人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Hawaii への旅 はじまる
さて、今回のバケーションの目的は"Relax-リラックス"、であった。
大洋はボクが面倒見るから!という彼の力強いお言葉を信じて、妊婦である私は優雅にマッサージいったりネイルサロンいったり、ショッピングしたりしよう、とプラン。

ホノルルまで7時間の旅。
これがまず妊婦にとって、しかも幼児連れということで第一関門。
昨今のテロ騒ぎでセキュリティはやたら厳しいと聞くし、3時間前に空港に到着するようにした。
ら。
なんだ?
空港は空っぽというくらすいてて静か。
チェックインも超スムーズ。
セキュリティチェックもいたって普通。
オイオイ、液体チェックはどうしたっ!!!
それに備えてコンタクト用品までスーツケースにいれ、機内の必需品歯磨きセットも持ち込まなかった私の立場はっ???
唯一違うといえば、実際機内に乗り込む前に数人の係官がいて、手荷物を開けてチェックしたこと。
が、これまた杜撰。
「液体とかジェルのものはお持ちじゃないですか?」
と聞きながら申しわけ程度に中身を点検する。
「ないです。」
といわない馬鹿がおろうか?
もちろんペットボトルの水とかあからさまにもっていたらスグにひっかかるが、この程度のチェックならコンタクトくらい持ち込めたじゃないか!
実際大洋のおむつセットなどは開けてみもしなかったし、バッグのポケットにライターをいれっぱなしにしていた彼は、なんとそのままライターを知らずに持ち込んでしまったくらいである。
どうしたニッポン!こんなセキュリティでよいのか?

腑に落ちないまま席につくと、どうやら3人がけのひとつが空席、という幸運に見舞われる。
大洋王子、ちゃかり一人でシートをゲット。おお、これで7時間のフライトがどんなにラクになったことか。
と、思ったら、空港ではしゃぎまくった王子は離陸もまたずにうつらうつら…。
ダディの膝の上で窓から外を見ていたのに、飛び立つころにはすっかり夢の中であった。
それから4時間ほど暴れながら爆睡。
おかげさまで、王子が転がり落ちないように気をつけながらではあるが、私も少し仮眠をとることができた。

心配したフライトであったが、王子が寝てくれたのと空席があったのとで意外とすんなり。
もともとトイレの近い私は妊婦になるとさらにものすごい頻尿になるため、何度トイレにたったかわからないが。
ま、それもまた運動と思えば。
そうそう、機内ではベビーがよく動く、と読んだことがあるが、これホントウ。
ボコボコっ、モゴモゴっ、とよく暴れていた。
なんだろう、わかるのかな、今飛んでいる!って?
無事ホノルル空港に到着。
おおおおおお、きたよーハワイっ!
税関ではファミリー一緒に受け付けてくれるとのことで、長い日本人の列に並ぶこともなく、USA Citizenのほうからちゃっちゃと入国が許可された。
なーんだ、去年は別々に並んだのに。
もっと早く教えてくれよ。

かくして無事にハワイに到着した一家。
バケーションのはじまりはじまり、である。
[PR]

by mizuhonn | 2006-08-28 22:05 | その他 Others
<< これぞ魔の2歳児!!!  現実 >>