人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Granpa
人生って本当に、次の瞬間何がおこるかわからない。
昨日我が家は大きなショックに見舞われた。

大好きなグランパ、ダディのパパが、60才という若さで急逝。

彼から聞いたときはジョウダンかと思って、何を言ってるのかなかなかのみこめずにいた。
なんで?あんなに元気だったのに、まさか、事故、テロ?
グランパは、かつて9.11事件の時、同日の午後ペンタゴンで会議の予定がはいっていたという、それを逃れた強運の持ち主でもあり、腹筋腕立てを毎日かかさずやっていたアスリートでもあり、優しくて甘いマスクの持ち主でもあり。
ずっと家族を愛して支えて来た、義理の父というだけでなく人間として尊敬できる素敵な人だった。

ジムでトレーニング中、強行な心臓発作に見舞われて、救急隊員どころか周りの人が取り囲むときすでに、息をひきとっていたという。


まったく実感できずにいるのだけど、ダディはすでに本土へむかって、私たちも来週お葬式にあわせて行く予定。
チケットの手配なんてしてたら、なんだかあまりのストレスに気持ち悪くなってきて、放棄してしまった…情けない。
普段ダディが留守でも平気なのに、こんな理由で彼がいないと、とてつもなく不安になるのはなぜだろう。
お義母さんはこれからずっと、こんな気持ちでいるのだろうか。

グランパを大好きだった大洋と海流、まだきちんと理解はできないだろう。
大洋は、ダディがグランパがなくなったことを話すと、『じゃあ今度ヴァージニアに行っても、グランパと卓球はできないんだね?』という。
『でも、グランマとは卓球できるね。』
もう2度と会えない、ということはまだわかっていないんだろうな、その無邪気さがまた、哀しい。

私たち残されたものは、これからもちゃんと生活しなくちゃいけなくて、すすんでいかなくちゃいけない。
7月に一緒に過ごせたこと、大洋や海流と沢山遊んでもらえたこと、あれが最後になるなんて思いもしなかったけど『また機会があるからいいや』なんて後回しにしなくてほんとによかった。
一日一日を大切にしなくちゃ。

1人ヨガをちょこっとして、気持ちを落ち着けて、明日からまたがんばります。
少しでもお義母さんの、そして我がダディの支えになれますように。
お義父さんが心安らかに眠れますように。
[PR]

by mizuhonn | 2009-09-26 17:26 | Family
<< 遠いEast Coastへの旅 どこまでもハイハイ >>