人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本批判
先日無事女の子を出産した産休中の同僚は、通勤電車で誰も席を譲ってくれないことをかなり強く訴えていた。
モチロン、朝のラッシュでそんなこと全く期待できない。
かなり空いている帰りの電車でさえ、優先席のまん前に妊婦が立っていようがフツーに若者が座っている日本の実情である。
ちなみに、同じ女性として出産を経験した人であれば「譲るか?」と思うかもしれないが、同年代の女性でもフツーに座っている、または常套手段寝たフリをしているのが当たり前なのだ。
そんなとき彼女は
「妊娠してます」
と言って、席を譲らせたそうである。
スバラシイ。
彼女は、ちなみにアメリカ人。

こんな話を朝彼としていたら、彼のいつもの"日本批判"に発展した。
日本人は電車の中やカフェで、カジュアルトークが全くできない、というのである。
アメリカでは移動の電車内やスタバ、公園、などなど公共の場所で気軽に知らない者同士が話すのは普通だそうな。
いやさ、そりゃ状況が違うんじゃないの。こんな混んでる通勤電車なんてないし。
というのも彼が今英語を教えている女性が、出会いがないともらしたことからそんな話になったそうだ。
私からすれば電車内やスタバで話しかけられたいとも思わないし、それがいわゆる出会いにつながるのか?とかなり疑問であるが、確かに彼なんては通勤電車で話すようになった同郷のアメリカ人と未だに連絡をとっていることもある。

じゃ、いいじゃない、その女性が公共の場でカジュアルトークしたいなら、自分から話しかければ?

変なやつと思われようが、自分がそうしたい、そうすべきだ、と思っているならマズは自分からどうぞ。
話しかけるのを待っている、誰も話しかけてこない、日本はやっぱりおかしい、となるのであれば、その方こそ日国際的な日本人、ってことになるんじゃないかね。
ちなみに、私は席譲ってくれとは言いません。
別に「日本人だから言えない」のではなく、単に譲ってもらわなくてもよいから。
こんなラッシュに乗るのを選んでいるのは自分だし、まあ押されるのだけは勘弁だけどね。
[PR]

by mizuhonn | 2006-09-06 22:04 | その他 Others
<< ゴキゲン王子 真っ最中! >>