人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Meditation
トレーニングの一環として、先日はMeditation瞑想のクラスが。

ぢつは…瞑想…抵抗がかなり。

私を知っている人はご存知の通り、友達が『千手観音』と名付けたくらい、いやいや観音様みたいに穏やか、っていう意味ではなく、手が千本でてる、という意味で、常に何かしていないと気の済まない性格。
それがかつての仕事には多いに役立ったけど(秘書でした、これでも)心を穏やかにして無になる、ってこんなアタシにできるのか?
でも、いわゆる私達がヨガとしておこなっている身体的なものは、この瞑想にはいるまえの『前菜』でしかない、といわれたら、『ま、いっか、もともとメインコースは興味ないし』といってしまいたいのはヤマヤマだけど、やっぱり試してみないと。

教えてくれるのは、以前何度かクラスでもあったことのあるイギリス人男性。
彼はヨガをはじめて模索するうちに、瞑想にたどりつきそっちに強く惹かれたという。
(あとで他のYogiが『ヨガできなくて瞑想にいったんちゃうー?』とこっそりつぶやいたので爆笑してしまったけど…ごめん、失礼だって!)

軽くエクササイズして眠くならないよう血液の循環をあげて、さて、楽な姿勢で座って下さい、と。
うーん…楽な姿勢とな。

本来はロータスといって脚を完全に交差した姿勢で座るらしいが、この先生自身それは無理だって(笑)。
私はハーフロータスでまず試した。
クッションの上に両足とものせて、すわってみたが、これがおおきな間違い。

瞑想をはじめてすぐ、眠くはならないんだけど意外と自分が入り込めるのがわかる。
が、そこで、体がゆ〜らゆら動く感覚に…クッションの上に座っている私、めっちゃ不安定じゃん!
落ちそうになり、慌ててクッションをはずして毛布の上に組み直す。
体が前後に動く感じがして、これでいいのか〜?と思いつつ、先生の声に耳をかたむけて、無になるべく…(ってここですでに無理してる感じがするけど)。

後半は、まじ、脚の痛みで集中がとぎれはじめる。
私は左脚のももが繊細なので、長時間すわっていると痛むのだよ〜。
しかもくんでいる手が異常に重くなってきて、ずっしり、体全体が床に沈んで行くような感じ。

25分の瞑想終了。
は〜疲れた〜瞑想ってつかれるものなのか???

先生に感じを伝えてみると、体が前後に動く感覚なのは正しいんだって。
自分の心臓の音に波長があい、それを聴いている感じなんだとか。
手や体が重いのも、力がぬけて沈んでいく感じになるのもいいらしい。
そして疲れた、のではなくて、これはリラックスしているからです、って。(ほんまかいな〜?)

初瞑想、結果としては、思ったよりはいりこめた感じはあった、けど、疲れた…脚がいたい。
翌日そのハナシをRupaliにしたらThat's why we do YOGA!って。
そのYOGAの部分だけでは、だめですかね、やっぱり?
[PR]

by mizuhonn | 2010-02-20 03:09 | YOGA
<< Whale Whale Wha... Anusara Yoga >>