人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大冒険の旅
よいどれオヤジを家に残し、書き置きもせずに、マミーは勇気をだしてキッズとともに大冒険へ。
腰は痛いし、肩こりだし頭痛はするしで、絶不調の私、無事にたどりつけるのか…。

まずは小田急線。
電車小僧の大洋は、最近はぐずることもなくおとなしく窓から外を見ているので、これは楽勝。
いつもなら成城学園で急行に乗り換えるのだが、すわれないと面倒なので各駅停車でノンビリ行くことに。
すると
「あっちの電車にのるよ」
と、大洋。
「今日はこのままこれでいくよー」
「あっちに乗る!」
と、ひと悶着。
子供の記憶力はあなどれない。

無事に駅までたどり着き、じいじ達と待ち合わせのデパートへ向かう。
「トーマス!」
デパートをみるや、叫ぶ大洋。
はたまた、子供の記憶力はあなどれない。
e0068103_20272156.jpg
トーマスやら他の機関車やら、ばあばに何度もコインをもらって乗りまくり。
マミーやダディだと一度しか乗せないんだけどね。
今回めずらしく乗ったのはこれ。


e0068103_20291326.jpg

ちっちゃなメリーゴーランド、100円。
トーマスたちは2周で200円、こいつは結構まわって100円、なにやらオトク感。

それから私の姉も加わってランチ。
私が海流に授乳しにいこうとすると、
「大洋も!」
とついてこようとした大洋だが、
「大洋はばあば達とゴハン食べててね。」
言うやいなや、くるりときびすを返し、さっさとばあばの手をとる王子…はやっ!
メシと聞けばそれかいっ!
ランチ後は姉の家により、ベランダから電車をみて遊ぶ。

散々遊んで食べて、さて帰ろう、という頃に眠くなる…そーなんだよ、これが問題なのだ。
ナントカ駅までは歩かせたが、大人の足で20分のところ40分かかり、マミーはぐったり、いやいや大洋もかなりぐったり。
電車の中でもちろん…ZZZZZZ
これを予想して、駅までダディに迎えにきてもらうことにはなっていたが、さて降りるのが実は難関。
なにしろ私は腰痛女である。
まず海流をベビーカーから出してスリングに。
ここで起こされた海流が大泣き。
で、爆睡している16キロ=20キロくらいに感じる大洋をどうやってベビーカーへ…おおおお、これは思ったより難しいぞー!
ダディー、ホームまできてくれっ、ここ何両目だ?と思ったとき、神の手が。
「手伝いましょうか?」
同じく子連れのママさんが、あたたかい手を差し伸べてくれたの。
アタフタとしている私を見るに見かねて、大洋をベビーカーに乗せてくれた。
ありがたや、世の中助け合いだわ、私もこういう場面に出くわしたら、絶対に手をかそう。
おかげで無事、到着。
改札口では明らかに二日酔いのダディがお迎え。
あああああー長かった!

2人つれての初遠出、なんとかやりました!
といっても町田だけど。
小心者未熟者の私には、ものすごい大冒険。
いやー世の中の2人3人連れてるお母さん、すごい。
母は偉大だ。
[PR]

by mizuhonn | 2007-06-24 20:43 | 大洋
<< 卒業! 一万円の夜遊び >>