人生まだまだこれから。仕事も育児もおしゃれも勉強も…欲張りワーキングくままの奮闘日記!
by mizuhonn
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
くままとは何者?
ニッポンの片隅でマジメでおちゃめな父『ヒロシ』と、カワイイ顔してドスコイな母『アケミ』の次女としてこの世に誕生、陽の当たる道をまっすぐスクスクと育つ。
2才上の姉『ヤンヤン』(元はネコ、それが大洋王子ようのニックネームで変化)と3才下の妹『ウッキー』(元はサル、同じく変化)に挟まれながら、カラダも態度も一番でかい、かもしれない。
家族とニッポン大好き、スープの冷めない距離に骨をうずめるはずが何を間違ったのかスイートなアメリカンに騙されて気づいたら2人の王子の母になっていた。

現在ハワイ在住。
アイスクリームと青い海、空に囲まれて心穏やかな日々(?)を送る。
将来多分糖尿病か、皮膚がんになる恐れ大。

YOGAブログはこちら↓
(ヨガクラス情報もこちらからご覧頂けます)
Happy Ashtanga

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
がんばった
日本からもどって4日目、ついに、というか、海流王子、発熱。

がんばったもんなぁ、今回。
ゴロゴロ言いながらも元気で、ママや大洋に振り回されてもめげず。
インフルエンザ騒動にも負けず、元気にもどった王子達。
しかし、やっぱり疲れがでた模様。
昨日午後からいきなり機嫌が悪くなり、あ、ヤバそう、と思ったら、案の定発熱です。

神経質になるまい、と思っても、こと海流に関して(というかダウン症とかいわゆる障害に関してかな)耳がダンボになったり、傷付きやすくなったりするアタクシ。
つい先日は、ビーチで遊んでいたらダウン症の、おそらく3才過ぎかな、の女の子が大洋たちのところにやってきた。
大洋や他の子供達が、わ〜といいつつ逃げ出したのをみて、かなりショック。
それはきっと、その子がダウン症だから、というわけではなく、子供達は単純に知らない子が混ざろうとしたので逃げた、んだと思う。
なので、その子どもが健常者であったら、私も深く考えることなく『何やってるの、一緒に遊びなさい』と言えたに違いない、が、たまたま、あ、海流と同じだ〜と思った直後のことで、恥ずかしながらどう反応すべきか躊躇してしまったのね。
その子はちょっと不自由そうだったけど歩けるし、体もそんなに小さくないし、ただ言葉はまだ出てないようだったけど、重度ではないのは明らか。
あと1年もしたら、海流もあのくらいは歩いてるんだろうか。

幸い友だちママがさっと気をきかせて子供達にさらっと注意しつつ、別にその子がダウン症だから云々、ではなくて、お友達でしょ、一緒に遊びなさい、と言ってくれたので、子供達はなんとなくその子のそばによって、一緒に遊ばないながらも、逃げたりはしなかった。
いつか、近いうちに、まず大洋に、海流がダウン症という発育の遅れをもっていて、もしかしたら周りからいじめられたりすることもあり得る、ということを、話さなくてはいけないのかな。

そして昨日、とても仲良くしてもらってて、気が合う友だちママとの話ででた、羊水検査の話。
彼女の従兄弟は実は羊水検査で重度の障害をもっている疑いがあって子どもをあきらめたという。
医者が、産んでも1%しか生き延びる確率はない、と彼女に中絶をすすめたんだそう。
彼女自身、ダンナ様がもし検査で結果がでたらどうする、という問いに、障害の程度による、と応えたらしい。
私は事前にわかるのはダウン症だけ、だと思ってたけど、いまはかなり様々な障害が事前にわかるんだって、ね。
まあ身体的なものは超音波でみえてくるけど、他にも脳波の検査やらで、知能障害なんかもわかるんだとか。
彼女はもし赤ん坊が重度の知的障害をもっていたら、多分産まない、だってこの世の中はそういう子がいきて行くにはあまりにもクレイジーでしょ、と言う。
彼女の友人で、ダウン症のかなり重度の子どもをもっている人がいて、それが原因で離婚したという人もいる。
確かに、私もそれはよく聞くし、事実あるらしい。
彼女はだからといって障害者を差別したりするのではなく、むしろその逆で、病院でボランティアしたり、高齢者の手伝いをしたりしている人。
ただ、自分がいつまでも一緒にいられるわけではないので、そういった重度の障害があると最初からわかっている場合、産まない、という選択をするだろうというのは、彼女の哀しくも正直な気持ちなんだろうと思う。

海流の場合、いわゆる知能障害、とも違うけど、まあ、知的な遅れも出てくるし、身体的にもどのくらい追いついていくのか、まだまだわからない。
いまは周りに恵まれていて、私も海流もとても支えられてる、けど、それがずっと続くとも限らない。

でもね。
やっぱり、産んでよかったなあ。
産まれて来てよかったなあ。
って、私たちが心から思えるように。

ちなみに、ある友人が送ってくれたyou tubeのビデオで、やはり医者には長く生きられないので中絶をすすめられたご夫婦が決心して出産、現在すでに9才かな、元気に育ってる、というケースもあったのよ。
これは、医者がどうこうではなくて、あくまでも親の意志なんだろうね。

e0068103_940912.jpg


はやく元気になりますように。
ムリさせてごめんよ。
[PR]

by mizuhonn | 2009-06-15 09:41 | 海流
<< That's CANDY ニューフェイス >>