人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人として
私のハワイの姉Cがちょっと前にずっと仲良くしていた友人から思いもかけないひどいメールがきて相当落ち込んだ、という話は以前書いた、かな、いや書いてないかな。
あの姉御が涙を流して話して来た。
その友人とはつきあいも長いし、空港の送迎はもちろんハワイに来るたび家に泊めたり何からなにまで、できる限りのことはしていた仲。
一体何が気に障ったのかしらないが、突然『You are judgmental』という書き出しで、ひどい言葉が連ねてあったそうな。
Cはものすごくフレンドリーで誰とでもすぐに仲良くなっちゃうし、友達も山のようにいる、ようにみえるけど、本人曰く『友達は深く少なくでいい』という。
自分がほんとに信頼している女友達は少ない、でもその人たちのためならなんでもやってあげたいと思う、という彼女、その少ない友人のなかに私が入っているのはほんっとに光栄きわまりない。
で、今回の彼女も、そうだと思ってつきあってきた、だからこそ、痛手は大きい。

数ヶ月して、その彼女からいきなり電話があったらしい。
あのときの私はおかしかった、といって平謝りの電話かを思えばそうでもなく、色々言ってて仲直りをしたいのかなんなのかよくわからない。
そんな話を聞いた直後、他の友人からも友達のもめごとの話が。

なんだか、とっても深いため息がでる。

私たち、何歳だ?立派なオトナだよね?

いや、何歳になっても人間はかわらないのかもしれない。
皆自分がかわいいし、自分が傷つけられたことは大事で人を傷つけたことには気づかない。
人に何かをしてあげればその見返りを求める。
人の状況ばかりをうらやんでねたむ。
また、自分が傷つかないために人を攻撃する。
いわゆるいじめの原点?

私もガキのころはいじめたこともあったし、今でも人を羨ましいと思うこともある、多分、いっぱい傷つけてもいる。
だけど意図的に、人を攻撃して傷つける、明らかにそれがわかっていることをしていいのか、それくらいはわかる年齢になっている。
別にあわないと思うなら今後つきあわなくてもいいだけで、あえてぐさりと心臓つきさすことはない。
自分が何かしでかしてそれを隠すために攻撃するのも、子どもですら『ごめんなさい』をいいなさい、と教えられているのに。

私の尊敬するヨガの先生が大切にする、教えてくれた言葉
Thank you
I am sorry
I forgive you
I love you

ありがとうとごめんなさいが言えるオトナになろう、と子どものしつけをしてきた。
それに、許すという気持ちと愛するという気持ち、これだけで人間の基本的な関係がなりたっていく気がする。

親になってなぜ自分の子ども、特に赤ん坊がこんなに愛しいのか。
母親の赤ん坊に対する愛情って、何も見返りを求めない純粋なもの。
それがだんだん成長してくると頭がよくなってほしいとか色々な期待をし始める、そこですでに、一方通行ではなくなる。
子どもですらそうなっていくのだから、友達やパートナーに純粋な『愛情』をもつのはなかなか難しいのかもしれない。
でもでも。
そんな深い愛情を持てる人間でいたいよね。
友達も家族もとても大切、大切にしています。


e0068103_15333669.jpg

↑ワタシが現在もっともピュアな愛情を注いでいるのはコイツ
e0068103_2553332.jpg

と、コイツ。
いやいやダディも愛しいよ(笑)、でももっと家事やれ、とかこれ買ってくれ、とか見返りばっか期待してます…すんません。
[PR]

by mizuhonn | 2010-09-26 15:34 | Family
<< 6歳 検診 ワイキキスクール Fun Fair >>