人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Mentor
ヨガでMentorという言葉がある。
要は師、相談相手、助言を仰ぐ人のことで、ヨガに限らず人生全般における師である。
今私の教えているスタジオでは、このMentorを持ちましょう、というキャンペーン?なるものをやっており、先生や生徒の中でも上級な人たちに、初心者たちのMentorになってはどうか、と提案しているのだ。
私はまだまだおこがましい、と思っていたが、たまたま私のクラスにきている人に「最近ヨガでうまくならない自分に焦りを感じていて」という話をされ、それとなくこたえていたら、「昨日クラスをうけたら、話をきいてもらったせいか肩の力がぬけてとても楽しめた」と言ってもらえた。
こちらも嬉しくなる。

さて、私が勝手にMentorと思わせていただいている人は、数人いる。
もちろん敬愛する先生たち、そして身の回りの彼ら。

私はヨギーニと胸をはって言うには、あまりにも忍耐が足りない。

ダディ不在で子どもたちが夏休みという濃い1週間、本来ならば自分の精神的な部分を鍛えるのに最適な時間、なのに最後の夜イライラと怒鳴りつけて早々にベッドに追いやるという、ひどい結末をむかえてしまった。
大洋は昼間の遊びで疲れて7時にもならないうちにベッドへ。
が海流は昼寝もしていないのに絶好調で私をおっかけまわし、まみーまみーと呼ぶ。
あげく気づいたらプレイドー(アメリカの粘土)をカーペッドにぶちまけて、これにはキレた。
たいしたことじゃないのに、しかりつけ、プレイドーを捨て、それでもなおくっついてくる海流の面前でドアをしめコンピュータールームに閉じこもろうとしたら…泣かせてしまった。
あーあ…やってしまった。

だって…とにかく疲れていたんだよ、ママは。

なんて典型的な言い訳なんだろう。

アシュタンガヨガで築いていくという8つの定義がある…一体自分はどこまでたどり着いているのだろう。
まだまだ、スタート地点でとまってるじゃん。

落ち着かせて、一緒にベッドに横になり、まだ涙目ながらにこっとする海流にキスしながら頭をなでる。
いつのまにかイライラはどこかへ、穏やかな気持ちになっている自分に気づく。

なんて浅はかな。
この時間そのものが、瞑想をしているようなものなのに。
彼は私のことが必要だから呼ぶ、けれど同時に、彼は知っているのだ、私が彼を必要としていることも。

疲れているからこそ、彼らは私に声をかけてくれてるのだ。

私には何人かのMentorがいるけれど、子どもたちはその筆頭である。

e0068103_16154252.jpg

[PR]

by mizuhonn | 2010-08-02 16:16 | Family
<< ぴかぴかの1年生?! ハワイでおいしいケーキ! >>