人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自分らしく
昨日はAshtangのミーティングが。
たぶん初?なのかな、Taniaがアシュタンガの先生およびサブに集合かけて今後は定期的に行う予定らしい。
目的は情報交換、すべてのクラスの質を同等に保つこと。
シニアティーチャーたちが色々なアジャストを披露してくれたり、ついこのあいだマイソールから戻ったばかりという新しいサブの先生がいたり、とても貴重な時間だった。
そして私、まだまだ駆け出し、ヨガの知識も少ないし、インドにいけるわけでもないし、アジャストのレパートリーも少ない。
でもそんな私にも、みんなにはなくて、ワタシにある、というものもあるんだろうか?

それは、まだ新米だからこそ、のまっすぐな意識、基本に忠実であるということ。
たとえば慣れてくると、数えるのをなぜかやめてしまうのだそうだ。
それはTaniaが指摘していたのだけど、彼女自身も数えるのをやめてたんだけど、最近また数えだしたのだそう。
というのは生徒からのフィードバックで、しっかりカウントしてくれるとやりやすい、といわれたんだって。
私の初めてのクラスでも、皆が一定のテンポでしっかりとしたカウントがとてもよかったとフィードバックをくれた。
そして、初心者の気持ちで教えてあげられるということ。
自分のスキルがあがってくると、できないということが理解できなくなる、だんだんと。
私はまだその道をとおって日が浅いのでね(笑)、ヘッドスタンドとかもかなり苦労したし、未だまっすぐで背中はまるまらないのでローリングが苦手だし。
でもその分どうやったら自分なりにアーサナをとっていけるのか、を一緒に教えてあげられる。

昨夜はまた、Taniaがアシスタントで私がリードという贅沢クラスだった。
このあいだ金曜日に受けた人が昨夜もきてくれて、Wonderful class!とハグしてくれ、チケットを10枚購入して帰って行った。
しばらくは2人でやって、来月からはたぶん私が担当することになる。
彼女だからきてる生徒も多いだろうしがっかりする人も沢山いるんだろうけど、私なりに、私らしい、そして質のしっかりしたクラスにしていきたいな。
[PR]

by mizuhonn | 2010-04-02 06:04 | YOGA
<< 海流王子のマイブーム Easterの贈り物 >>