人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Babyのまま?
Big Island紀行の合間に、海流王子のお話をちょっと。
出発前日、ちょっとしたカウンターパンチがあった。

まだそんなに親しくはない、お友達がちょこっと寄ってくれたときのこと。
予期せぬ吐き気に、ヤバイ、ちょっとごめん〜なんてバタバタしていたときのこと。
彼女はダウン症というものを、ほぼまったくといっていいくらい、知らない。
なので、何がどういう症状なの?という感じで気軽に聞かれたので、私もかる〜く説明しておいた。
海流の場合は、とにかく成長がゆっくりであること、内臓に疾患などはないこと。
で、いくつになったら歩けるの?はなせるの?と聞かれて、それはこっちが聞きたい、と思いながら、個人差があるので、『いつ何ができる』という指標はないこと、などなど。
で、彼女がいったこと。

でも、いつまでも赤ちゃんみたいで、楽じゃない?

なんと応えてよいのか、一瞬言葉につまってしまった。
これは彼女が悪いわけじゃなくて、多分、そう思ってる人もきっと多いに違いない。
だって歩かないんだから、走り回ってどっかいっちゃうわけじゃないし、喋らないんだから、わめきちらすわけでもない、って。

うーん、でもね、そうじゃないよね?
3才になっても4才になっても、10才になっても何もできずに寝ているだけのほうが、楽?
そんなことは、絶対にないでしょう。

彼女はダウン症のことを知らないし、まして私がいままで感じてきたストレスやら何やら、知らないわけだから、彼女の率直な気持ちだったんだろう。
彼女も2人子どもがいて、とてもうるさくてまいっているそう。
なので、おとなしい海流くん、いいね、静かで〜という感じだったみたい。
さて、きっと今後もこういうことはいっぱいあるでしょ、そういうときに相手の気分を害さず、私の思いをわかってもらうには、どうしたらいいんだろうね。

今回ハワイ島への機内でも、必ず聞かれた。
Infant on lap?
膝の上だよね?とな。
いやいや、このこ2才半なんですよ、ちゃーんと同額はらってるんです、シートあるんですよ、と説明した。
なんだ、こんなことなら、無料幼児にしときゃヨカッタかなあなんて思いながら。

まだまだベビーに見える海流。
公園やビーチでも海流より絶対年下に違いない子供達からBabyとよばれる海流。
ようやく踏み出したかと思った一歩も、またあれ以来停滞しております、が。

ちゃーんと成長していくんだよ。
ずっと赤ちゃんのままではいられないのだ、だれでもね。

e0068103_917170.jpg

最近はとっても頑固で、もちろんわめき散らしたりもします、海流。
作戦を変えて、相手をまったくせずに『歩きたい』という欲求を募らせようともしたけど、いやいや、なかなか頭がヨイのでね、私たちのほうが根負けしちゃってます。
[PR]

by mizuhonn | 2009-07-07 09:19 | 海流
<< VIVA! Big Islan... VIVA! Big Islan... >>