人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
You did good!
East Coastからハワイへの帰路は、行きより長い。
しかも朝発なので、行くときのように速攻寝る、というわけにも行かない。

まずはワシントンDCからヒューストン、約3時間。
2人とも寝ずに遊んで、がんばった。
そしてヒューストンからホノルルまで約8時間。
ここでもなかなか寝ずに、映画をみたり遊んだり、歩いたり。

親の私が言うのもなんだけど、2人とも騒ぐわけでもなく暴れる訳でもなく、かなり旅慣れっこだと思う。
んだけど、今回ちょっと大洋、はずれくじをひいてしまった。

ヒューストンからの飛行機で初めて窓際の席だった大洋。
喜んだのはよかったけど、前の席の女性がやや神経質だったらしい。

まず、ダディにクレーム。
Your boy is kicking my seat.
ダディがあやまって大洋に注意。
これは確かに、大洋の悪いクセなんだけど、ちょうど子どもの脚の長さってあたるんだよね。
で、気づくとやっているらしく、ダディが大洋が泣くくらい強く叱って、ちょっとちょっと〜そこまで言わなくてもっ!
私は靴を脱がせて座席のポケットに枕いれたら、と提案してみたけど、ダディは耳を貸さず。

ま、しばらくはそれで落ち着いてたんだが次。
彼女、私たちではなくてフライトアテンダントにクレーム。
どうやら大洋がテーブルをだして車で遊んでいたのが気になるとかなんとか。
で、何をおもったのかこのアテンダント、ちょうどダディが席をはずしていたからか、大洋に直接注意。
それをみた私が、おいおいなに?What&'s wrong?

隣でずっとみてたけど、本当に声をあげるわけでもなく、普通に車でぶ〜〜〜〜とかって遊んでただけなんだけど…。
彼女は席を替えてくれと言ったらしい。
ま、いいよ、確かに子どものいない人にとっては子どもの存在自体が気に障ることってあるもんね。
でもそれならこのアテンダント、勝手に探して替えてあげるとか、またはなければ私たちに言えばいいのに、大洋は普通に遊んでいただけなのに見知らぬ(しかもでーっかいアメリカ人アテンダント)に叱られ、びびってしまった模様。
私は思わずそのアテンダントにクレーム返ししてしまった。
気に障ったのは申し訳ないけど、彼はまだ5才だし私たちがここにいるんだから、こっちに言って!

小さい子連れの旅、ただでさえストレスなのにこういうことがあるとため息。
もちろんよーっくわかってます、周りにはいろいろ迷惑かけてるってことも。
そして子どもがいる人ばかりではないってことも。
子どもは叫んでなくても声が甲高いから、気に障るってこともね。

それでも、比較的いい子にしていた我が家のボーイズでこれなら、子連れはどーすりゃいいんじゃ。
思わずダディに愚痴。
航空会社はこれからシートリクエストをとるときに
No children around
というリクエストをとるべきだわ、って。

ちなみに海流のおとなりの女性はとーってもいい人で、一緒に遊んでくれたりしたので、それでだいぶ気は楽になったけど。
トータル11時間の旅、2人ともがんばった、窮屈な思いをさせてごめんよ、大洋。
[PR]

by mizuhonn | 2010-01-09 05:19 | 大洋
<< Motherhood Wee wee wee >>