああ早く空港いって、とんで、到着したい、切に願ったものである。

家出発、新宿まで無事到着、飲み物かって余裕でエクスプレスに乗り込み10分ほど遅れはしたが空港着、ガラガラで全てスムーズ、しっかりウドンまで食べて、おっぱいあげてから出国ゲートへ!

と、ここで事件は起こった。

私が授乳室に入るや否や、ダディの奇声、大洋の泣き声。

…何事や…こ、ここまできて何か?パスポートはもってきたし、も、もしや怪我でも!

怒り顔で部屋に入ってきたダディ。
Do you have his underpants?
がーん!
またやったのか!

なぜだか判らないが、ダディと二人で遊んでいるときに限ってトイレの失敗(しかもウンチ)をするケースが多い大洋。
もちろんママは下着と着替えのパンツを持たせてあるのでぬかりはないが、なぜだろう?
二人して空港のトイレへ消える。
授乳を済ませて出ても二人の姿がなく、トイレのほうへ向かう。
時は刻々と過ぎていき、「ベビーカーのお預けがあるので、少し早めにお願いします」と言われていたのに、気づけばもう結構ぎりぎりじゃん。

ようやく出てきたダディ、ぐったり。
That was terrible!
その日、ものすごい食欲で食べていた大洋、かなりひどーい状態だったらしい…。
本人ケロっとしていたが、そう、拭いてやるほうが、こたえるのよね、わかるよ。

からっぽの出国ゲートを通り、搭乗口についたらもう優先搭乗の始まるところであった。
2時間前に空港についたのだが、なんだこの忙しさ。
昔は空港でなにしよーってもてあましていたっちゅうのに。
結局免税も何も、見れず。
そして着替えのパンツを失ったので、こっから現地まで「またお漏らししたらどうする?」という恐ろしい考えにおびえなくてはならないのだ、私たち。

子連れの旅行は、キツイ。

前回のフランスで学んだハズであったが。
懲りない家族だ、私たちって。

無事、飛行機は離陸、着陸。
大洋王子、お漏らしなし。
とりあえず、ほっ。
[PR]

by mizuhonn | 2007-12-19 18:21 | 大洋
<< まだまだトラブル ハワイ到着 とりあえず Hawaii 速報 >>