人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
IEP Meeting
海流のIEP Meetingがあった。
昨年12月海流が3歳でプリに入学した際、テストを受けそこから目標を設定し、どのくらい達成できたか、それに基づいて新たな目標を設定する。
身体的なものから知育、社会性や生活レベルなどなど、沢山の項目に分かれていて、入学時点ではまだ歩いてもいなかった海流、一番おくれていたのはやはりグロスモーター、大きな筋肉の発達。

さて、9ヶ月たって、どのくらい海流は成長したんだろう。

まずは身体的な動き、歩いているどころか小走りに近いところまで、そして階段どころかベッドのはしごまでのぼっちゃう、これは目に見える大きな成長。
グロスモーターはおおよそ2歳6ヶ月くらいという診断。
そして細かい手の動き、ブロックをつみあげたりお絵描きしたり、ファインモーター、これが3歳1ヶ月。

言葉、これも単にしゃべるというものだけではなく、実際に発する言葉のスキルと理解する力とコミュニケーションをなんらかの形でとるリセプティブというものに分かれていて、まだ発する言葉は少ない海流だけれどリセプティブのほうは3歳8ヶ月、と実年齢にとても近い、これにはびっくり。
今後は実際に話す言葉のほうに力を入れていくとのこと。
こちらは今2歳7ヶ月。

生活スキル、着替えをしたり食事をしたり、1人でどのくらいできるのか。
これが3歳2ヶ月。
思ったよりこれも高い。
まだ食事も1人ではできないし、着替えもできない、そして何よりおむつ。
もっと遅れていると思っていた。
が実のところ3歳児って、1人で着替えしたり食事したりできるこって、少ないらしい。
我が家では大洋が意外とそのあたりがすすんでいたので(3歳ですでに自分で洋服選んでたもんね…)それと比べてしまっていた。


次に社会性。
これは以前から実年齢に一番近かった。
人との関わり方、挨拶をしたり一緒に遊んだり、言われたことをちゃんとできるか、そういうもの。
3歳1ヶ月。

そして…ダディもわたしもびっくりしたのがアカデミック、いわゆるお勉強の部分。
4歳9ヶ月!
…は?
海流3歳9ヶ月だけど。
間違いじゃない?
聞いてみると、間違いではないらしい。
海流、以前にブログにも書いたけどローマ字を全部覚えている。
知っているだけではなくて、その音もしっかり言える。
そして数を数えたり、物の名前や友達の名前を覚えたりスペルを覚えたり、通常キンダーで習うことをすでにできるのだそうだ。
はっきり発音はできないけどボキャブラリーもとても多いのだという。
で、4歳9ヶ月!
ダウン症の子には、あまりないんだって…めずらしいケースらしい。
すごい!

子どもを初めてプリにいれるとき、よく親のほうが泣く、という話を聞くが、私は大洋のときも海流のときもそんなことはなかった。
不安ではあったけど、離れて寂しい、というよりはちょっとほっとしたというのが本音、冷たいのかなアタシって…と思ったりした。
でもこういう風に彼らのがんばりをみると、じーんとしてしまう。
会議中に泣く訳にはいかないのでガマンしたけど、海流がなんと実年齢をこえたスキルをもっているなんて、親ばか以外のなんでもないけど、それだけのことにものすごく感動。
そしてそれには間違いなく大洋の影響が大きいこと、今まで気づいてあげてなかったけど彼はほんとに実年齢よりオトナで私たちの助けになってくれてることを感じる。

海流は来年8月から、キンダーに移る予定。
5歳になる前なので心身ともにおそらく一番小さい生徒。
スペシャルニーズのプリと違ってとまどうことも沢山あるだろうけど、きっとキミなら大丈夫。
ぐんぐん成長して、沢山ママを泣かせてください。


e0068103_7552319.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2010-10-04 07:55 | 海流
<< マカプハイキング Mr. C >>