人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
くまさん、おべんとバス、トマト
「たいていの方がそのままつれて帰ります、が、どうですか?」
保育園にも卒園式&進級式なんてものがあり、保育士さんから午後そのまま保育をすることは可能だが、アンタのとこは連れて帰るわよね?と無言の脅迫を受けたのは確か2週間ほど前。
覚悟を決めて連れて帰ることにしたはいいが、一人でみてる自信がないので、ママ友を誘って午後から経堂の児童センターへ遊びにいく計画を。
ホント、頼りない母親である、ごめんよ大洋。

当日、おにぎりを作ったり海流におっぱいあげたりと怒濤の朝。
昨夜洗濯しといてよかったわ。
さてさて、2人つれていくとなると、迷うのがベビーカー。
海流をずっと抱っこで経堂へも行き、おまけに大洋がバギーに乗らないと言いだすと虚弱ママはキレるだろうな。
ので、結論、ベビーカーを持っていき、大洋がねたらそれに無理矢理乗せよう。
そう思ったら時すでに9時10分前。
やべえ、遅刻だ…歩かせるひまがないわ!大洋、ちょっとキツいけどこれに乗ってね、とおしこむと…。

ぎゃーーーーーーーーー!やだーーーー!
いたいーかたいーかたいーかたいー!

カタイ?
きつい、がどうやら、カタイ、となっているらしい。
大洋王子、そりゃもう大暴れ。
バギーに慣れ親しんだからだにはAB型のベビーカーはかなり苦痛らしい。
当たり前か…15キロだもんな。
しかし背に腹はかえられない。(って使い方間違ってるってば)
泣き叫ぶ大洋を押し込んだまま保育園へダッシュする。

e0068103_1551737.jpg
到着してお友達に会うまで、泣き通しであった。
やはりコレに乗せるのは無理があるかー…ピリカ欲しいなー、買っちゃおうかなー。

さてさて、卒園式自体は大洋は関係ないので、正直、ママは退屈であった。
卒園する児童の親御さんたちはびしっとスーツなんかきちゃってもちろんお父さんもきてて、涙ぐんだりしちゃってるのだが、6キロ弱のベビーを抱っこしたまま立ちっぱなしの私は感動するどころか、
疲れた、足が寒い、だれか席ゆずってくれよー
と、きもそぞろである。
電車で妊婦に席を譲らないのと同じくらい、子連れママに席を譲ってはくれない、保育園の行事。
みんな我が子をみるのに必死なんね、ま、仕方ない。

ようやく我が王子の出番!
ひゅーひゅー、がんばれえええー。

「マミー!」
あちゃ、早速見つかってしまった。
泣いたり動揺するので、小さい子の親は隠れていて下さい、と言われたのだが、この狭い部屋でどうやって隠れろっちゅーんじゃ、隠れたら見えないから来た意味ないじゃん。
が、大洋、今回は泣かなかった!
満面の笑顔で手を振り、出し物のおべんとバスに乗るために選んだトマトを誇らしげに見せている。

ほう…成長したのう。

大洋の出番がすめばようはない。←自分勝手な母親の見本
さっさと出て別室で授乳させてもらう。
海流を理由にちょっと早めに大洋を引き取り、経堂へ向かうことにした。
e0068103_155831.jpg


ここはヨイ!
なんといっても新しくてきれい。
おもちゃも新品か?
普通児童館にいくとお下がりの汚れたふるーいおもちゃばっかなんだけど。
ベビーベッドもあるし、大洋は走り回り海流はおねんね、が可能。
写真撮影禁止、だそうだが、外はいいだろう、と庭の汽車ぽっぽに乗る王子を激写。
大洋は思い切り走り回り、転んで顔をうって大泣き、また走って頭から転んで大泣き、また走っておもちゃをみつけ、車にのって、大満足。
アンパンマンジュースかってあげるから、とだましてようやく帰途についたが、さすがに疲れたらしく、ベビーカーに自ら乗ると言い出した。
ぎゅゆううう、と押し込んで数分後、爆睡。

帰宅して、さて今日何したかばあばにお話してごらん、と電話。
「もしもし、大洋、くまさん、おべんとばす、とまと!」
ハイ、よくできました。
汽車ぽっぽが抜けたけどね。
[PR]

by mizuhonn | 2007-03-09 16:02 | 大洋
<< いつかきっと… 燃焼! >>