人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Vinyasa day
月曜日の朝練は(朝練というと学生時代のクラブ活動みたいね)Vinyasa Flow。
私が普段やっているアシュタンガが元になってはいるのだけど、アシュタンガのようにシリーズが決まっているのではなくて、先生がそれぞれ考えた流れで色々なポーズをとっていく。
日本人にはこういったヨガのほうが、おそらく一般的。
アシュタンガの方が体力的にきつい、けれど、それに慣れてる私には逆に先の読めない流れがきついこともあったりする。
そして内容は、先生が独自で考えるので、そう、先生次第でクラスはどういう方向にも進んで行く。
先生はもちろんRupali、彼女はアシュタンガをかなりとりいれているので、レベル的にも高め。
彼女の独特な穏やかさで、意外ときついポーズもなんだか優雅〜♪

そして午後は、自分達でこのフローを作って行く、という授業。
これはおもしろそう!
既に教えている人たちもいるけど、私にとってははじめての体験。

指導実習でグループになったOhanaごとに別れ、『お題』が与えられる。
2つのポーズを与えられて、この間に5つ以上のポーズをいれて、フローを作る、というもの。
この『お題』、結構難しいものばかり!
Rupaliったら、優しい顔して厳しいんだから〜。

私達に与えられたのは、setsu bandasanaという簡単なブリッジのポーズから、trikonasa三角のポーズ。
しょっぱなからブリッジかよ、って感じだけど…さて作れるのか?

みんなで顔を突き合わせ、これはどう、これは?なんてやってたら、あっという間にできちゃった〜。
じゃんけんで負けた私が先生役…指導実習を2回やった後だからかな、思ったより緊張しないで先生もどきができました〜。

2度目はなんとヘッドスタンドから!終わりが木のポーズ。
ヘッドスタンドができない場合はこういうバージョン、と替えたものも紹介しつつ、こちらも意外とすんなり完成。

3度目は、フローに不可欠なチャトランガを入れずに、という難題。
鳩のポーズからはいって、ardha chandrasanaという片足でとるバランスポーズまで。
やっぱりこれが一番難しかった、でもなんとか完成。

それにしても、ほんの10分にも満たないフローを考えるのもたいへんなのに、90分のレッスンを組み立てるって!
しかもデモでみせるから、自分のできないポーズはいれられないしね(笑)。

毎日あっという間。
さて、このトレーニングが終ったら…なんてことを、そろそろ考え始めました。
以前このトレーニングを受けた友人が、『TTを受けたら逆に教えるのがコワくなった』と言っていたのが、なんとなくわかるような。
それに素晴らしい先生についてると、自分が教えていいのか?なんてことも思ったりね。
いやいや、その素晴らしい先生に教えてもらったものを、ちゃんと広めていかなくちゃね!
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-24 14:46 | YOGA
<< 本来の姿 いくじ >>