人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
She is better than me
ヨガは競争じゃないです、周りの人と比べないでくださいね

と、私はよく生徒さんたちに言う。
かくいう私もそうだった、そうはいってもね、比べちゃうよね、その気持ちはわかる。

先日クラスの後に、ある生徒さんが『We started yoga almost same time, but she is now much better than me!』と悲壮な声で話しかけて来た。
彼女はとても熱心、だけど自分でも言っていたけれど、今まであまり先生の言うことをきかなかったのだそう。
どちらかというと、自分で自分のペースをつくってやっちゃうタイプ。
私のリードも耳にはいってるんだかどうなんだか、たいてい一歩先をいっちゃってる(笑)。
だけどそれで腰を痛めて、今色々と考えているらしい。
で、聞かれた。
You listen what teacher say?
もちろん
YES
ですよ。
聞く、のと、実際それができる、のはまた別問題だけど。
だって私は始めたとき何も知らなかったし、だけどものすごく好きになったのでとにかく何でも教えてもらうことは吸収しようと思ったから。
自分の弱いところをどんどん指摘してもらってなおしたいと思ったから。
そういったら、彼女は、自分は全く聞いてなかった、って。
それをまた認めちゃうのもおもしろい。

先生によって指導の仕方がちがうし、言い方も異なるのでとまどうこともある。
だけど、すべてまずはきいてやってみて、自分にあう、自分が心地よく受け入れられるものを受け入れていけばいいのだ。
彼女は極端なところもあるので、以前は1人の先生が気に入ると、その先生を毎日のようにおっかけてクラスを受けていたそう。
だからその先生にちょっと不信を感じると、ぱたっとレッスンを辞めてしまっていたのだそうだ。
細々とでもずっと好きで続けている人と、自分みたいに週に5日通ったりまったくしなかったりと波のある人はきっと差がでてくるのね、と言う。

でも、やっぱり彼女はヨガが好きなんだろう。
だってこうしてまた戻ってくるんだし。
怪我のおかげで気づいたことも沢山あるみたいだし。

うまくなりたい、かっこよく見せたいという気持ちは誰でもある。
私は例えば今教えているので、自分は先生だから他の人よりうまくないといけない!というエゴがわき上がることもある。
彼女はそりゃそうでしょ?というけど、ほんとはそうじゃないのよ。
先生だからポーズがうまい、っていうのも、まあ、必要ではあるけど、どう見えるかではなくて、どう感じるかのほうが大事。
私は別にヨガのモデルではないので、美しくてポーズだけとってればいいというわけでもない。
自分の練習のときは先生じゃなくて他の生徒さんと同じ、1人のヨギーなわけで。

うまく伝わったかどうかわからないけど、他の人と比べて自分ができない、と思うのだけはやめてほしいなと思う。
まずは自分を全面的に受け入れること、好きになってあげること、ヨガをすることで気持ちいいと思ってほしい。
[PR]

by mizuhonn | 2010-07-19 06:31 | YOGA
<< Family BBQ Summer Fun Perf... >>